働く女性にとって毎日のメイクは必須。同じメイクでもやり方次第で好感度が上がり自信が持てるようになるかも。ポイントを押さえて「できる女」を演出していきましょう!今回は、働く女性の勝負メイクテクニックをご紹介していきたいと思います。

ポイント1「ベースを丁寧にして崩れ防止」


理香の店 @rika_no_mise

ベースメイクが崩れてしまうと清潔感がなくなりだらしなく見えてしまい印象が悪くなってしまいます。

しっかりと保湿をして丁寧なベース作りを心がけることで崩れにくくなりますよ。

 

流行りのツヤ肌はやりすぎるとオフィスでは浮いてしまうので、セミマットくらいに抑えておきましょう。

 

ポイント2「チークは外側に」


Yumi @y__stgm

チークは血色感をプラスし健やかな表情を演出するのに欠かせないポイントです。

色味も大切ですが乗せる位置にも気を付けてみてください。

 

黒目の内側にチークを乗せてしまうとあどけない印象になってしまいビジネスシーンには不向きです。

頬の中央から外側に向けてぼかしていくように色を乗せることで大人っぽく引き締まった印象の顔を演出することができますよ。

 

頬骨に沿って斜めに入れることで血色感とシェーディングの2つの効果を同時に得ることができます。

 

ポイント3「眉は近づける」


Mari @mari_loves_beauty

眉は顔の印象を左右する大切なポイントの一つです。

形や長さを変えるだけではなく、位置も意識してみてください。

 

オフィスメイクでは眉頭の距離を近づけて描いていくようにしましょう。

 

眉同士を離して描くと柔らかく優し気な印象に、近づけて描くとキリっとした表情になり意思の強さを演出することができます。

 

ポイント4「リップライナーを取り入れる」


あじこいめ @ri_ta84

リップライナーで唇の輪郭をとるとキチンと感が出るのでぜひ取り入れてみてください。

ヨレ防止にもなり口紅のモチも良くなります。

リップライナーで唇全体を塗りつぶしてから口紅を塗ればさらに持ちがアップしますよ。

 

オフィスにいると飲み物をよく飲むし乾燥も気になるからあまりリップメイクには力を入れていないという声も多々聞かれますが、何も塗らないと覇気のない顔になってしまうので絶対にNG!

 

勝負の日はパッと明るい色のリップで存在感をアピールしてみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

メイク一つで印象はガラりと変わるものですが、オフィスメイクで欠かせないポイントは何よりも「清潔感」です。

気合いを入れ過ぎて厚塗りにならないよう注意しながら、きちんと感のあるメイクを取り入れていきましょう。

 

関連記事

・これでアイシャドウを使いこなそう♪グラデーションを綺麗に見せるアイメイク

・気になる芸能人のマツエク事情!いつも目がぱっちりなあの人もやっているかも?

・ぱっちり二重の新定番♡ダイソーの「のび~るアイテープ」がプチプラなのに優秀なんです!