いよいよ9月に突入!秋色のコスメが続々と発売され、どれも気になるところですよね。 そんな中、資生堂PLAYLISTが9月に発売するアイテムはアーティストが仕上げたような立体的な小顔メイクを叶えてくれる優れもの♡ 彫りが深く見えて顔が一回り小さく見えちゃいますよ! 今回は、資生堂のメイクアップアーティスト2名に習った旬のメイク法とオススメアイテムををご紹介します!

「もとから小顔メイク」ってどんなもの…?


 

 

小顔メイクと聞くと、真っ先に思いつく立体感メイクですよね!

でも立体感メイクに苦手意識を持っている方って実は多いようで、「厚化粧に見えやすい」「テクニックが高度」「オフィスメイク向きじゃない」などがその主な理由のようです…。

 

でも「もとから小顔メイク」ならその心配は無用です!

 

 

まずはこちらが、従来のメイクのお写真。

綺麗ですが、ちょっと物足りないかも…。

 

 

そして、こちらが「もとから小顔メイク」のお写真です!

全く厚塗り感やパーティメイクっぽい仕上がりではないのに、立体感があって確かに小顔に見えますよね!

メイクのポイントは、適度に輝きがありながらもマットな質感と影を感じるベース作り。

そして、ふっくらと滲み出るような血色感のあるリップです。

 

今回は資生堂のメイクアップアーティストの三島裕枝さんと砂川恵子さんに教えていただいた、こちらのメイク術とオススメアイテムをご紹介!

 

 

ナチュラルでありながら小顔効果抜群なメイク法をとアイテムを早速チェックしていきましょう♡

 

ベースメイクで肌に絶妙な陰影を


 

 

まずはメイクの要であるベースメイクから見ていきましょう。

今回使用したのは「プレイリスト スキンテクスチャーパウダー3D」(9月1日発売)です。

 

 

普段メイクアップアーティストの方は立体感を重視するため、実はほとんどリキッドファンデしか使用されないとのこと。

しかしこちらのパウダーは、自然な小顔を作れて毛穴もぼかし、さらに超軽量なパウダリーなので、実際に現場で活躍することもあるファンデーションなのだそうです!

 

左のカラーの「ナチュラル」は肌馴染みの良いファンデーションカラー。

中心の「ライト」カラーはハイライトとして、そして右の濃いめカラーの「ミディアム」はシェーディングやチーク、ブロンザーとして使用できます。

 

ブラシは別売りの「プレイリスト カーヴィーフィットブラシ」(9月1日発売)がオススメ!

 

 

その名の通り、顔のどんな骨格にもフィットしやすいよう、軽くブラシが曲がっています。

 

 

こちらのブラシを、ナチュラルカラーの下段部分におき、小刻みに滑らせてパウダーを含ませます。

 

 

ブラシのパウダーを、下記のイラストのように顔の外側に向けて塗ります。

 

 

その後上段のパウダーをブラシに取り、顔の内側部分に塗っていきます。

ファンデーションを塗り終わったら、次はハイライトです。

 

 

「ライト」カラーは上と下のカラーを混ぜて使用します。

頬や鼻筋など、たくなっている部分にカラーを乗せていきます。

鼻筋などの細い部分は、ブラシを立てて使用しましょう♪

 

 

最後はシェーディングです。

先に下段のカラーを顔まわりに塗っていき、上段カラーを頬のくぼんだ部分を中心に重ねて塗ります。

顎先がシュッとして見えるようにしたい場合は、シェーディングを顎先を外して行うと良いそうです!

 

 

いかがでしょうか?

モデルさんのお顔も、最初に比べてより立体感が増して小顔に見えますね!

 

次は口元でさらに立体感を出してきましょう♪

 

リップはグラデーションでトレンド感と小顔を意識


 

 

リップで立体感を出す、ってどういうこと…?と思われる方も多いかもしれません。

まずはこちらをご覧下さい!

 

 

従来の唇全体にリップを塗るメイクは、発色がとても綺麗ですが、立体感はちょっと感じづらいかもしれません…。

 

 

こちらがグラデーションリップのイメージです。

内側から色づく感じが、確かにふっくらと立体感を演出しています!

 

このグラデーションリップづくりにマストなのがこのリップ♡

「プレイリスト インスタントリップコンプリート マット」(9月1日発売)のBEp32です。

 

 

かなり肌色に近いカラーです!

もちろんリップとしても使用できますが、今回はコンシーラーのような形で使用します。

 

 

このカラーを唇の輪郭に沿って塗ります。

これによって唇本来の輪郭がぼやけ、よりグラデーションが出しやすくなります!

 

 

今度はメインのリップカラーを、まずは下唇の内側に塗っていきます。

その後唇を「んぱっ」と合わせて、色を馴染ませます。

唇のキワまで一度塗ってしまった方が、綺麗にグラデーションが出るそうです。

 

その後、上唇も同様に内側部分にリップを塗り、唇を「んぱっ」と合わせ色を馴染ませます。

 

綺麗なグラデーションリップが今年らしく、また顔により立体感を与えてくれました♪

 

プレイリストにはその他優秀なアイテムがいっぱい!


 

 

リップやファンデーション以外にも、PLAYLISTの新作は、優秀なアイテムがいっぱいです!

 

 

プレイリスト インスタントアイコンプリート マルチプルカラー

(9月1日発売)

 

 

なんと、アイシャドウ・アイライナー・アイブロウとして使えちゃうマルチなアイカラーです!

 

しっとりとした滑らかなテクスチャーで目元に綺麗にフィットするので、長時間よれやくすみ、色あせがありません♪

ウェットな質感だと塗った後もずっとペタペタするのが困りものですが、こちらは塗った後はさらっとしたパウダーのような表面になるのが好感触です♡

使いやすいヌーディーカラーやブラウンカラーが多く、使い勝手抜群なアイテムです。

 

 

プレイリスト ファインストロークアイブロー

(9月1日発売)

 

 

驚異の0.09㎜の超極細芯アイブローペンシルです。

どれくらい細いかというと…

 

 

シャーペンの芯ほどの細さです…!

より繊細な眉毛を書きたいという方にはぴったりなアイテムではないでしょうか♪

こんなに細いと強度や発色が心配になりますが、こちらも問題なし!

力を入れて書かなくてもスルスルと書けてきちんと発色するので、眉を描いてる途中に「ポキッ」という心配もありません♡

 

ただ、繰り出しすぎや力の入れすぎにはご注意を!

芯は1㎜以上繰り出さず、ペンシルは眉に垂直にあてて軽いタッチで使うようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

今すぐやってみたい小顔メイク術をご紹介しました!

今回ご紹介したアイテムを含め、是非チェックしてみて下さいね♪



関連記事

・ダイソー注目商品♡春姫って??

・メイクですらっとした鼻筋を手に入れる!ノーズシャドウの入れ方

・お手本はキムテヒ!これを抑えればOK♡簡単オルチャンメイクのポイント4つ