なりたい自分に変えてくれるのがメイクの成せる業。ファッションや、なりたい雰囲気に合わせてみなさんメイクアップを変えていませんか? また時代に合わせて、眉の形が変わったりメイク法は変わるものです。 今回は「彼女にしたい」と思われるメイクがどんなものなのか、男子受けのいいメイクアップ方と、逆にNGなメイクに関してまとめてみました。

男子ウケのいい人気のメイクとは?


 

出典:Shota @linobyurealm.shota

 

男子ウケのいいメイク、まずは癒し系のメイクについてです。

どんなメイクが好きですか?という問いに対して、男子の90%がナチュラル系メイクと回答するのだとか。

最近は愛されベビーメイクなんて言われ方もしますが、純粋な印象を与えるナチュラルな雰囲気というのは男子受けがいいようです。

 

特徴としては、眉毛はふわっと、チークは自然な色付き。

アイシャドウは自然なブラウンで肌なじみよく、マスカラは玉がなくすっと長くて優しいカールが入っているというものです。

ナチュラル系メイクは女子からみてもかわいらしい印象で好印象ですよね!

 

 癒し系メイクの方法について!


 

<ベースメイク>

 

出典:Kanon @cosmeholic___

 

肌はナチュラルな感じを大切にするために、濃すぎない厚塗りにならないようにしましょう。

ファンデーションベースを塗った後、上から軽くパウダーをのせれば、ふわっとした印象になります。

隠したい所はコンシーラーを使うようにして、全体的に厚塗りになるのを避けましょう。

 

 

<アイライン>

 

出典:ずぅ @xxizumiiixx

 

アイラインは太くならないよう、細く引きましょう。

目じりも長くなりすぎないように、少しだけ斜め上にはねさせるとかわいい印象になります。

まつげの隙間をきちんと埋めて、アイラインがなじんでみえるようにしましょう。

下瞼の目の際にラインを引いた、いわゆる「囲みメイク」は印象がきつくなりがちなので、避けた方が無難です。

 

また、黒いアイライナーはきつくなりがちですが、肌なじみのいいブラウンのライナーをつかうことで、ナチュラルな印象と癒され系の雰囲気を出せますよ。

 

 

<まつげ>

 

出典:Venus Lash @venuslash

 

まつげも黒よりはブラウンを使った方が、より肌なじみよく、ナチュラルな癒され系の雰囲気を出す事ができます。

また、玉にならないよう、よくコームで溶かすようにしましょう。

上まつ毛はたっぷり塗りすぎてひじきのようなまつ毛にならないように。

下まつ毛はあまり塗らない方がより印象が柔らかくなります。

 

つけまつげを使う人は、ボリュームが多いものよりも、カールがあり長さもあって、目じりに向かって長さが少し長くなっていく自然なものを選びましょう。

こちらもブラウン気味の色をチョイスすることでより一層、ナチュラルに見えますよ。

 

 

<眉毛>

 

出典:神保 充 @jinchas0000

 

眉はほんのりとふわっとした印象にするように、パウダーアイブローを使うようにしましょう!

しっかりと輪郭のある眉毛にすると強い印象になってしまいがちですので、パウダーブローでうまくごまかしつつ、ふわっとしたやわらかい輪郭のぼやけた眉の方が、ナチュラルで癒し系の印象に近づきます。

 

また形としては、吊り上がったものよりも、自分の眉の形に添って、若干眉尻を足すぐらいがちょうどいいのだとか。形に合わない無駄な毛が生えている場合には、きちんとシェービングしておきましょう。

 

 

<リップ>

 

出典:木村直継 @kimutsugu

 

90%の男性がグロス系が好きだとの事です!

つやっぽく見える所が女性らしさを感じさせてくれるのだとか。

ただ真っ赤で輪郭のはっきりした唇になってしまうより、ピンク系をチョイスしましょう。

 

肌なじみのいい、ピンク系の口紅の上に、それに合う色のグロスを唇中心部に乗せるとかわいらしい唇になりますよ!

