9/28に開催されたKATEのベースメイク体験イベント、KATE THE BASE ZERO MIRROR,MIRROR PARTYに参加してきました!今回はそのイベントの様子とメイクアップアーティスト・KUBOKIさんが解説して下さったトレンドの「オトナ肌」になれるHOW TOをご紹介します! 肌のお悩み別のベースメイク方法と一緒に紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね!

THE BASE ZEROシリーズで「オトナ肌」を!


 

 

4月1日に発売されたKATEのTHE BASE ZEROシリーズ、みなさんご存知ですか?

薄付きなのにカバー力があり、その上くずれにくい!と話題沸騰!

カラーバリエーションも豊富、しかもプチプラ♡

現在までで90万個以上を売り上げ、KATEを代表する人気シリーズとなりました。

 

THE BASE ZEROシリーズのコンセプトは「ゼロ肌」。

「薄づき」のファンデーションが主流ですが、実は「肌悩みを隠せるカバー力が欲しい」というニーズが多いことが実態調査でわかりました。

そこでKATEは「薄づき」を理想視せず、カバー欲求を十分に満たしたうえで厚塗り感をなくすという発想の元、THE BASE ZEROシリーズを作り上げました。

 

またここ一年でベースメイクのトレンドはナチュラルな肌からきちんとカバーする「オトナ肌」へ移ってきています。

これは骨格感やフェイスコントラストを付ける現在のトレンドにもぴったりなもの。

「オトナ肌」をマスターしてトレンド感のあるベースメイクを目指しましょう!

 

KUBOKIさんのメイクテクニックで肌悩みを解決!


 

 

今回のイベントではメイクアップアーティストのKUBOKIさんによるトークセッションとメイクデモンストレーションも行われました。

KATE商品を使ったKUBOKIさん流の肌トラブルの隠し方をご紹介します!

 

毛穴の開き・黒ずみ

 

 

毛穴の悩みに一番効果的なのはスキンケア。

クレンジングで丁寧に汚れを落とし、ピーリングも行います。

ターンオーバーを正常化させることが大切です。

 

メイクをする際にはベースメイクの前にスキンケアの際に使った化粧水の含まれたコットンを耳下にパッティングするのが効果的です。

こうすることで肌が冷やされ毛穴が閉まります。

 

 

シミ・くすみ

 

 

血色の悪いくすみ肌なら、ピンク色の下地が効果的。

シークレットスキンCCベースゼロのピンクベージュなら自然と血色をよく見せてくれます。

 

ひたい・ほほ・あごの三点に乗せてからトントンと小刻みに肌に乗せていきます。

この際内から外に、下から上にのせていくときれいに仕上がります。

 

目のクマ

 

 

目のクマにはシークレットスキンメイカーゼロのリキッドを使用します。

目の下にファンデーションを置き、伸ばさずに塗っていきます。

この際に口角・小鼻にも塗るとよりカバー力がアップします。

 

シークレットスキンメイカーゼロはしっかりカバーしつつ塗っている感が出ないので、ナチュラルに肌悩みを隠してくれるんです!

 

 

ニキビ・ニキビ跡

 

 

赤味があるニキビには黄色のコンシーラーが最適です。

スティックコンシーラーAをニキビの上に置いたら、ニキビの周りのみぼかしていきます。

この時ニキビのうえまで触ってしまうとコンシーラーが指につき、ニキビがカバーされないので注意しましょう。

 

MIRRORがテーマの超豪華なパーティ!


 

 

イベントの最後にはパーティタイムが!

MIRRORというテーマに合わせ、鏡を使った素敵なフォトスポットが用意されていました♡

大きくなったシークレットスキンメイカーゼロのオブジェクトはパッケージのスタイリッシュさが反映されていてとっても素敵でした!

 

 

いかがでしたでしょうか?

KATEによる新しいベースメイクシリーズのTHE BASE ZEROシリーズ。

きちんとカバーしながらも厚塗り感がないという、女性にとって最高のベースメイクラインです。

プチプラで手に取りやすく、ドラックストアなど身近な場所で手に入るのでぜひいちど「オトナ肌」を体験してみて下さい♡

 

関連記事

・黒木メイサ風メイクで、彫り深ハーフ顔になるポイント7つ♡

・横浜のおすすめマツエクサロンまとめ♪安い値段で確かな技術♪

・【リピ買い多数】結局これが一番だった...!本当にカバー力のあるファンデーション5選