近年少しずつユーザーを増やしつつある「クッションファンデ」。今年もまだまだ人気は継続中で、ますます目が離せませんよね! 最近では、マット系のクッションファンデがトレンドになっているようです♪ プチプラブランドから有名ブランドまで、各ブランドがこぞって新商品を発表していますよ♡ 早速チェックしていきましょう!

 

 クッションファンデとは


 

 

クッションファンデとは、スポンジに染み込ませたリキッドファンデーションを専用のパフに取り、肌にのせるタイプのファンデーションです。

リキッドなのに手が汚れず、下地を兼ねたものも多いため時短メイクにもなるのがポイントです。

 

ところで、これまでクッションファンデといえば、“ツヤ感”重視なものが多かったですよね。

「クッションファンデは時短になるけど、ツヤ感ばかりでカバー力がない」というのが常識となっていました。

 

しかし、最近では、マット系のクッションファンデが登場し、注目を集めています。

マット系は従来品よりもカバー力があるため、つるんとした陶器肌が手に入りますし、オフィスメイクとも相性が良い!と口コミでも話題なんですよ♪

最新のマット系クッションファンデを、早速みていきましょう!

 

 エテュセ BBミネラルクッション / 2,500円


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、エテュセのクッションファンデです。

スキンケア成分が62%も配合されているため、肌の内側に潤いを与えてくれます。

そのうえ、余分な皮脂は吸着してくれるので、テカらないのにくずれない、最高のお肌が手に入りますよ。

 

また、紫外線や花粉、ほこりなどの外的刺激から肌を守るバリア機能があるため、あらゆる意味でカバー力の高いファンデとなっています。

 

 クリニーク スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 50 / 5,800円


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、クリニークのクッションファンデです。

魅力は、付け心地の軽さと、重ねづけのしやすさ。

 

まるで空気のような軽さで肌に均一に広がり、抜群のカバー力で素肌のような仕上がりに。

さらに、高密度でクッション性に優れたパフを使用しているため重ねづけをしてもムラになることがなく、化粧直しにも最適ですよ!

 

肌への負担が少ないファンデをお探しの方におすすめです。

 

 メイベリン ニューヨーク ピュアミネラル BB フレッシュクッション マット / 2,400円


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、メイベリン ニューヨークのクッションファンデです。

 

さらっとマットなのに、じゅわっとみずみずしい使用感が魅力。

実は、化粧水成分が60%も配合されているため、“洗顔後1ステップ”でツヤ肌が叶うファンデとなっているのです。

 

また、化粧水成分のほかに整肌成分も含まれているので、つけたての潤いが一日中持続し、化粧直し要らず♪

朝のメイクや化粧直しの時間がとれない忙しい女性におすすめです。

 

 ディオール ディオールスキン フォーエヴァー クッション / 6,500円


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、ディオールのクッションファンデです。

 

ふんわりとしたマットな質感が特徴で、つけたてのファンデの色が長時間持続します。

また、毛穴を引き締める効果があるスキンケアエッセンスが配合されているため、ファンデをつけるほど肌本来の美しさを回復させる働きがあります。

 

毎日使い続けることで、肌のキメが整ってくるのを実感していただけるはず♪

メイクノリも良くなりますので、ぜひ一度おためしくださいね。

 

 エチュード リアルパウダー クッション SPF50+/PA+++ / 2,574円


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、韓国のコスメブランド・エチュードのクッションファンデです。

クッションファンデは、そもそも韓国発祥のファンデーションだといわれているのをご存知でしょうか?

たしかにクッションファンデで作れるツヤ感のあるみずみずしいお肌は、韓国女性の水光肌に通じるものがありますよね。

 

そんな韓国で生まれたブランドが発売しているクッションファンデですから、やはり品質は高いです。

リキッドが肌の上でパウダーのように変化する特殊なファンデで、クッションファンデらしからぬマットな質感を実現しています。

なおかつ、このファンデは、下地のみならずコンシーラーの役割まで果たしてくれるので、肌の弱点をナチュラルにカバーしてくれます。

使用感はとても軽いので、肌も疲れません。

クッションファンデの本場の実力を、ぜひ実感してください。

 

 

いかがでしたか?

個性豊かなクッションファンデばかりでしたね!

課題だったカバー力も、マット系の出現でクリアできたようです♪

みなさまもぜひ一度、マット系クッションファンデをお手に取って、試してみてくださいね。



関連記事

・実は一番愛される♡すっぴん風メイクの方法とおすすめコスメまとめ♡

・今年のトレンドになる!?ナベメイク風ピンクのモテメイク

・目の錯覚を利用!印象がガラッと変わるメイク術♡