ネイルというと、フレンチやドット等、ちょっと凝ったデザインを思い浮かべる事が多いですよね。 もちろん、定番デザインも素敵なのですが、やっぱり押さえておきたい最も基本のデザインが通称「ベタ塗り」とも言われる「単色ネイル」。 これがキレイに出来てこそ、他のデザインも美しく仕上がるのです! そこで、今回は単色ネイル特集☆最も基本的なネイルのいろはから、オシャレで素敵な単色ネイルのデザインまでご紹介していきます。 ネイルジプシーになってしまっていたら、一度初心に戻るのも1つの手です。是非ご一読くださいね。

まずは見直そう!単色だから手抜きNGな「ネイルの塗り方」


 

1.下準備となる自爪の手入れは丁寧に

 

出典:jp.pinterest.com

 

ネイルカラーを塗る際に、この下準備となる爪の手入れを怠ってしまうと、いくら塗るテクニックが上達したり、慣れてキレイに塗れるようになったとしても、思い通りの色合いやツヤ、持ちを維持する事はできません。

爪の形を自分の好きな形に整える事は割とネイル好きな女子ならやっていると思います。

 

問題は「爪を磨く(バッフィング)」の部分です。

爪の表面を磨いて凹凸を無くしておく事は、ネイルカラーを均等に塗る為にも重要な部分。

最後にシャイナーと呼ばれるヤスリで光沢を出しておけば万全。

少し面倒かもしれませんが、この「一手間」が大切です。

キレイなネイルを保つ為にも、是非習慣にしましょう。

 

2.ネイルカラー(ポリッシュ)の量をしっかり調節

 

出典:hadalove.jp

 

ネイルカラーのフタに付いているハケをそのまま取り出し、塗ったりしていませんか?

出しただけの量ではほぼ間違い無く量が多すぎ、どんな塗り方をしてもはみ出してしまいます。

1回の量の目安としては、ハケの「片面」にしずくのように溜まっていればOK。

一度ボトルからハケを出したら、ビンに接している面を90度まで曲げる勢いでしごき、余計な液体をここで落としてしまいましょう。

塗るのはしごいていない方の面。適量で力を入れず、滑らせるぐらいの感覚で塗っていくと思ったよりキレイに塗れますよ。

 

3.最後におさらい!ネイルを塗る「順番」

 

出典:hadalove.jp

 

「え、そんなのあるの?」と思ってしまう方、要注意です。この部分も間違った知識や知らないまま端から塗っていると確実にはみ出したり、塗りムラができる原因となります。

 

基本は塗りにくい利き手の小指から順に。

右が利き手の場合は左手よりも先に右手を塗っておきましょう。

どうしても利き手じゃない手を塗ってしまいたくなりますが、後々塗り終わった手を気にしながらもう片方の手を塗るというのは、かなり神経を使う上、ちょっとした動きであっという間に取れてしまいます。

 

また、爪の中で塗る順番にも注意。

基本的には中心→左→右で塗っていくのがベターです。

途中で継ぎ足さず、一気に塗りきってしまうのもポイント。

この部分の量は爪の広さによって個人差がありますので、何度か塗りながら適切な量を覚えていって下さいね。

 

 これぞ「大人女子」の極み♡美的単色ヌードカラー


 

出典:jp.pinterest.com

 

シンプルだからこそ、美しい。シンプルだからこそ、「大人の女性」。

それを最も簡単に表現できるのが、ヌードカラーの単色ネイル。

柔らかいツヤと自然な立体感が、「指先までのオシャレ」を控えめながらしっかり表現。

男女問わず人気のある鉄板デザインです。

 

出典:jp.pinterest.com

 

少しベージュがかったヌードカラー。

こちらは少しだけ、秋の気配を感じさせるカラーリングですね。

これからの季節は、毎年ブラウンやボルドー等のこっくり系カラーが流行します。

少しブラウンに近づけるだけでも、秋ファッションやメイクに合わせやすくなりますので、1本持って置くととても便利なカラーとして活躍してくれますよ。

 

 アクセントは「ほんの少し」が素敵。2色使いの単色ネイル


 

出典:jp.pinterest.com

 

少しだけ「抜け感」が欲しい、アクセントが欲しいと思ったら「外し」の指を1本作るだけでグッとオシャレ感がアップします。

シンプルな単色ネイルの場合は、外しのカラーもできるだけ同系色でまとめるのがベスト。

違和感無く馴染みながら、指先のインパクトも抜群のデザインになりますよ♪

 

出典:jp.pinterest.com

 

こちらも同系色の2色使い。

一見するとランダムに見えますが、ある一定の法則がきちんとあるのがおわかりいただけますでしょうか?

互いの指のカラーを敢えて逆にしての2色使い。

小粋なオシャレネイルです!

 

柔らかいベージュと少し濃い目のオレンジ。

肌馴染みの良いカラーリングでまとめているので、ファッションやメイクを気にする事なく使えるデザインです。

単色使いは他のオシャレと喧嘩しないのも大きなメリット。素敵に使いこなしていきたいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

シンプルだからこそ可愛い、最も基本だからこそしっかり使いこなすと美しい「単色ネイル」。

是非この機会に見直してみてくださいね。



関連記事

・○○と○○の組み合わせ!?遊び心で魅せる、左右非対称なワザありネイル5選

・海外で流行ってる!?オリーブオイルを用いたネイルケアの方法

・肌にツヤと上品さを♡美肌になれるハイライターはどれ?