ふとしたタイミングで目に入る指先は、ばっちりお手入れしているに越したことはありません。周りからの目もありますが、それよりも自分のテンションを上げるのにちょっぴり役立ちます。ネイルサロンでの可愛いデザインはもちろんのこと、シンプルなセルフネイルでも自分で時間をかけて分、愛おしく思うものではないでしょうか。

ちょっとした瞬間のときめきのためにも、自宅で簡単にセルフネイルができるようになりたいものですよね。意外とやり方さえ慣れてしまえばできるようになるのがネイルですから、ぜひ覚えていきたいところです。今回は。「ドットネイル」の塗り方についてお話していきたいと思います。(クリアネイル編はこちら)

◆身近にあるものを使ってできるドットネイル

マニキュアのボトルについている筆でドットを描こうと思っても難しいのですが、身近にあるものを使うことで簡単にドットは描くことができます。

・綿棒、ヘアピンなどを使った方法

ドットネイルを始める前に、まずはベースとなるカラーを塗りましょう。そして、綿棒やヘアピンの先の部分を使ってポンポンと点を描いていくだけで、ドットネイルは作ることができます。爪楊枝の先~まち針まで太さも選ぶことができるため、好きな大きさで描いていきましょう。

・ポスカを使った方法

更に簡単なのがポスカを使った方法です。ベースカラーを塗った後、丸を描くというよりもポンポンとペン先をスタンプのようにして小さなドットを描いていくのが上手に描く秘訣です。太さもカラーもたくさんあるため、好きなものを選んでください。

・絆創膏の穴を使った方法

穴の空いている絆創膏をネイルに貼り、上からマニキュアを塗りましょう。乾いたコトを確認してからゆっくり剥がすことで、キレイなドットができあがります。絆創膏の粘着力が強いと剥がす時にドットがよれるため、手の甲などで何度か貼って剥がすことを繰り返してから使ってください。

◆ドットネイルを描くときのポイント

ドットネイルを描くとき、規則的にドットを描くことでキレイな仕上がりになります。閉口の複数の線を左右両方向から引くようにイメージして、等間隔になるようにしましょう。また、ドットの距離を均一にすることで美しいドットネイルを作ることができます。もちろん慣れてきたら、ランダムにドットを配置してもオシャレに仕上がります。

◆アレンジ次第で広がるドットネイル

フレンチやラメなど他のデザインと組み合わせることで、更にドットネイルは楽しむことができます。女の子らしくリボンやお花と合わせて可愛いデザインにしたり、ストライプなどと合わせてモノトーンの大人っぽいデザインにしたり、自由に組み合わせることができます。

更には、ドットを5~6個描いて合わせるとお花になりますし、2つのドットを爪楊枝などで先をつなげるとハートを作ることもできます。アレンジ次第でどんなデザインにも対応できるようになるため、覚えておきたいテクニックの1つがドットネイルなのです。



IMG_6368
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)