楽チンだからいつも同じ眉メイク、という方は多いのでは? 眉メイクは、なりたい印象別に描き方が違います。 眉メイクだけで、顔立ちがグッと変わるので、実はしっかりこだわるべきポイントメイクなんです♪ 今回は、ナチュラル、クール、フェミニン、外国人風、4つの印象別眉メイクのコツをお伝えします。 ひと通り試せば、自分の顔立ちに似合う眉メイクが見つかるかもしれません♡

ナチュラルな印象の眉メイク

 

親しみやすいナチュラル眉メイク

 

 

ナチュラルメイクには、自眉を活かしたナチュラル眉メイクがぴったり。

自然体で親しみやすく、デイリーメイクに向いています。

 

眉メイクをナチュラルに仕上げることで、アイメイクが引き立つので、いつもと違うアイシャドウカラーを使うときにオススメです♡

 

ナチュラル眉メイクのコツ

 

 

形:自眉の形をできるだけ活かす。全体的に滑らかな曲線を描くような形が理想的。

長さ:目尻より少し長めにする。

太さ:自眉よりやや太め。

色:眉の中央が最も濃くなるようにする。

 

キリッとクールな印象の眉メイク

 

凛とした表情を作るクール眉メイク

 

 

モード系ファッションやモノトーンファッションに合わせたい、クール眉メイク。

スモーキーカラーのアイシャドウと相性バッチリ!

 

クール眉メイクのコツ

 

 

形:直線的。眉山を黒目の外側に、眉尻は眉頭より上にする。

長さ:目の幅に合わせる。

太さ:眉尻を細めにする。

色:眉頭を最も濃く、眉尻に向かって薄くなるようにする。

 

フェミニンな印象の眉メイク

 

デートにぴったり!ふんわり柔らかフェミニン眉メイク

 

 

女性らしい表情を作り出す眉メイクは、ふんわり緩やかなアーチをイメージして描きましょう。

直線的な眉毛は男性的な印象で、緩やかな曲線を描く眉毛は女性的。

 

デートメイクにオススメの眉メイクです。

 

フェミニン眉メイクのコツ

 

 

形:緩やかなアーチ状。眉頭から眉尻まで角度をつけずに、緩やかな曲線を意識して描く。

長さ:眉尻を目尻より少し長めにする。

太さ:黒目の縦半分ほどの太さにする。眉尻は少し細め。

色:眉頭から眉尻まで、薄い色から濃い色にグラデーションになるようにする。

 

外国人風の眉メイク

 

外国人風の眉メイクで憧れハーフ顔に変身♡

 

 

根強い人気のハーフ顔メイクは眉メイクが肝心! 特に自眉が濃いめな人に向いています。

眉毛と目の間隔が狭くなり、目力アップが期待できる眉メイクです。

 

外国人風の眉メイクのコツ

 

 

形:平行型。眉頭から眉山まで一定のラインを意識して描く。目頭の眉毛はできるだけカットしない。

長さ:目の横幅より少し長め。

太さ:眉毛の下部分を描き足し、目の縦幅の3分の2程度の太さにする。

色:全体的に濃く、眉頭は少々薄めに。

 

眉メイクが長持ちするテクニック

 

朝に完璧な眉メイクをしたはずなのに、気がついたら眉尻が消えている! そんなことはありませんか?

印象別眉メイクと一緒に、眉メイクを長持ちさせるテクニックも合わせて実践してみてください♪

 

眉メイク前にスクリューブラシで眉毛を整える

 

 

アイブロウペンシルにセットになっていることが多いスクリューブラシ。

眉メイクのときに使っていますか?

 

スクリューブラシを使わずに、そのまま眉メイクを始めるという方は多いのではないでしょうか。 スクリューブラシを使うと、眉毛の毛流れが整って立体的な眉毛に仕上がります。

 

眉毛についたゴミも取れるので、アイブロウマスカラの色が長持ちする効果も!

 

眉尻部分は眉メイク前にティッシュオフする

 

 

特にメイクが落ちやすい眉尻。

メイクが落ちる原因は、皮脂や肌表面に残ったスキンケアコスメの油分です。

 

眉メイク前に眉尻部分の肌についた皮脂や油分を取り除きましょう。

ティッシュやコットンで、眉尻部分の肌をポンポンと押さえるだけ。

 

これだけで眉尻部分のメイクが落ちにくくなります。

 

 

いかがでしたか? なりたい印象に合わせて眉メイクを変えれば、メイクのバリエーションが増えて色々な表情の自分に出会えますよ♡ 印象別眉メイクをマスターして、気軽にイメチェンしましょう!

 

関連記事

・眉メイクって実はとっても重要!印象別眉メイク講座

・眉メイクって実はとっても重要!印象別眉メイク講座

・眉メイクって実はとっても重要!印象別眉メイク講座