ここ数年で話題となり、今やメイクの定番となり始めている「リップチーク」。話題に乗って試した方も多いのではないでしょうか。 リップとしてもチークとしても使える2WAYアイテムとしてコスパや使い勝手も良く、メイクもキレイに仕上がることから、多くの女性が愛用していますが、実のところ、ちゃんとした使い方は知らない・・・。そんな方のために、今回はリップチークの使い方やメイクテクニック、オススメアイテムまで、動画をまじえながらたっぷりご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

2017年秋冬は「2WAY」が素敵♡リップチークでワントーンメイク


 

こちらの動画で、リップチークを使ったワントーンメイクを紹介しています。

 

 

リップとチークが1つのアイテムでメイクできる通称「リップチーク」。2WAYアイテムとしての利便性はもちろんのこと、何よりもリップとチークのカラーを揃えることで、メイク全体にキレイな「統一感」を作り出せるのが最大の利点となっています。

 

リップの血色とチーク周辺の血色が同一色なら、アイメイクにそれほど手を入れなくても大丈夫。ベースメイクとリップチークを使うだけで、十分「大人の女性」を演出できちゃいます♪

次からは、オススメリップチークアイテムを使ったメイクのポイントをチェックしていきましょう!

 

簡単&美的メイクに☆「ワントーンメイク」を上手く使うポイント


 

【THREE エピックミニダッシュの場合】リキッドタイプの特性を上手く生かして

 

出典:www.cosme.net

 

こちらのリップチークはリキッドタイプ。サラサラとした使い心地と発色の良さ、そして、これからの季節には嬉しい保湿効果もある優秀アイテム。リキッドタイプは上から乗せても、内側から発色するような自然な色味に変化していくのが大きな特徴です。この特徴を最大限生かしたメイクがオススメ。

 

リップに使った後のチークは、頬の一番高い部分にほんの少しだけ乗せます。その後、頬を中心とした、主に最初に乗せた場所から下の肌全体に、少しずつ塗り広げていきます。

 

寒くなってくると、どうしても血管が収縮し、肌色が悪く見えてしまいますよね。そんな時にこういったリキッドタイプのリップチークを薄く肌に乗せておくと、自然な血色が出て、健康的な肌色に見えてきます。

 

頬より上の部分である目の周辺や額にまで伸ばしてしまうと、今度は「赤ら顔」のようになってしまうので注意して下さい。あくまでも、頬より下をメインにして、うっすらと伸ばしていきましょう。

 

アイメイクは控え目に。ナチュラルメイクのようなブラウン系を軽く入れるだけでOKです。

頬のしっかりとした血色とリップがキレイに映え、バランスの良いメイクへと仕上がります。

 

 

【マジョリカマジョルカ メルティージェムの場合】「少し薄め」で柔らかフェイスに

 

 

こちらはクリームタイプ。リキッドタイプよりもしっかりと発色し、見た目そのままの色を肌に乗せても、その色味を保てるのがメリット。肌色に左右されない、思い通りのカラーコントロールをすることができます。

血色感+ツヤ感を出し、肌をキレイに見せてくれる効果も!基本は、指でとって「軽くポンポン」。これだけで十分にリップと血色チークの役割を果たしてくれます。

 

全4色のカラー比較がこちら。どのカラーも肌なじみが良く作られ、リップとチークに鮮やかで自然な発色をしてくれます。濃度を調節しながら自分だけのカラーをいくつも生み出せそうですね♪

 

「見た目そのままの発色」は使い方によってメリットにもデメリットにもなります。濃く乗せれば乗せるほど、パレットそのままの発色になり、場合によっては「濃すぎ」となってしまう可能性もありますよね。

クリームタイプのカラーメイク全般にいえることですが、基本は指で取ったら「軽くポンポン」を意識して乗せていきましょう。指での調節+徐々に色を濃くしていくことにより、自分に合った濃度がどこなのかを見極められます。

ベージュやピンクのようなヌードカラーでも、乗せすぎは厳禁。その日の肌の色をチェックしながら、ポンポンと優しく乗せていくのがオススメです。

 

まだまだ沢山!コスパ良好のリップチークオススメアイテム


 

【シュウウエムラ】ティント イン ジェラート

 

出典:www.cosme.net

 

シュウウエムラのリップチークはリキッドタイプ。リップには一度塗りでセミマットなソフトカラー、二度塗りでふっくらとしたツヤのあるセミマットに変化していきます。チークもそのまま使え、指先で馴染ませていくと、こちらも自然な血色カラーになり、シュウウエムラらしいナチュラルさと性能の良さがしっかり出ている逸品です。

 

このボトルの細さで「持ち運びに簡単」という声も多数あり、リップチークの中でも人気アイテム。ポーチに入れておけばメイク直しも簡単で、使い勝手の良さも好評を得ている理由となっています。

 

 

【ヴィセ】リシェ リップ&チーク クリーム

 

出典:www.cosme.net

 

プチプラの定番、ヴィセもリップチークを販売しています。今年流行の「くすみカラー」を取り入れた使いやすいカラーと、クリームタイプでありながらなめらかなテクスチャーが魅力的。リップに使うとハーフマット、チークに使うとツヤ感のあるほんのり血色カラーになり、美容液成分配合で乾燥対策もバッチリ。クリームタイプの特性である「濃度調整」も思いのままで、プチプラとは思えない高性能さがロングランヒットの秘密となっているようです。

 

くすみカラーでもあり、濃度調整ができる点からも、リップチーク初心者さんにはオススメ。慣れてきたら、まだまだ多くある他のメーカーアイテムをチェックするのもいいですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

近年大流行しているリップチーク。これからも愛用者が続出していきそうです。

是非参考にしていただき、自分に似合うリップチークを探してみて下さいね。



関連記事

・2017年秋冬のキーワードは「抜け感」!メイクで抜け感を叶える方法

・プチプラコスメでも1日中チークの発色をキープする裏技はコレだ♡

・シンガポールのジャマルカズラが新業態! 常識を覆す“パフュームオイル”で、香り美人に!