なんだか自分のメイクがイマイチ似合わない気がする・・・そんな風に感じてくるのがアラフォー世代だと言われています。今までのメイクでは、雰囲気や印象が変わってきてしまうため、違和感を覚えてしまうんですね。 特に40代以降、眉メイクは最も大きく変えなければいけないポイントと言われています。そういわれても、どうしたらいいのか・・・と考えてしまいますよね。 そこで、今回はアラフォー世代の眉メイクの注意点やポイントを簡単にご紹介していきます。 是非この機会にご自身の眉メイクを見直してみて下さい。

若い頃とは違います。40代向け「眉メイク」注意点

 

リップやアイメイクには力を入れていても、眉は適当…という方も多いようですが、眉は「顔の第一印象を決める」と言われるほど大切なポイントなんです!

上の2つはトレンドを取り入れてても、眉は20代や30代のまま、という方は要注意。

どんなに他のパーツに力を入れても眉を変えない限り、「古くさい」メイクのままに…。

 

1.自分の骨格に似合う眉を探す

 

出典:josei-bigaku.jp

 

芸能人やモデルの○○風眉…が誰にでも通用するのは20代までだと思って下さい。

 

自分で無い別人の眉をそのまま真似しても、その人とは骨格自体が絶対に違います。その骨格を無視して引いた眉というのは、誰が見ても違和感を感じてしまうものなのです。

 

若い頃は流行そのままでもよかったかもしれませんが、40代ではそうもいかなくなってきます。しっかり自分の骨格を知り、どんな眉が似合うのかを探していくのが第一歩となります。

 

2.眉山を上げ過ぎてしまう

 

出典:www.beauty-log.com

 

無意識に眉山をぐーっと大きく持ち上げていませんか?これも実はかなり大きなNG部分。

 

これは、加齢と共にまぶたや目の周辺がたるんできてしまうのが原因。自然と、重たいまぶたや目を持ちあげようとして、無意識に眉山を大きく持ち上げるようになってしまうそうです。

 

眉の形を変えているつもりは無いのに、いつもより「への字」に見える…と思ったら眉メイクの方法を見直すチャンス。自分らしい、似合う眉メイクを探してみましょう。

 

40代の眉メイクポイント1:眉山は下げ気味を意識する


 

出典:jyoshiryoku1.com

 

10年~15年前程度の眉メイクは黒のラインが主流でした。鼻の付け根に入り込むようにして描き、眉山の高低差を大きくつけるメイク方法です。

 

この高低差、メイクをしっかりしている印象を与えると共にかなりキツい印象も与えてしまいます。

「古い」イメージも定着しているので、年齢よりも老け込んで見える原因にも。

逆に、赤ラインである今時のメイクは眉頭自体を上に持ちあげ、高低差も最低限。

 

ナチュラルで平行な眉にし、パウダー等でふんわり仕上げる事によって印象が若々しく、しかも自然な仕上がりになりますよ。

 

40代の眉メイクポイント2:眉カット、眉毛抜きは程々に


 

出典:www.biranger.jp

 

一時期「細眉」が大ブームになったせいで、眉毛を抜いたり、大幅にカットしていた方も多いと思います。

つい習慣でそのまま、それを続けていませんか?

 

眉毛は、1本1本が太く、存在感があります。

ちょっと間違って抜いてしまっただけでも、大きな穴が空いたように見えてしまうほど。

それに合わせようとさらに抜いてしまうという悪循環が生まれます。

 

また、眉の色を薄くするために、短く眉をカットする方もいますが、それもNG。

 

眉は「毛の流れ」で立体感を生み出しています。

モデルやタレントさんの薄い眉はあくまでもカラーを薄くし、ベージュに近いパウダーで仕上げる事で眉の色をふわっと柔らかく見せているのです。

 

もしカットしたい場合は、必ず「メイクをした」状態で。

アイブロウやパウダーからはみ出ている部分を切れば大きな失敗をする事はありません。

最後の仕上げとしてカットする、という意識を持つようにして下さいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

眉はその人の印象を左右する大切なポイント。

実はアイメイクやリップよりも重要なパーツでもあるのです。

是非参考にしていただき、40代だからこそ映える「美眉」を目指して下さいね☆

 

関連記事

・眉革命から40代から!アラフォー眉メイクの注意点とポイント

・眉革命から40代から!アラフォー眉メイクの注意点とポイント

・眉革命から40代から!アラフォー眉メイクの注意点とポイント