可愛らしい目元を作るにはピンクが最適! わかっていても、ブラウン以外のアイシャドウは使いづらい… ましてやピンクは腫れぼったく見えて目元がぼやけてしまいがち。 雑誌や画像でお手本があっても上手くいかないのは自分のまぶたに合っていないからかも。 そこで、一重・奥二重・二重のそれぞれに合ったピンクメイクをご紹介します!

一重さんはポイントでピンクを♡


 

出典:naooooochi @naooooochi

 

一重さんにおすすめなのは、目尻側にピンクを入れる方法です!

 

1.ハイライトカラーを上下まぶた全体にのせる

 

パール感のある明るいカラーをまぶた全体にのせます。

色を出すというよりはまぶたを明るくするイメージ!

大きめのアイシャドウブラシで撫でるようにふわっとのせると上手く塗れます。

 

 

2.ベージュっぽい明るいカラーをアイホール全体にのせる

 

アイホールは、上まぶたの窪みまでの所です。

指でまぶたを軽く触ると眼球がある場所がわかるので、その部分ですね。

これもパール感かラメ感のある明るいカラーをのせましょう。

肌の黄味が強く、ピンクが浮いてしまうのが気になる場合は黄色っぽい ベージュやゴールド系がおすすめです!

逆に全体的にピンクの印象を強くしたい場合は、ペールピンクのような白にピンクを混ぜたようなカラーがGOOD♪

1でハイライトカラーに使ったブラシをそのまま使って同じように塗りましょう。

 

 

3.目尻側にピンクをのせる

 

ここでメインのピンクカラーです!

上まぶたの黒目の外側から目尻側にむかって、ピンクを塗ります。

チップに取ってしっかりと発色させるのがポイントです。

 

 

4.濃いブラウンのアイシャドウでアイラインを引くように塗る

 

細めのチップか、先が細い平らなタイプのブラシに取ってまぶたの際を塗ります。

ライン状に細く塗って、境目がハッキリしないように軽くぼかしましょう。

ピンクとブラウンは相性が良く、女性らしい目元に仕上げてくれます♡

お好みで下目尻にも塗るとたれ目に見えてより甘めのメイクに出来ますよ。

 

 

5.アイラインを引いてマスカラを塗ったら完成!

 

ラインは先ほど4で引いたシャドウのラインよりも細く、まつげの間を埋める程度に極細に引きましょう。

まつげをビューラーでしっかりカールさせて、マスカラを塗ります。

両方ともブラウンで統一してもいいですが、目をくっきりとした印象にしたい場合はブラックがおすすめです。

ブラウンのシャドウを塗っているのでブラックでもきつく見える心配はありません♪

 

これで一重さんにおすすめのピンクメイクの完成です!

 

奥二重さんはピンクとベージュで陰影を作って♡


 

出典:東沢翼 @tsubao92

 

奥二重さんにおすすめなのは、影色を上手に使ったピンクメイクです!

 

1.上まぶたの目頭側に影色をのせる

 

上まぶたの目頭から黒目の上あたりまでに、影になるような薄いブラウンを塗ります。

ラメもパール感もないカラーがおすすめです。

アイシャドウよりもアイブロウパウダーのほうがぴったりの色があるかもしれません。

大きめブラシで自然な影に見えるように入れましょう♪

色味はハッキリさせずぼかしたほうが肌に馴染みやすいです。

 

 

2.ベージュのアイシャドウを二重幅にのせる

 

チップを使って、二重幅より少し広めにベージュを塗ります。

目を開けたときに少し線より上に見えるくらいが目安です。

境目をそのままチップで撫でて軽くぼかしておきましょう。

 

 

3.濃いブラウンのアイシャドウでアイラインを引くように塗る

 

一重さんと同じように、ライン状に濃いブラウンのアイシャドウを塗ります。

先ほど2で入れたベージュのシャドウとの自然なグラデーションが出来ますよ。

チップで塗ると時短にもなりますね♪

 

 

4.上まぶたの目尻側にピンクをのせる

 

上まぶたのアイホール中央から目尻にかけてピンクのシャドウをのせます。

大きめブラシで軽く往復させて発色させましょう。

ここでも、がっつりピンクとの境目が見えないようにするとナチュラルなメイクになります。

 

