春のメイクは楽しめていますか?トレンドメイクと言ってもどのように取り入れるのが正解か分からない方もいるかもしれません。今回は資生堂のメーキャップアーティストである向井志臣さんが、誰にでも取り入れやすい春メイクを提案してくれました。

最後まで見逃し厳禁!プロ解説の春メイク

 

筆者撮影

 

春メイクというと、ピンク等のカラーメイクを楽しみたいですよね。

服もパステルカラーが可愛い季節、メイクも服にぴったりあったものに仕上げませんか?

 

今回はマキアージュやインテグレートなど、資生堂のリーズナブルアイテムを使ったトータルメイクを解説します。

 

ベースメイク

ベースメイクに使用するアイテムは、以下の2つ。

 

・マキアージュ スキンセンサーベース UV

・マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

 

 

<使用アイテム>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV 25ml / 2,600円(税抜)(編集部調べ)

 

まずはこちらの下地を塗っていきます。

春らしいベースメイクにするため、カラーはピンク系のものを使用。

ポイントは「やりすぎないこと」です。今季好まれているのはセミマット肌。

ツヤすぎず、赤ちゃんのようなフォギー肌を目指します。

 

筆者撮影

 

<使用アイテム>

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV / 3,000円(税抜)(編集部調べ)

マキアージュ コンパクトケース(限定) / 1,000円(税抜)(編集部調べ)

 

次にパウダーファンデーションを塗っていきます。

ここで使用する「ドラマティックパウダリーUV」はムース生まれの軽い付け心地のファンデーション。

2月21日にリニューアルして登場しました。今なら写真の限定コンパクトケースが販売中です。

 

重ね塗りをしても厚くならず、毛穴をしっかりとカバーしてくれる今季一押しアイテムです。

細かいところも丁寧に塗っていきましょう!

 

アイブロウ

 

筆者撮影

 

今季のアイブロウのトレンドは、形をしっかりと印象付ける大人っぽい眉。

眉山はふわっとさせずにしっかりと書き、自眉を活かしたメイクにします。

 

筆者撮影

 

<使用アイテム>

マキアージュ アイブロウスタイリング3D / 1,800円(税抜)(編集部調べ)

 

アイブロウが終わったら、こちらのアイテムの一番右のシェーディングカラーを利用して、ノーズシャドウを入れます。

目元の部分のほりの深さを際立たせます。

ノーズシャドウを入れることで骨格を強調し、フレッシュな春メイクの中に大人っぽさを含ませます。

 

アイシャドウ

 

筆者撮影

 

<使用アイテム>

マキアージュ ドラマティック スタイリングアイズ(BE303) / 2,800円(税抜)(編集部調べ)

 

筆者撮影

 

1. まず左のベースカラーを瞼全体にのせます。

2. 中央のカラーを目のキワに沿って極太に入れます。この時ボリュームを出すように、1cmほど目尻からはみ出させます。

3. 締め色を使います。こちらはアイラインのように極細に引きます。目尻から1cm程度はみ出させてアーモンドアイを作ります。

4. 右上のハイライトカラーを黒目の上の部分に丸く広げ、光沢感と立体感を出します。

5. 同じハイライトカラーを、下瞼の目頭に入れます。ハイライトがレフ板のような効果を果たしてくれ、白目の部分をきれいに見せてくれます。

 

アイライン・マスカラ

 

筆者撮影

 

アイラインはSHISEIDOインストロークアイライナーを使用します。

ブラウンにすることで柔らかい印象を作れるそう。

 

ポイントは太く引かないこと。まつげとまつげの間を埋めていくイメージです。

ナチュラルメイクでも、フレームはしっかりと際立たせるためにアイライナーを引くことは大切です。

 

 

 

<使用アイテム>

インテグレート マツイクガールズラッシュ / 1,200円(税抜)(編集部調べ)

 

マスカラはインテグレートのマツイクガールジュラッシュを使用。

昨年の秋頃はまつ毛を上げすぎないメイクが流行していましたが、今季からは再度目元にボリュームが戻ってきたとのこと。

ビューラーで軽くまつ毛をあげて1本1本、下まつ毛も丁寧に塗っていきましょう。

 

チーク

 

使用アイテム

 

今回はアイカラーにブラウンを使用したので、チークで春らしい色味を出していきます。

流行色はピンク!コーラル系の暖かみのあるピンクを使用します。

今季の春メイクは、アイカラーをピンクにするならばチーク・リップはヌーディーに仕上げることがポイントです。

 

筆者撮影

 

<使用アイテム>

マキアージュ ビューティースキンクリエーター(RD344)  / 2,300円(税抜)(編集部調べ)

 

こちらのチークはスポンジでぽんぽんとつけるタイプなので、自然な血色感が手に入ります。

3月21日発売の新商品です!

 

リップ

 

 

<使用アイテム>

マジョリカマジョルカ ピュアピュアキッスNEO(PK303)  / 800円(税抜)(編集部調べ)

 

リップにはみずみずしいシアータイプのルージュを使用します。

最近マットリップやグラデーションリップが流行りましたが、春メイクには軽やかなツヤが出せるものを選びます。

大人っぽいメイクに仕上げるには、リップの輪郭をしっかりとることが大切。

マットリップではモード過ぎてしまう輪郭取りも、透け感のあるリップならばバランスが取れます。

 

 

以上でプロ提案のトレンド春メイクの完成です!

資生堂からは大人気アイテムがリニューアルをして発売中。

ぜひみなさんもリーズナブルラインのアイテムを取り入れて、春メイクを楽しんでください♪

 

関連記事

・【プロ提案】資生堂のリーズナブルアイテムで作る♡春のトータルメイクを徹底解説!

・【プロ提案】資生堂のリーズナブルアイテムで作る♡春のトータルメイクを徹底解説!

・【プロ提案】資生堂のリーズナブルアイテムで作る♡春のトータルメイクを徹底解説!