「手の爪はしっかりケアしてるけど、足の爪までは…」という人、けっこういるんじゃないですか?足の爪は手の爪に比べ、水にさらされることも少ないし、ケアしなくても大丈夫そうというイメージがありますよね。しかし、ちゃんとケアしないとのちに爪トラブルに悩まされる危険性もあるんですよ!暖かくなってくると足先の露出も増えてきます。今のうちから、見落としがちな足の爪のケアをしていきましょう!

出典:healthil.jp

 

1.足には汚れがたまりやすい!爪をしっかり洗いましょう


 

出典:rikae-make.jp

 

手は「外出から帰ったら毎回洗う」や「ハンドクリームで保護」という回数が多いため、爪に汚れがたまることは比較的少ないんです。

しかし、足の場合は外出から帰るたびに洗う人ってあまり見ない光景です。

そのため、足や足の爪には汚れが溜まりやすくなってしまいます。

特に爪の間には古くなった角質や垢が溜まる傾向が。

これがのちに「足のニオイ」の原因になってくるんです!

 

足の指をしっかり濡らし、歯ブラシに石鹸をつけてたまには足の爪を丁寧に洗ってみて下さい。

毎日は難しいという場合は3日に1回を目安にしていきましょう。

毎日できなくても、汚れを頻繁に落とすことで、足の汚れの溜まりを防ぐことができます。

 

2.足の爪の間の汚れも要チェック!


 

出典:m-mono.com

 

爪の間にたまった汚れを、爪楊枝でかき出す方法もあります。

この時先端のとがった部分ではなく、爪楊枝の後ろ側を使ってくださいね。

これならお風呂場じゃなくてもケアすることができます。

 

足の下にティッシュを引き、爪の間の汚れをかき出しましょう。

奥の方までつつきすぎると、爪を痛めてしまうので注意してくださいね。

 

3.足の爪切りは入浴後に行います


 

出典:josei-bigaku.jp

 

足の爪は手の爪に比べ、とっても硬いですよね。

入浴して、よく爪を柔らかくしてから切ることをおすすめします。

皮膚や爪が柔らかくなることで、力を込めずに爪が切れるようになるので、深爪などのトラブルを引き起こしにくくなります。

 

この時、爪切りではなく「爪ヤスリ」で整えるのが理想。

しかし、爪が長いと整えにくいので、その時は爪切りを使ってもOKです。

一度にパチン!と切らず少しずつ丁寧に切って行ってくださいね。

 

爪の長さですが、手の爪のように白い部分が少し残る程度でOK。

角をカットしすぎると巻き爪になってしまいますので、軽くカーブを描くように整えていきましょう。

 

4.爪の表面のケアも忘れずに


 

出典:hamarepo.com

 

手の爪では甘皮処理や表面をヤスリで整えている人も多いことでしょう。

このケア、足の爪でもしっかり行ってみてください。

 

甘皮は爪の水分を奪い、ひび割れを引き起こす原因となります。

手の爪のようにケアすることで、ペディキュアいらずのキレイな爪を手に入れることができますよ♪

 

 

出典:weheartit.com

 

足の爪までケアが行き届いていなかったという人も多いはず。

しかし、ちゃんとケアすればとってもキレイな爪が手に入るんです♪

夏は露出が多くなる季節!

夏までに足の爪のケア、始めてみませんか♡



関連記事

・夏ネイルから雰囲気一転!シックな秋ネイルまとめ♡

・【新宿編】ネイルサロンまとめ☆つけ放題メニューを利用してキレイな爪先に♪

・秋冬コーデにピッタリ!大人可愛いアーガイルネイル♡おすすめ20選