ドラマやCM、モデルとしても大活躍中の永野芽郁ちゃん。 4月から始まったNHKの朝ドラマ「半分、青い」のヒロイン役にも抜擢され、さらなる活躍ぶりが楽しみです。 彼女の魅力は、なんといっても守ってあげたくなるピュアな笑顔。 その天使のような可愛らしさに憧れる女子も多いのではないでしょうか。 そんな永野芽郁ちゃんのような、愛されフェイスになるためのメイクのポイントをご紹介します。

透明感のあるナチュラル肌

 

 

保湿パックで肌のうるおいを補うなど、10代ながらもスキンケアにはとても気を遣っている永野芽郁ちゃん。

 

ベースメイクのポイントは、やはり肌の透明感です。

まずはクマやくすみなどの肌悩みを、普段のスキンケアで解決しておきましょう。

解決できない肌悩み部分には、コンシーラーやコントロールカラーなど、肌の悩みに合わせたアイテムで対処しましょう。

 

ファンデーションは、カバー力よりもスキンケア効果重視です。

BBクリームを顔全体に薄くムラなく伸ばしてベースをしっかり作ったら、最後にフェイスパウダーでツヤ感を出す方法がおすすめです。

 

存在感のあるキュートな太眉

 

 

しっかり眉がチャーミングな永野芽郁ちゃん、ご本人のアイブロウメイクは元々の眉を生かして形を整える程度しかしていないようです。

 

ポイントは、ストレートな太眉に仕上げること。

眉頭から眉尻にかけては、ほぼ同じ太さで。

 

長さは目尻より少し長めの位置まで描きましょう。

また、眉山をしっかりと描くことで、自然な永野芽郁ちゃん風の眉に仕上がります。

 

ナチュラルで柔らかい印象に仕上げるため、ペンシルで描いた後はパウダーでふんわりと仕上げましょう。

 

すっぴん風自然なアイメイク

 

 

CMなどで見せる奇抜なメイクもキュートな永野芽郁ちゃんですが、基本のアイメイクはナチュラルメイクです。

 

あまり色味を感じさせない、ナチュラルなブラウン系のアイシャドウを使用してナチュラルに。

 

アイライナーも目のキワに沿って描き、目尻の部分は1~2mm程度長めにしましょう。

下の目尻は1/3ほどまつ毛の間を埋めるように自然に描きます。

 

キュートなぱっちりアイに近付けるポイントは、まつ毛をしっかり上向きに上げることです。

ビューラーを使って丁寧にしっかり上向きにあげましょう。

マスカラはあまり濃く塗ると、永野芽郁ちゃん風メイクから遠のいてしまうので、カールをキープしてくれるタイプの黒または透明マスカラを1~2度塗り程度に抑えましょう。

 

最大のチャームポイントは涙袋

 

 

永野芽郁ちゃん風メイクで、最大の特徴的となるのが涙袋。

涙袋は、見た目の印象を大きく変える重要なパーツです。

 

ペンシルを使って描く方法などもありますが、一番ナチュラルに失敗なく仕上がるパウダーで描く方法がおすすめです。

 

目を軽く細めた時にできる目の下のふくらみの部分に、アイブロウパウダーを細いチップを使ってラインを描いていきます。

目頭から黒目の外側くらいまで描きましょう。

次に、涙袋の膨らんだ部分にハイライトをのせます。

自然な明るめのクリーム系のハイライトがおすすめです。

 

リップ&チークはナチュラルに

 

 

チークやリップは、オレンジやピンク系の明るめカラーを多く愛用しているようです。

派手にならないカラーでほんのり血色を入れるよう、チーク&リップはナチュラルに入れるのがポイントです。

 

 

守ってあげたくなる愛らしさと、ピュアさが魅力の永野芽郁ちゃん。

彼女の魅力に近づくメイクは、やっぱり抜けるような透明感とナチュラルさが重要です。

ぜひ試してみてくださいね♡

 

関連記事

・朝ドラ起用決定!永野芽郁ちゃんみたいな守りたくなる愛されフェイスになるには?

・朝ドラ起用決定!永野芽郁ちゃんみたいな守りたくなる愛されフェイスになるには?

・朝ドラ起用決定!永野芽郁ちゃんみたいな守りたくなる愛されフェイスになるには?