今年の秋冬メイクアイテムやテクニックもそろそろ出揃い、チェックで忙しい日々を送っている女性も多いのではないでしょうか。例年通りの流行カラーやテクニックから、今年に入ってトレンドとなったものまで様々あり、楽しませてくれますね。 その中でも、通称「囲み目アイメイク」に注目が集中!今までのイメージとは全く違うアイメイクのテクニックとなり、話題を呼んでいます。 今回はその「囲み目アイメイク」の特徴やメイクポイント、オススメアイメイクアイテムまで幅広くご紹介していきます! 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

2017年秋冬は「囲み目」がトレンド!その理由は?


 

1.「ナチュラル」と「華やか」が両立できるテクニック

 

 

出典:daitin0721 @daitin0721

 

「囲み目」というと、ブラックのアイライナーで目の周囲をぐるっと囲むテクニックが有名。目が大きく見えたり、目が強調されることで、他のマイナス面に視線が動きにくくなる等、いくつかのメリットがあり、一時期大流行しました。

 

しかし、今時の「囲み目メイク」はアイライナーで囲むのではなく、アイシャドウで囲むのが主流になってきました。様々なカラーを使うことができ、肌に馴染むような色味を使えば目の大きさを強調しながらもナチュラルさが演出でき、ボルドーやカーキのようなカラーを使うと、一気に目元が華やかで女性らしい印象になります。

 

目元を「キツく」見せるのではなく、「強調」しながらも「ナチュラルさ」や「華やかさ」を自分でコントロールできる。これが、今年の主流である囲み目メイクの大きな特徴となっています。

 

 

2.一重さんでも簡単に可愛らしく、スッキリした目元に♡

 

出典:遠藤優也 @endo_cashee

 

近年のアイシャドウは、どうしても「二重」のまぶたを想定したアイメイクやコスメが多く見受けられました。これは目元のグラデーションや目のキワに引くアイラインの関係上、二重まぶたである事が「最も美しいアイメイク」だと考えられていたからです。現に今でも「アイプチ」のような二重まぶたにするためのアイテムは多数販売されていますよね。

 

その分、一重さんはアイメイクには不利・・・と考えられていましたが、この「囲み目メイク」のテクニックが確立されてからは、その考えもガラッと一新されてきています。

 

一重さんでも目の周囲にバランス良く色をのせることで、二重さんに負けないアイメイクができるようになり、目元の印象をカラー1つで簡単に変えられるようになりました。

一重さんは一重さんなりの素敵なアイメイクができる!これは、今までのアイメイクからいうと「革新的」ともいえるメリットといえます。これからも注目していきたいですね。

 

「囲み系アイメイク」をマスターしよう!決め手は「シャドウ」と「ブロウ」


 

【アイシャドウ】バーガンディーカラーで華やか+柔らかイメージに

 

出典:ずぅ @xxizumiiixx

 

今年の流行カラーはボルドーやバーガンディーのような「こっくりした濃い赤」。一見すると肌色や目のくすみに繋がってしまうように感じますが、透明感のあるボルドーやバーガンディーカラーなら目のくすみを一掃し、目元を華やかな印象にしてくれます。「囲み目」初心者さんは、まずこの辺りのカラーからチャレンジしてみましょう。

 

黒目の外側ぐらいから徐々に色を濃くしていき、下まぶたは目尻から3分の1程度、またはうっすらと全体に乗せておくと、しっかり目元が強調され、違和感の少ない囲み目メイクになります。

 

ただし、色の乗せすぎには注意して下さい。全体的に濃く、均等に乗せてしまうと目が腫れぼったく見え、さらに目が小さく見えてしまう原因にも。濃くするなら目尻を中心に、目頭に向けて薄くしていく、または全体的に薄く乗せてから、改めて調整していくのもオススメですよ。

 

 

【アイブロウ】髪よりも少し明るめでハッキリとした眉に仕上げる

 

 

出典:yoshiyasu1007 @yoshiyasu1007

 

アイライナーで囲むメイクと一緒に流行した「細眉」。こちらも随分と淘汰され、どちらかというとハッキリとした眉が好まれるようになってきています。顔のパーツとして、やはりくっきりとあった方が顔全体に違和感が無く、また「作り込んだ」印象も与えることがありません。

 

元々の黒い眉のままだと、ブラウンヘアーとの相性が良くないため、できるだけアイブロウマスカラやパウダーアイブロウでカラー補正と形の補正を同時に行っておきましょう。アイブロウのカラーは髪の色より少し明るめに、薄くなりがちな眉尻の部分はペンシルやパウダーでライン取りをしておくと、今時の「ハンサム眉」が完成です♡

 

「囲みメイク」にはコレ♪オススメアイメイクアイテム


 

【ルナソル】ジェミネイトアイズ

 

出典:www.cosme.net

 

ルナソルの「赤」がギュッと詰まったボルドーのアイシャドウ。ハイライトカラー(左上)をアイホール全体に乗せてくすみを取り、残りの3色で「囲み目」をしていきます。少し柔らかい印象なら右上のピンク、エレガントさ重視なら左下のモーヴピンクがオススメです。一番濃いレッドは目のキワに入れて締め色に。

 

中心のカラーはラメをたっぷり使った「アクセント」。まぶたの中心にちょっとだけ乗せると、パーティにも似合うきらめきになります。デイリーやデートにも使える万能パレットです。

 

 

【シュウウエムラ】アイブロー マニキュア

 

出典:www.cosme.net

 

シュウウエムラからはアイブローマニキュアが販売中。文字通り「眉の色を変える」アイブロウマスカラです。カラーも柔らかいピンクから、近年人気のヘアカラーであるアッシュブラウン、少し明るめのヘアカラーに似合うチョークベージュ等、全9色のラインナップで、眉の色を変えるコスメとしては多色の部類に入ります。

 

一本一本の眉毛をコーティングして色を変えるため、ありがちな「中途半端な眉の色」になることがありません。しっかり伸びて見た目そのままの発色が高評価となり、人気の逸品。是非店頭で実際の色をチェックしてみて下さいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今までとは全く違った「囲み目メイク」。これからもしばらくトレンドは続きそうです。

是非参考にしていただき、素敵なアイメイクを楽しんでみて下さいね。

 

関連記事

・あなたはいくつ知ってる?今SNSで話題のコスメ10選

・派手顔さん向け☆きつい印象にならないメイク法って?

・プチプラの王道!キャンメイクがあのブランドコスメに似てる?デパコスに劣らないおすすめ5選♡