毎年季節の始めになると話題になる「旬顔」。2017年秋の旬顔は、多くの方が「ラベンダーカラー」を上げています。薄い紫色の色味は、時々店頭で見るという方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回はズバリ「ラベンダーカラー」を大特集!メイクに取り入れるメリットやコツ、オススメアイテムまで幅広くご紹介していきます☆ 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

実は万能!メイクに「ラベンダー」を取り入れるメリット


 

1.くすみを飛ばし、透明感を出してくれる

 

出典:HashimotoAkihiro @hassy515

 

数年前から、化粧下地には一般的なカラー「イエロー」や血色を良く見せるための「ピンク」の他にも、「ラベンダー」という色味が出てきました。

これは、ファンデーションの前に塗ることで、肌のくすみをキレイにカバーし、透明感を出してくれる効果があるためです。

この効果はアイシャドウやチークといったポイントメイクにも反映されます。

特にまぶたのくすみを優しくカバーするアイシャドウはオススメ。

 

今年の秋はラベンダー系のカラーメイクアイテムが多く販売されているので、一度チェックしてみるのもいいですね。

 

 

2.雰囲気が軽く、柔らかく、女性らしい印象に♡

 

出典:Naoki Shishido @naoki.shishido

 

毎年の秋冬メイクというと、濃いブラウンやボルドー、モスグリーンのようなこっくりしたカラーが多くなりがち。

全体的なファッションや季節の印象として、これらのカラーは人気かつ有効ですが、時には柔らかく、女性らしい印象になりたい時もあるはず。

そんな時に、ラベンダーカラーは大活躍してくれます!

 

もちろん、ボルドーやブラウンのメイクと組み合わせても違和感が無く、むしろしっくりくる好感触が味わえます。

肌のトーンアップだけではなく、雰囲気やイメージのコントロールとしても、最適なカラーが、このラベンダーカラーなのです。

 

上手く使って素敵なメイクに♪ラベンダーメイクのコツ


 

【アイシャドウ】アイベースで透明感を高めてから、重ね塗りして強調する

 

出典:岩佐あかね @s62_9_12_am4_10_byakane

 

まずは透明感を高めるために、ベージュやピンクといったヌードカラーのアイシャドウをアイホール全体に乗せておきます。

ちょっと華やかさが欲しい時にはラメが少し入ったゴールドもオススメ。

その後、ラベンダーカラーを強めにしっかり乗せていきます。

元々色が優しいカラーですので、ここで控えめにしてしまうと「塗っているのかわからない」状態に。

何度か重ね塗りしたりしながら色をハッキリ出し、最後にアイライナーを細く引いておくと、目元がキュッと引き締まって上品かつ女性らしい目元に仕上がりますよ。

 

 

【リップ】いつものリップにプラス。薄付きで優しい色合いに

 

出典:TOSHIO ICHIMURA @icchi20

 

ラベンダーカラーのリップの場合、アイシャドウとは反対の考え方が必要です。

強くしっかり塗ってしまうと「血色の悪い」唇になってしまいます。

一般的にはリップグロスとして、いつものリップの上に軽く乗せておくのがオススメ。

ラベンダーカラーのメリットである透明感が出て、自然でツヤのある唇に。

 

ちょっと色の濃いリップカラーでも、ラベンダーを組み合わせると一気にミルキーカラーに変化!

1本のリップを使い切る前に飽きて捨ててしまう…という方がほとんどのリップも、このラベンダーリップグロスをプラスすると、変化が楽しめ、長く愛用できるようになるオススメテクニックです。

 

今年の旬顔に必須!オススメラベンダーコスメはコレ♪


 

【レブロン】フォトレディ プライマー/02 カラー コレクティング プライマー

 

出典:www.cosme.net

 

オイル・タルク・パラペンフリーの化粧下地です。

柔らかいパープルカラーで透明感を出しながら、ファンデーションの毛穴落ちやヨレ防止にも効果的。

さらに、レブロン独自の技術であるフォトクロマチック色素が配合され、光の屈折や反射をコントロール。

気になる部分も目立たなくなり、美肌へと整えてくれます。

 

これを使うとメイク直しがほとんど不要!という声も多くあり、ラベンダーカラーの化粧下地としては優秀なアイテムとなっています。

 

 

【ルナソル】カラフルスカイアイズ 01 Yellow Lilac

 

出典:www.cosme.net

 

まさにラベンダーカラーの真骨頂。

右上や左下のカラーをアイホールに、右上のラベンダーとイエローを混ぜて乗せることで肌なじみを良くし、右下の濃いパープルを目のキワに入れて締め色に。

色の濃淡はかなりの幅で調節でき、薄く入れれば柔らかく、濃く入れればクールビューティーな印象の目元に変化していきます。

 

シーンを問わず、長く活躍してくれるアイシャドウパレット。

今年の秋冬はこれだけでも素敵なメイクを楽しめそうですね。

 

 

【クリニーク】チーク ポップ 15パンジーポップ

 

出典:www.cosme.net

 

ラベンダーチークではトップクラスの人気を誇るチークです。

リキッドとパウダーの中間のようなしっとりとした感触と使い心地は多くの女性を魅了しています。

発色も肌に乗せるとしっくり馴染み、ラベンダーカラーのメリットが最大限生かされています。

ブラシで乗せるとふんわり、スポンジで乗せると血色チークに。

乾燥の気になるこれからの季節には絶好のアイテムです。

ラベンダー以外にも多くのカラーが販売されているので、チェックしてみて下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ラベンダーカラーというと、ちょっと使いづらそう…というイメージの方も、今年のアイテムで一掃できるほど、沢山の秀逸アイテムが揃っています。

是非参考にしていただき、素敵なラベンダーカラーとメイクを楽しんでみて下さいね。



関連記事

・20代女性の愛用者多し!人気のコスメブランド♡ランキング

・振り返るほどの透明感!透き通るような肌を叶える徹底ベースメイク法

・【JILLSTUART・PAUL &JOEの豪華秋コスメプレゼント♡】新しいmyreco upのモニター大募集!