普段どのようなメイクをしていますか? よくアイシャドウはベージュやブラウンなどの落ち着いたカラーで年中同じという人も多いですよね。 でも、せっかく日本は春夏秋冬とはっきり季節が分かれているのでせっかくならメイクも今の季節、秋感を出したいですよね。 カラーメイクが苦手な人でも、アイラインにカラーライナーを使うことで簡単に季節感を出すことができます。 秋らしいカラーのアイラインを使って、メイクも秋の装いにしてみませんか?

定番のブラウン!


 

出典:yumi @yumi_cosme

 

普段ブラックでアイラインを引いている人は、ブラウンに変えるだけで違和感なく秋のメイクに早変わりします。

ブラウンはブラウンでも、濃いめのブラウンと薄めのブラウンと様々なトーンがあります。

濃いめのブラウンは一見、ブラックに見間違える事もあります。

 

あまり違和感を出したくない!という場合は濃いめのブラウンを、逆に秋のメイクを目立たせたい場合には薄めのブラウンを使用するのがおすすめです。

特にブラウンは安定している、見た人に安心感を与えるカラーなので、アイラインに取り入れることで優しい印象になりますよ。

 

また、秋は植物もブラウンカラーが多くなるので、1番秋らしいカラーでもありますからブラウンのカラーライナーは秋のメイクには欠かせない色味です。

 

人と差をつけるなら深みのある赤みの強いカラー


 

出典:Ai @s2_aimelo

 

深みのある赤みの強いカラーと言えば、チェリーカラーやバーガンディカラーなど、こちらも秋らしいカラーと言えます。

洋服や装飾品なども秋になるとチェリーカラーやバーガンディカラーは店頭で増えてきますよね。

それと同じように、アイラインに深みのある赤みの強いカラーを取り入れることで、他の色にはない品のある落ち着いた目元に早変わりします。

 

さらに元々赤みの強いカラーは女性らしく見せることができるカラーです。

落ち着いた中にも若々しさを入れるならチェリーカラー、女性らしい落ち着いた印象に仕上げたいならバーガンディカラーが良いでしょう。

他の人と差をつけたいのなら、落ち着いた赤みの強いカラーを取り入れることをおすすめします。

 

カラーライナーの引き方


 

出典:Miho @mhpitty

 

カラーライナーの引き方はとても簡単です。

しっかりと秋の季節感を出したい場合には、目頭側から目尻までカラーライナーでアイラインを引くと色味が前面に出すことができます。

また、濃いめのブラウンを使用する場合にはこの方法が馴染みやすく良いでしょう。

 

普段目元に使わないようなカラーのアイラインを使用、軽く季節感を出したい場合には、目尻側のみにカラーライナーを取り入れるとナチュラルに印象的な目元になります。

この時は、ブラックやブラウンのアイライナーでアイラインを引いておいて、目尻側のはね上げラインのみカラーを使用するとより一層女性らしい印象の目元を演出することができます。

 

 

いかがでしたか?

カラーライナーと聞くと一見派手なイメージがありますが、引き方や色の選び方で随分と印象が変わってきます。

今年の秋は、季節を感じられるカラーを取り入れたアイラインで素敵な目元に変えてみませんか。

 

関連記事

・【保存版】即ディズニープリンセス顔♡より可愛い仮装になる、プリンセス再現メイク!

・愛されフェイス♡幼顔・童顔メイクのつくり方♡

・梅田のおすすめマツエクサロンまとめ★上品で自然な仕上がりにしてくれるサロン♪