1日に何回くらいベースメイク直しをしていますか。 時間がたつと、よれたりテカってきたりしてベースメイク直しが必要になってきますが、 ファンデーションを重ねるたびに厚塗りになっていませんか。 今回は、厚塗りにならないための簡単ベースメイク直し術をご紹介していきます。 気づくと夜には厚塗りになっているという場合にはぜひ参考にしてみてくださいね。

ベースメイク直し前に肌に水分補給を!


Kanon @cosmeholic___

ベースメイク直しの時、よれたりテカったりした肌の上から直接ベースメイク直しをしている場合には要注意です。

よれたままメイク直しを行うと、よれたままの状態でメイクを重ねることになるのでファンデーションなどもムラになりやすいです。

 

また、テカりがある状態で上からファンデーションなどを重ねると余分な皮脂が肌表面に付着したままメイクをさらに重ねていくのでこちらもメイク崩れがしやすくなります。

 

まず、ベースメイク直しの前にミストタイプの化粧水で顔全体を保水していきます。

この時に粒子が大きいタイプのミストタイプの化粧水だとメイク直しの時にムラになりやすいので、粒子が細かいタイプの方がおすすめです。

 

顔全体を保水したら、一旦、ティッシュで軽く押さえます。

こうすることで、余分な汚れや皮脂をティッシュに付着させることができるので、ベースメイク直しの厚塗り防止にもなり、簡単に仕上がりも綺麗になります。

 

特にこれからの季節は、エアコンの空気も乾燥しているので肌が乾燥しやすい環境にいる、例えばデスクワークの方にも便利です。

 

ベースメイク直しアイテムでブラシを使用


Kanon @cosmeholic___

ベースメイク直しの時に使用するアイテムも、厚塗りにしないためにとても大切です。

手軽に持ち運べて便利なパフを使っている場合には注意が必要です。

ファンデーションパフは、肌につく面積が広く、またマットな肌をつくるのにはしっかりとファンデーションを塗ることができるのでおすすめなのですが、ベースメイク直しでファンデーションパフを使用していくとどうしても回数を重ねると厚塗り感がでてしまいがちです。

 

そんな時に、優秀なのがメイクブラシです。

ブラシは肌につく面積がパフに比べて少なく、またブラシの1本1本がふんわりしているタイプのものを選ぶことで毛穴などを綺麗にみせながら、ナチュラルにみせてくれるアイテムです。

 

メイクブラシと言えば、フェイスパウダーやチークのイメージが強いですが、パウダータイプのファンデーションでももちろん使用することができます。

 

ファンデーションを重ねていくのはNG


Kanon @cosmeholic___

ベースメイク直しの時に、ファンデーションを重ねていませんか。

特に朝、リキッドやクリームファンデーションを使用して、メイク直しはパウダーファンデーションを使用している場合には厚塗りになってしまいがちです。

 

もし、朝リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用するのであれば、メイク直しはなるべく色のつかない透明タイプのフェイスパウダーを使用することで簡単に厚塗りにならない仕上がりです。

 

また、各ブランドで透明タイプのフェイスパウダーがありますが、割と毛穴を綺麗に見せてくれるタイプや、テカりに良いタイプのものが多いので、メイク直しにも最適です。

 

もともと、ファンデーションで色がついている肌に、さらに色を重ねていくと厚くなってしまいますが、色がついた肌に、透明を重ねれば厚塗りにはならず、ベースメイク直しもばっちりできてしまうんです。

 

 

いかがでしたか?

普段のベースメイク直しにプラスするだけで、厚塗りにならずに綺麗に仕上がります。

ぜひ、ベースメイク直しの際に取り入れてみてくださいね。

 

関連記事

・派手顔さん向け☆きつい印象にならないメイク法って?

・プチプラコスメでも1日中チークの発色をキープする裏技はコレだ♡

・20代女性の愛用者多し!人気のコスメブランド♡ランキング