アイメイクの定番カラー、ピンク。 誰にでも似合いやすく、かわいらしい目元に仕上がるのが魅力ですよね。 ただし、そんな定番カラーだからこそ、少々マンネリを感じている方も多いのでは!? そこで今回は、新しいピンクメイクを求めているあなたに「スモーキーアイ」をご提案します♪ みんなとは一味違う大人ピンクカラーで、マンネリにおさらばしちゃいましょ♡

大人のピンクアイメイクは、スモーキーで決まり!


 

出典:up.myreco.me

MONE@mmo.oto

 

スモーキーピンクとは普通のピンクに比べて、ややくすみのある色味のピンクのことをいいます。

 

これまでアイメイクに使われてきたピンクは、明るく存在感のあるカラーが多かったですが、年齢によっては使いこなすのがむずかしく、アイメイクだけが顔から浮いてしまいがちでしたよね。

 

ですがスモーキーなピンクコスメなら、ピンクがそこまで主張しないので、肌なじみがよいのが特徴♪

しかもピンクなのに落ち着いた印象になるので、大人っぽい雰囲気に仕上がるんですよ♡

 

「年齢に合ったピンクアイメイクがしたい!」

「よくあるピンクアイメイクには、マンネリを感じ始めた」

という人は、ぜひスモーキーアイに挑戦してみましょう♡

 

スモーキーなピンクアイメイクの作り方


 

出典:up.myreco.me

ずぅ@xxizumiiixx

 

スモーキーなピンクアイを作りたいなら、スモーキートーンのピンクアイシャドウを使うのが一番カンタンです。

 

市販されているコスメにピンクのアイシャドウはたくさんありますが、その中でも「ピンク+パープル」だったり、「ピンク+シルバー」だったり、ピンクが100%ではないカラーを選ぶといいでしょう。

 

また、もし手持ちのピンクアイシャドウを生かしたいのなら、グレーのアイシャドウに重ねて使うという裏技もあります。

グレーがピンクの発色をおさえて深みのあるピンクアイに仕上げてくれるので、まるでスモーキーなアイシャドウを塗ったかのような目元に。

コスメを買い直さなくてもいいので、お財布に優しいテクニックですよね♪

 

・目尻に入れるとキレイめに♡

 

出典:up.myreco.me

ずぅ@xxizumiiixx

 

スモーキーなピンクアイシャドウは肌なじみが良いので、アイホール全体にのせても重たく感じずに使えますが、あえて目尻だけにのせるのもおすすめですよ♪

目の横幅を長く見せる効果があり、美人風に仕上がります♡

 

写真のように下まぶたのピンクのアイラインと組み合わせると、目元に血色感が出て、よりフェミニンな印象になります。

 

・チークもリップもスモーキーピンクにすると、統一感が出る♪

 

出典:up.myreco.me

tyanfumi@tyanfumi

 

目元をスモーキーにしたらリップとチークもスモーキーで統一した方が、よりまとまりのあるメイクになります。

とはいえ、すべてのコスメを買い直すのは大変だと思いますので、チークはレッド系、リップはベリー系などでも良いでしょう。

 

メイクの中で使うピンクのカラーニュアンスが揃っていないと、せっかくのスモーキーアイも効果がぼやけてしまいます。

その場合はレッドやベリー、パープル、グレーなどのピンクよりも落ち着きのあるカラーを使った方がよいでしょう◎

 

おすすめのスモーキーアイテムをご紹介♡


 

・DAZZSHOP アリュールド シングル アイシャドウ / FANTASIA 12

 

出典:www.cosme.net

 

スモーキーカラーのピンクシャドウなら、DAZZSHOPのアリュールド シングル アイシャドウ12番がおすすめです。

上品な発色で肌なじみが良く、粒子の細かいパールが目元を綺麗に見せてくれますよ。

薄付きなので、好みの発色を調整しやすいのも嬉しいですね。

単色のアイシャドウなので、シンプルかつモードな目元が手に入ります♡

 

・セザンヌ トーンアップアイシャドウ / 03 チャコールブラウン

 

出典:www.cosme.net

 

先ほどご紹介した裏技で、ピンクシャドウを重ねるグレーベースに使えるのがこちら。

セザンヌのトーンアップアイシャドウ3番です。

 

一見するとグレーですが、実は『グレー風味のブラウン』という色設定なので、肌なじみが良いです。

グレーが苦手というイエベ肌の方でも使いやすいですよ。

 

これにピンクシャドウを重ねると、グレーカラーで渋みが出ますし、微細パールがアイホールのくすみをとばしてくれるので、ピンクもよりキレイに見えるのでおすすめです♪

 

 

いかがでしたか?

今回は、スモーキーなピンクアイメイクの作り方についてご紹介しました!

ピンクは定番カラーだからこそ、その微妙なカラーニュアンスやメイクテクニックなどで、周りに差をつけていきたいですね♪

 

関連記事

・メイクですらっとした鼻筋を手に入れる!ノーズシャドウの入れ方

・目指すはウワサの「儚げ」女子!儚げ女子になるためのメイク術

・池袋のおすすめマツエクサロンまとめ☆安くて口コミ人気のサロン特集♪