ピンクメイクって可愛いけれど、どうしても子供っぽくなりがちで、アラフォー世代が使うのには難しいイメージがありますよね。でも、うまく使えば、ピンクの「甘さ」と「大人っぽさ」両方の魅力を引き出すことが出来るんです。メイクにピンクを取り入れて、春顔にアップデートしましょう♪

まずは基本のアイメイクにピンクを投入

 


・単色カラーをシンプルに♪

 

甘いピンクは、さらっと目元に使いましょう。

上まぶたのアイホールにピンク単色のアイカラーを指で乗せて広げます。

 

ここで、締め色にブラックを使わないのがポイント。

コントラストが強くなると、瞼が重たい印象になってしまいます。

 

ブラウンのアイラインやマスカラを使って柔らかく締めるか、潔くノーラインにしてみましょう。

敢えてシンプルにすることで、ピンクの色っぽさが際立ちます。

 


・ピンクを乗せる位置で印象がガラッと変わる!

 

なりたいイメージに合わせて、単色ピンクの入れる位置や濃さを変えてみましょう。


目じり側…目じり側にピンクを入れると、はかなげな印象に。

ほんのり色っぽく仕上げたいときには、目じりに向かってピンクを濃く入れてみてください。


中央…可愛らしく仕上げるならばピンクを瞼の中央に。

黒目が強調されて、パッチリ目の甘可愛い印象になります。


目頭側…今っぽいレトロでムーディな印象に仕上げるなら、目じり側にピンクを効かせましょう。

一気におしゃれ顔な春顔に。

 

血色ピンクでナチュラルな春顔に

 

 

・青みピンクで透明感を


大人のくすみ肌をきれいに見せてくれるのが、血色を与えてくれる青みピンク。

チークに取り入れて、うぶな透明感を演出しましょう。

 

肌になじむように、クリームチークをスポンジや指でぽんぽんと頬にのせてみてください。

 


・コーラルピンクで大人っぽく


大人っぽさを際立たせるならば、コーラルピンクなどオレンジや黄みが入ったピンクのチークを選びましょう。

頬の黒目下から外側に向かって、三角形を描くように色を入れます。

 

頬の外側に色を重ねると、より大人な印象に仕上がります。

逆に、頬の下側に色を重ねると可愛らしい印象に変わります。

 

リップはマットピンクでおしゃれな大人顔に


・定番のベージュピンクで簡単に春顔へチェンジ


ピンクリップは、ツヤを抑えてマットな質感に仕上げることで、おしゃれな大人顔へと仕上がります。

 

ベージュピンクは、肌なじみがよく、誰でも簡単に取り入れることが出来るのでおすすめ。

柔らかい雰囲気で、オフィスシーンにも使える万能カラーです。

 


・ローズピンクで顔色ワントーンUP


華やかなローズピンクのリップは、つけた瞬間顔色が一気に明るくなり、旬な春顔へと導いてくれます。

 

ビビット&マットなカラーを使用することで、可愛くなりすぎず、レトロな大人顔を叶えます♪

 

 

アイメイク、チーク、リップを使った大人ピンクは、すべて抜け感がポイント。

 

メイクすべてをピンクにしてしまうと、幼い印象が強くなりますが、一箇所どこかに取り入れることで、アラフォー世代の大人の色っぽさを際立たせてくれます。

 

大人ピンクを味方につけて、旬の春顔メイクを思いっきり楽しみましょう♪

 

関連記事

・大人ピンクで作る♡40代の春顔アップデート

・大人ピンクで作る♡40代の春顔アップデート

・大人ピンクで作る♡40代の春顔アップデート