ジェルネイル派の女性のみなさん、どのようなアフターケアをしていますか?せっかくお気に入りのジェルネイルをしてもらったのですから、出来るだけキレイな状態を長持ちさせたいですよね。そこで今回は、ジェルネイルのアフターケアをご紹介していきます。実は、適切なアフターケアをすると、ジェルネイルを長持ちさせることができるだけでなく、地爪の健康もキープできるんです。アフターケアをした場合、どのぐらいのジェルネイルを長持ちさせられるのか、そして、さまざまなアフターケアのやり方をピックアップしてみました☆

1.アフターケアでジェルネイルはどのくらい持つの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

ネイルサロンでジェルネイルを施術してもらっている女性は、ネイリストさんから説明を受けたことがあるかもしれませんが、ちゃんとアフターケアをすれば、約3週間キレイなジェルネイルをキープできると言われています。

アフターケアをするとき、自分がネイルモデルさんや手タレさんになった気持ちで行うと、よいアフターケアができますよ♡

 

2.アフターケアのポイントは?


 

出典:jp.pinterest.com

 

アフターケアのポイントは、ずばり2つです。

それは、「ジェルネイルをなるべく水につけないこと」、そして、「爪を乾燥させないこと」です。

ジェルネイルも含めた手全体を大事に扱うように意識すれば間違いないですよね♪

 

3.お皿洗いは手袋をする♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

ジェルネイルは水に弱いため、なるべく水にさらさない工夫が必要です。

お皿洗いをするときには、手袋をして行いましょう。

ゴム手袋をしてお皿洗いをしましょう。

 

また、ゴム手袋で手が荒れてしまう女性は、ビニール手袋でももちろんOKです。

ちなみに、手にハンドクリームを塗ってから綿手袋をして、そのうえにゴム手袋をしてお皿洗いをする方法や、手にハンドクリームを塗ってからポリエチレン手袋をして、そのうえにビニール手袋をする方法は、手の保湿ができるお皿洗いの方法です。

お皿洗いをしている間に、ネイルケアもハンドケアもできますよね♡

 

4.シャンプーブラシを使う☆


 

出典:jp.pinterest.com

 

お風呂のとき、一番注意したいのはシャンプーをするときです。

指先でシャンプーをしようと思うと、どうしてもジェルネイルが傷みやすくなります。

シャンプーブラシを上手に利用しましょう。

また、お風呂に浸かるとき、爪を長くお湯につけないように気をつけるとジェルネイルの持ちがよくなります☆

 

5.定期的に保湿をする♪


 

出典:jp.pinterest.com

 

爪の乾燥を防ぐために、定期的にハンドクリームやネイルオイルで保湿をしてあげましょう。

たとえば、仕事中は、ハンドクリームで手と爪を一緒に保湿して、夜は、ネイルオイルを使って爪のつけ根を軽くマッサージするように保湿をするといいですよ。

ネイルオイルの代わりに、ホホバオイル、オリーブオイル、椿オイルなども使えます♪

 

6.1週間経ったらトップコートを塗る♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

ジェルネイルをして約1週間経ったら、手持ちのトップコートを塗ります。

ツヤが落ちてきたジェルネイルにツヤを出すことができて、なおかつ、少し剥がれ気味になっている箇所があれば、補強もできます。

また、地爪を傷めないための保護にもなります。

長持ちさせるコツですね♡

 

7.缶を爪で開けない☆


 

出典:jp.pinterest.com

 

ネイルをしていると、缶を開けるときにネイルが剥げてしまいそうでこわいですよね。

ジェルネイルも傷ついてしまう恐れがあります。

なるべく缶を開けないようにするか、カンオープナーを持ち歩くと安心ですよ☆


8.伸びてきた爪のケアは爪やすりを使う♪


 

出典:trend-yumeren0411.blog.so-net.ne.jp

 

爪が伸びてきて短くしたいときには、ジェルネイルに負担のかからない方法で爪を短くしましょう。

爪やすりを使って、少しずつ丁寧に形を整えながら短く整えます。

爪切りは、ジェルネイルに負担がかかるのでNGです♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

素敵に指先を飾るジェルネイルの持ちがよくなって、土台となる地爪にも優しいアフターケアは、しっかりやった方がいいですよね。

ぜひ参考にしてください☆



関連記事

・夏のネイルはコレで決まり♡涼しげな夏のモテネイル♡

・シーン・タイプ別のおすすめネイル特集2016

・秋を先取り♡今からでも取り入れられる!要Checkな大人かわいい渋色ネイル