 

5.下まぶた目尻側にベージュをのせる

 

2で上まぶたの二重幅に入れたアイシャドウを下まぶたの2/3くらいに入れます。

目頭側の黒目の下まで入れるイメージです。

これも軽く往復させて目の下を明るく見せていきましょう。

 

 

6.濃いブラウンを下まぶたのまつげの際にのせる

 

3で上のアイライン状に使ったブラウンを綿棒かチップに取って、まつげラインにのせていきます。

範囲は先ほどの5のベージュよりも少し目尻側にだけです。

線を引くというより、点状にのせていくと自然にぼかせます。

 

 

7.ピンクを下まぶた目頭にのせる

 

4で上まぶた目尻側に使ったピンクをチップに取り、下まぶたの目頭側にのせます。

目尻側に入れているベージュと被さるくらいまで入れて馴染ませましょう。

涙袋の部分だけでなく、目頭の先端まで入れるのがポイントです。

これで、ピンク→ベージュ→ピンク→ベージュと繰り返すことで奥行き感が出ます。

 

 

8.お好みでアイラインを引いてマスカラを塗ったら完成!

 

アイシャドウだけでしっかり陰影を作っているので、ラインを控えめのほうがシャドウを引き立たせます。

マスカラはお好みですが、よりくっきりと幼げな印象にするならバッチリ上げて、大人の色気を出すならあえてビューラーをせずにマスカラを塗るのがおすすめですよ♪

 

これで奥二重さんにおすすめのピンクメイクの完成です!

 

二重さんはポイントを抑えて広い範囲にピンクを♡


 

出典:ずぅ @xxizumiiixx

 

二重さんにおすすめなのは、アイホールにしっかりとピンクを入れる方法です!

 

1.アイホールのくぼみ部分に影色を入れる

 

アイホールのくぼみに影になるような薄いブラウンを入れます。

先が尖ったブラシの先端にシャドウを取り、左右に動かしながら入れましょう。

目尻側から入れて、黒目の上あたりまでぼかしながら発色させてください。

 

 

2ピンクをアイホールに入れる

 

大きめのブラシでアイホール全体にピンクを入れましょう。

このとき、ラメやパール感が綺麗な淡いピンクを使うと目元が明るく華やかに見えますよ♡

1で作った影の内側に入れるイメージです。

 

 

3.ピンクを下まぶたに入れる

 

下まぶたの2/3くらいに同じピンクを入れます。

チップではなく細めのブラシに取って上まぶたと同じくらいの濃さで発色させてください。

目頭側は少し空けておきましょう。

 

 

4.目頭にハイライトカラーを入れる

 

上下の目頭にハイライトカラーを入れます。

ピンクメイクなのでピンクがかった白を使うとより馴染みます。

ピンク過ぎると肌から浮くのが気になる方はベージュでも構いませんよ♪

これで目尻の影と目頭の光でしっかりと陰影が出ます。

 

 

5.ブラウンのペンシルでラインを引く

 

ブラウンのペンシルで上まぶたのラインを引きます。

たれ目っぽく見せたい、しっかりメイクに見せたいという方は下目尻に入れるのもおすすめ。

濃いシャドウを細く入れてもOKです。

 

 

6.お好みでアイラインを引いて、マスカラを塗ったら完成!

 

5でペンシルでラインを引いているのでそのままでも大丈夫ですが、物足りない方はリキッドでもラインを引きましょう。

マスカラは優しい印象に見せたいならブラウン、甘くしすぎたくない方はブラックがおすすめです♪

 

これで二重さんにおすすめのピンクメイクの完成です!

 

 

まぶた別のおすすめピンクメイクをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、一重でも自分なりにアレンジして二重のピンクメイクに挑戦するのもアリです♪

どんどんピンクメイクで可愛さUPにチャレンジしていきましょう♡

 

関連記事

・プチプラの王道!キャンメイクがあのブランドコスメに似てる?デパコスに劣らないおすすめ5選♡

・使いたいけど浮いちゃいそう…秋メイクに必須のダークリップ!上手なメイク法教えます♡

・「こんなに可愛かったっけ...!」と思わせる、ポイントグレードアップメイク術。【アイメイク編】