今日のメイクはどうしよう?といつも悩んでしまう女性の皆様におすすめしたいのが、ピンクメイクです。ピンクメイクは周りに明るい印象を与えることができて、女性らしさも演出することができるので、ある意味理想のメイクといえます。 しかし、ピンクメイクも一歩間違えれば腫れぼったく見えてしまうこともあるので、メイクの仕方には注意が必要です。今回はそんなピンクメイクの方法について解説していきます。メイク術に迷った人は参考にしてみてください♡

ピンクのアイシャドウで目元をキュートに


 

出典:up.myreco.me

ずぅ@xxizumiiixx

 

目元は人の印象を決める上で重要なポイントになります。

ピンクのアイシャドウを使えば、女性らしいキュートな目元に演出することが可能です。

男性受けもいいので、人と会う時なんかには積極的にピンクのアイシャドウを使っていくのがいいでしょう♪

 

メイクのコツとしては、目尻部分にだけふんわりとピンクのアイシャドウをのせることです。

目がパッチリとした印象になり、ピンクがいいアクセントになります。

ピンクのアイシャドウを多くのせてしまうとくどい印象になるので、アクセントくらいが丁度いいでしょう。

デカ目に見せるコツとしてはまずブラウンアイシャドウを使ってからピンクのアイシャドウをのせることです。

これで憧れのパッチリとした大きな目に演出できるはずです。

 

ピンクのチークでナチュラルな仕上がり


 

出典:up.myreco.me

遠藤優也@endo_cashee

 

チークはのせる位置によって雰囲気が違ってきます。

そのため、ピンクのチークものせる位置には注意する必要があります。

ナチュラルに仕上げるためには位置は黒目の下で、小鼻の高さ辺りから斜めに引き上げるようにのせます。

チークの量ものせすぎると大げさな印象を受けがちなので、ぼかすような印象で少しのせる程度がおすすめです。

ひと手間加えるだけでも血色がよく自然な仕上がりに演出することができるので、面倒臭がらずにベストなピンクチークののせ方を覚えていきましょう。

 

口元はピンクかオレンジのグラスがおすすめ♡


 

出典:up.myreco.me

nisisige@nisisige

 

男性の多くは女性の口元を見ていることが多く、口元はメイクをする上で重要なポイントを担っています。

それはピンクメイクでも同じで、ピンクのメイクを主体でいくのであれば、ピンクか血色のいいオレンジのグロスを使うことをおすすめします。

またグロス自体もうっすらとツヤ感を出す程度におさめる方が、自然な仕上がりになるので塗り過ぎには注意が必要です色濃く塗ってしまうと、あざとい感じが出てしまうのでさりげなく口元をアピールするくらいとどめておきましょう。

 

ピンクアイシャドウは塗り方を間違えると目が小さく見える


 

 

ピンクのアイシャドウは目元を可愛らしい印象に演出してくれるので、女性としては嬉しい効果を与えてくれる心強いアイテムになります。

しかし、塗り過ぎてしまうと目元が腫れぼったい印象になってしまうため、失敗する恐れがあります。

その結果、目が小さく見えてしまい、可愛らしいピンクのアイシャドウも逆効果になってしまうことがあります。

可愛いからつい塗り過ぎてしまうのもわかりますが、目元に塗るのはふんわりとがおすすめです。

 

ピンクメイクは老けて見られてしまうことも


 

 

ピンクメイクは使い方を間違えれば「老け顔」になってしまうことも欠点の一つです。

膨張色であるため、色合いや塗る量を間違えてしまうと野暮ったい印象になるのも避けたいところです。

どうすればいいかというと、丁度可愛く見える量をふんわりとメイクすることです。

色も濃いピンクよりも淡い色の方がおすすめなので、自分に合うピンクメイクの方法を模索していきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ピンクメイクは女性らしさを全面的に出してくれるので、メイク術に迷った時には、ピンクを中心としたメイクで周囲に差をつけてみましょう。

うまくいけば注目を独り占めできるかもしれません。

しかし、意外にも使い方は難しいのでメイクをする前には注意点をしっかり把握しておきましょう。

絶対失敗したくない時にこそ、慎重にメイクの方法を試してみてください。

 

関連記事

・横浜のおすすめマツエクサロンまとめ♪安い値段で確かな技術♪

・【8/29新色発売】@コスメで1位のエクセル「スキニーリッチシャドウ」!みんなはどの色を使ってる?

・黒木メイサ風メイクで、彫り深ハーフ顔になるポイント7つ♡