唇の輪郭が大きく気になる人はコンシーラー等で隠した後に、リップペンシルで輪郭を書き直してはいかがでしょうか。

唇の中心の色をのせた後、指でなじませる事で、大きい唇や形をふわっとした印象にさせる事ができますよ。

 

 これはちょっと…NGメイク!


 

<唇>

 

出典:Mr.Cheangchai Noojuntuk/Shutterstock.com

 

かさついた唇は男子をドン引きさせてしまいます。

リップの色を際立たせるためにも、唇の保湿はとっても大切です。

常日頃からプルプルの唇を目指すため、保湿は欠かさないようにしましょう。

 

またランチの後には、どうしても唇が乾燥しがちです。

エチケットとして、化粧直しをして、プルプルの唇を復活させるようにしましょう。

 

 

<アイメイク>

 

出典:Inga Ivanova/Shutterstock.com

 

パンダ目とよく言いますが、下瞼にアイラインの黒やマスカラの黒がうつってしまっているのは、とても印象が悪いようです。

ウォータープルーフのアイメイクを使うようにしましょう。

 

ですがどうしても、時間がたてば化粧崩れでアイラインが滲んできますよね。

綿棒を持ち歩いて、滲んできたときにすぐきれいにふき取れるようにしましょう。

最近は、専用のリムーバーを含ませた化粧直し用の綿棒もありますので、チェックしてみてください。

 

 

<眉毛>

 

出典:Christo/Shutterstock.com

 

夕方鏡をみたら、まろっぽい眉毛になっていることありますよね。

せっかくきれいに描いた眉毛の眉尻が消えてしまい、眉頭だけ残ってしまうこの現象。

男子には見られたくないですね。

アイブローメイクも落ちやすいので、化粧直しをするようにしましょう。

 

また最近は、アイブローメイクの上から透明の液を塗って、少しだけ固める事で、化粧崩れしにくくなる製品も売っています。

是非チェックしてみてください。

 

 

<チーク>

 

出典:LADO/Shutterstock.com

 

濃すぎるチークには要注意です。

チークは顔の印象を大きく決めるものであり、チークの色のチョイスから入れ方によって、顔の印象が全然かわってきます。

ナチュラルで男子ウケのいいチークの入れ方は、ふわっとした淡いピンクでほんのり色づいた印象です。

「おてもやん」のようなまん丸で赤いチークがのっている印象にならないように、肌なじみよくなるようぼやかせるようにふわっとのせましょう。

 

 

<アイシャドウ>

 

出典:Valua Vitaly/Shutterstock.com

 

目を大きくさせるために、ダーク色のアイシャドウを目の際にのせすぎてしまうと、きつい印象になってしまうので注意が必要です。

あまり色をのせるというよりは、優しいブラウンなどの色で薄く色つけるくらいで、十分ナチュラルなメイクの印象になります。

 

服装によっては、カラー系の色を薄くのせてみるのもいいかもしれません。

ラメをのせすぎて、ほほや鼻にラメがのってしまっている光景も男子受けがよくないですので、注意が必要ですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ナチュラルで男子受けのいいメイクに関してまとめさせていただきました。

いろいろとナチュラルに仕上げるための方法についてまとめましたが、結局は自分に合ったメイクが一番自分を魅力的に見せてくれます。

 

自分のフェイスパーツ、雰囲気に合わせてなおかつ清潔感をもったお化粧をすればきっと男子ウケはいいはずです!

ナチュラルメイクも参考にしつつ、自分に合ったメイクをしてデートに出かけてみてください!



関連記事

・私たちの必需品♪ニベアクリーム♡全部使ってみた~リップクリーム編~

・目元に「赤」を仕込むだけで、こんなに色っぽくなる!秋の上品♡大人メイク集

・くるんと上向きに♡まつ毛をきれいにカールさせ持続させる方法