美肌になることは全ての女性の憧れですよね。 終わりなき探究心で、日々美肌を手にいれるべく努力している女性も多いかと思います。 ファンデいらずの正真正銘の美肌を手にいれることは難しいですが、メイク方法を少し変えるだけで見違える程肌を綺麗に見せる方法もあるんです!

光を味方につける

 

 

肌が発光しているかのように見せると美肌に見える部分があります。

額、鼻、目の下の頬、顎などは光っているとテカりにも見えるので気をつけなくてはいけませんが、目尻の真下から眉尻の下にかけてのC字部分はツヤを出すと肌が綺麗に見えます。

 

ツヤ肌の作り方はこちらの動画も参考にしてみてください♪

 

 

オススメのアイテムはスティックタイプのハイライトやクリーム状のハイライトクリームです。

適度に油分があるのでツヤを出したい場所にはオススメです。

時間が無い時や、お化粧直しの際に使うのであればパウダータイプのラメなどでも代用できます。

 

毛穴を埋める

 

 

美肌の条件は毛穴レスであることです。

 

毛穴が気になる部分には毛穴用の下地を薄く塗り、その後コンシーラーやクリームファンデーションを上から下へ叩き込むように塗っていきます。

 

この時気をつけたいのが、隠したい毛穴の場所によって微妙に毛穴の角度が違うことです。

毛穴の角度を意識してメイクをすると、より綺麗な仕上がりになるので、毛穴が気になる人は研究してみてくださいね。

 

特別な日は入念なスキンケアを!

 

 

朝の忙しい時間にパックをするのはなかなか難しいかと思いますが、特別な日は朝5分早く起きてパックの時間にあててみませんか?

肌の水分量が多ければ化粧崩れを軽減することができます。

 

手早く低コストでしたい場合は濡らした大きめのコットンに水を含ませて、軽く押さえるようにして水気をある程度切ります。

その後化粧水をまんべんなく垂らし、コットンを割いて顔の気になる部分に3分のせます。

たったこれだけの手間でメイクのノリが驚く程変わりますよ。

 

血行を良くする

 

 

血流が悪ければメイクのノリも悪くなり、顔色も冴えません。

時間に余裕がある場合は朝のスキンケアと同時に電子レンジで作った蒸しタオルを使い首とデコルテを温めます。

こちらもほんの一手間ですが、朝の血のめぐりが悪い人には是非試してみてほしい方法です。

 

引き算ベースメイクが美肌への近道

 

 

綺麗な肌に見せたくて、ついついベースメイクを濃くしてしまう人も多いはずです。

しかし濃いメイクをするということは、それだけ崩れやすいということです。

できるだけ少量のベースメイク用品を使えば、崩れにくくお肌に優しいメイクができます。

 

たくさんコンシーラーなどを使ってしっかりカバーしたい気持ちはわかりますが、本当にそんなにたくさん塗る必要があるのかもう一度見直してみてはいかがでしょう?

 

 

ベースメイクはメイクの行程の中で一番重要な部分とも言えます。

もう一度しっかりと見直して、乾燥の季節を綺麗な肌で乗り切りましょう!

 

関連記事

・ギトギトはNG!!ほどよい濡れ感のウェットヘアを作る方法♪

・日焼け&色黒さんだからこそ似合うとっておきのメイク法♡

・【ウェディングにもおすすめ】意外と簡単!?ひとりでできちゃうフィッシュボーンの編み方