こんにちは♪ 暑い日々が続きますが、一般の方より真夏の妊婦さんは暑さ倍増! 汗だくですよね? それでもカワイイ我が子の顔が見られる日を待ち望んでいる日々かと思います♡妊婦さんは様々なものに制限を受けますよね? 運動、食事……お酒やタバコなんて、もってのほか!その中でも、よく「コーヒーはだめ」と言われるのはなぜでしょう? カフェインが胎児に良くない、と聞きますがコーヒー好き、いわゆる『カフェイン中毒者』の方は飲みたいのを我慢するのが本当にツラいですよね? いくらカワイイ我が子のためとはいっても、制限が多すぎる! せめて、代わりになる飲み物はないの? そこで今回は妊婦さんとカフェインについて、お伝えします♡

『カフェイン』が胎児に及ぼす影響とは?


 

出典:free-photos.gatag.net

 

●流産や早産、低出生体重児の原因になる

 

●カフェインの摂取は、妊娠中に不可欠な鉄分の吸収の妨げる原因の1つと言われている

 

●胎児は肝臓の機能が未熟なので、母体を通して入ったカフェインを排出するのに時間がかかる

 

●カフェインは子供が発達障害になる原因の1つという説がある

 

●母体がカフェインを摂取すると血流を妨げるアドレナリンが増え、胎児へ酸素や栄養が行き届きにくくなる

 

カフェインが含まれている飲み物は?


 

出典:free-photos.gatag.net

 

●コーヒー

 

●紅茶

 

●煎茶

 

●玉露

 

●ほうじ茶

 

●抹茶

 

●ウーロン茶

 

●ココア

 

●コーラ

 

●栄養ドリンク(全てに含まれているわけではありません)

 

なぜ『カフェイン』中毒になるの?


 

出典:free-photos.gatag.net

 

毎日必ずコーヒーを飲む方が、急にコーヒーを飲めない環境に陥るとイライラ……

まるでタバコを禁煙している人のようになってしまうのはなぜでしょうか?

 

1:体内に摂取されたカフェインは、小腸から血液内に吸収されます。

 

2:脳にはアデノシンとアデノシン受容体と呼ばれる物質があり、2つの物質は疲労時にくっついて脳の働きを遅くする作用があります。

 

3:このため人間は疲労時に頭が回らなくなり疲れたと感じます。

 

4:しかしカフェインは脳に侵入してしまうので、どんなに疲れてしまっても疲労感を感じられなくなり、エネルギーがあふれてきたと錯覚します。

 

5:カフェインによる覚醒状態は、摂取した人の年齢や身長にもよりますが、通常4~6時間続きます。

 

6:覚醒作用があるカフェインを毎日摂取すると、脳の化学および物理的特性を結果的に変えてしまうことになります。

 

7:カフェインの常用により脳に発生する最も顕著な変化は、脳細胞が収まるべき受容器を奪われたアデノシンの数に合わせるためにより多くのアデノシン受容器を生成することです。

 

8:このため、カフェインを頻繁に摂取している人は多く生成されたアデノシン受容器をブロックするためにより多くのカフェインを取らないと望むような覚醒作用を得られなくなります。

 

こうしてカフェインを摂取しないとイライラする『中毒』になります

 

「私、カフェイン中毒!」という妊婦さんへ


 

出典:weheartit.com

 

辛いでしょうが耐えてください……というのも酷なので、カフェインは含まれていないけど気分転換が出来る飲み物をご紹介します♡

 

●たんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)

見た目の色や風味がコーヒーに近いので、カフェインが入っていると勘違いされる人も居られますが、カフェインは含まれていないノンカフェインの飲み物です。

 

●黒豆茶

黒豆に含まれる大豆イソフラボン・アントシアニン・ サポニン・ レシチン・ビタミンEなど豊富な栄養素を含んでおり、健康効果や美容効果が期待できます。

 

●杜仲茶

杜仲は古くから中国において不老長寿の生薬として利用されている植物で、さまざまな健康効果が見込めると考えられています。

 

●ルイボスティー

南アフリカを原産とするルイボスという植物を原料として作られたノンカフェインの健康茶で、古くからヨーロッパ各国でもハーブティーの一種として飲まれています。

 

夏の家庭には必ずある『麦茶』にもカフェインは含まれていないので安心して飲んでくださいね♪

 

さいごに


 

出典:weheartit.com

 

いかがでしたか?

 

妊娠前までコーヒーや紅茶、チョコレートが大好きだった方は、我慢するのが辛いかもしれません。ですが、我慢ができずに摂取し続けて万が一、我が子が発達障害などになったら……

 

原因はカフェインとは限りません。

しかし「あの時期、カフェインいっぱい飲んだのが原因なのでは……」と、自分自身を責めて辛い思いをするのは、あなたです。

 

「カフェインが含まれているのを知らずに、うっかり少し飲んでしまった」程度なら影響は、ほぼないと言われています。

なので、あまり神経質になりすぎないでくださいね。

 

カフェイン以外にも制限されることが多い妊婦さん。

ですが、あと少しでカワイイ我が子と会えますよ♡

それまで笑顔でがんばってくださいね♪



関連記事

・シーン・タイプ別のおすすめネイル特集2016

・【渋谷編】おすすめネイルサロン特集♪可愛いネイルをプチプラで☆

・とろけるジューシーカラー♡夏のネイルはシロップネイルが可愛い♡