「トレンドにのってナチュラルメイクに挑戦したけど、すっぴんに間違えられることも多々…」。そんな経験を持つ女性も多いのではないでしょうか。自然な可愛さを引き出すことのできるナチュラルメイクですが、一歩間違えれば「手抜き」や「ぼやけた印象」を与えてしまうこともあるんです。メイクの改善ポイントをしっかり抑えて、ナチュラルメイクをマスターしていきましょう!

1.ただ薄くすればいいだけじゃない!ナチュラル肌の仕上げ方

 

 

ナチュラルメイクのベースとなるのが「肌」です。「すっぴんの方がナチュラル感が上がる」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

シミやくすみ・そばかすなどの肌トラブルを隠さずにメイクすれば、ナチュラルメイクではなく、お疲れメイク・老け顔メイクになってしまいますよ!

肌の仕上がり方でぼやけた印象になるか、そうでないかが大きく分かれてきますので、ナチュラルベースのやり方をしっかりマスターしておきましょうね。

 

ナチュラルな印象を与えるベースメイクは、コンシーラーがキーポイント。化粧下地で肌のトーンを整えたら、コンシーラーで肌トラブルをしっかりカバーしていきましょう。

 

ファンデーションはリキッドタイプなら厚塗りにならないように要注意。

 

化粧下地・コンシーラーだけでベースを整えられるなら、ルースパウダーだけで仕上げるのもOKです。ふんわりナチュラルな美肌ベースを作っていきましょう。

 

2.盛らなくても作れる「目力アイ」をマスター

 

これまでアイメイクに力を入れていた方も多いはず!しかし「盛り過ぎアイ」はナチュラルメイクにはNGです。だからといって手抜きをすれば、目元のパッとしないぼやけたアイメイクになってしまいます。

 

ナチュラルアイは、2~3色のアイシャドウで作っていきましょう。アイホール全体にハイライトカラーを入れ、ダークブラウンで目の際、ブラウンカラーでまぶたに色味を入れれば、ナチュラルなアイメイクの完成です。

 

まつげはマスカラや、自然なつけまつげ・マツエクを利用してもOK!このときバサバサのまつげにならないように注意してくださいね!

 

ブラウンカラーのアイシャドウと、まつげメイクだけで、自然なアイメイクを仕上げていきましょう。

 

3.チーク・リップはコーラル色がGOOD!

 

 

ナチュラルメイクでもチーク・リップは欠かせません。チーク・リップメイクには、肌馴染みが良く、血色感を高めることのできるカラーを選ぶのがポイントです。

 

おすすめはコーラル色。頬にも唇にも溶け込むように馴染み、自然な血色感を引き出すことができます。

 

 

自然に顔全体を明るくするのがナチュラルメイクのポイントです。整えられたベースメイク・ナチュラルな目力・血色感を引き出すチーク・リップメイクをマスターし、ぼやけた印象を解消させていきましょう!



関連記事

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!

・ナチュラルメイクでぼやけた印象に…改善すべきポイントはココ!