年齢を重ねても若いときと同じメイクをしている女性って、意外と多いですよね。でもそれだと、あなたの魅力がしっかりと引き出せていないかも。年齢に合ったメイクが女性を輝かせるコツでもあるのです。そこで今回は、大人の女性だからこそ取り入れたいメイクのコツについてご紹介します。

ハイライトを鼻筋に入れて立体感&透明感をUP

 

 

年齢を重ねると気になるポイントが、肌のくすみやたるみ。20代~30代のときと同じメイクでいると、年齢よりも老けて見えるかもしれません。くすみやたるみに向き合い、それをカバーできるメイクをするといいでしょう♡

 

中でもハイライトは、大人の女性にオススメのテクニック。鼻筋にサッとハイライトを入れると立体感が出るため、肌のたるみをカバーしてくれます。

 

また、ほうれい線や目尻の小じわなどの気になるポイントに塗り込むと、くすみやシワを隠してくれるでしょう♡サッとひと塗りするだけで若返りメイクができるので、ぜひ試してみてください。

 

眉は太すぎず細すぎず、かつふんわりと

 

 

若い世代では太めの眉が流行っていますが、それはあえて幼さを演出するところが魅力のメイクなので、大人の女性には不向き。太さは細すぎず、太すぎずがオススメです。

 

また、その書き方にも注目!ペンシルでしっかり書いてしまうとあか抜けない印象になるので、パウダーでふんわり仕上げましょう♡もしヘアカラーが明るめなら、眉カラーもしておくとさらにオシャレな印象に。

 

眉は顔全体のイメージを左右する重要なパーツです。時代と年齢に合った書き方を意識したいですね♪

 

マツエクはナチュラルデザインが◎!

 

 

最近は大人の女性にもマツエクが人気。マスカラやビューラーをしなくても目がパッチリする、女性にうれしい技術です。

 

しかし、そのデザイン次第では勘違いメイクになってしまいます。例えば太いエクステを160本付けた目元は、つけまつげを付けたようなバサバサとした印象。大人の女性にはあまりオススメできません。

 

自分のまつげに近いエクステを、100~120本程度付けるようなナチュラルめデザインだといいですね♡

 

アイシャドウは単色グラデーションが吉♡

 

 

大人の女性は、“清潔感”のあるメイクが大切♡そのため、何色も重ねたグラデーションアイシャドウはオススメできません。ハリのなくなってきた目元は、色を重ねれば重ねるほど汚く見えてしまいます。

 

単色アイシャドウにしてみたり、グラデーションにする場合も同系色でまとめてみてください。一気に清潔感のある目元になるはずです。

 

ローズリップで大人の美しさを演出

 

 

最後に紹介するポイントは、リップ。年齢を重ねるごとに少しずつ唇の色も変わっていく女性も多いため、いつの間にか「いつものリップが似合わなくなった…?」なんてこともあるのです。

 

そこでオススメはローズリップ。くすみ始めた大人の女性の唇に華やかさをプラスしてくれるだけでなく、上品さも演出してくれます。グロスタイプやラメタイプだと光沢感が出て、少しセクシーな印象に。

 

これは大人の女性だからこそ似合う、特別な色です。どんな色が似合うか分からなくなったときには、ぜひ一度、ローズリップを合わせてみてください♡

 

 

大人の女性にオススメしたいメイク方法について紹介してきました。知らず知らずのうちに実はやってしまっていた…という部分もあったかもしれませんね。年齢に合ったメイクは、女性の魅力をまた一段と引き出してくれることでしょう。みなさんもぜひ一度、自分のメイク方法を見直してみて、今の年齢に合ったメイクになっているかチェックしてみてください♡

 

関連記事

・勘違いメイクは痛いだけ!?年齢に合わせたメイクで美人度アップ!

・勘違いメイクは痛いだけ!?年齢に合わせたメイクで美人度アップ!

・勘違いメイクは痛いだけ!?年齢に合わせたメイクで美人度アップ!