ネイル売り場やお友達のネイルカラーを見てかわいい!と思って買ってみたけれど、なんだか私には似合わない…と思った経験はありませんか。 それは、もしかして肌の色とネイルカラーが合わなかったからかもしれません。 個々の肌色は千差万別。自分の肌の色に似合うネイルカラーを見つけて、手先までもっときれいに見せましょう♡ 自分の肌色の見分け方と、似合うネイルカラーをご紹介致します。

自分の肌色ってどんな色なの?


 

出典:www.instagram.com

 

ネイルを購入する際は、自分の塗ってみたいカラーや好きなカラーで選ぶ方が多いのではないでしょうか。

 

塗ってみたけれどなんだかしっくりこないときは自分の肌色と合うカラーを選ぶ事で、指が長く見えたり手をきれいに見せる事ができるんですよ♡

逆に肌色に合わないカラーをのせると手がくすんで見えたり、爪だけ浮いた感じがしてしまうことも…。

 

でも自分の肌色ってどんな色なのでしょう。

意識したことがない方も多いのではないでしょうか。

 

顔の肌色は、オークル系を基本としてイエロー系かピンク系、明るい暗い色に分かれますがですが、手の肌色は黄色みがかった色か、青みがかったピンク色に分かれます。

 

わかりにくい場合は、ゴールドのアクセサリーが似合うのか、シルバーのアクセサリーが似合うのかで判断することもできます。

ゴールドのアクセサリーが似合う肌は黄色みがかった色。

シルバー系のアクセサリーが似合う肌は青みがかったピンク色だといえます。

 

自分の手の肌色はわかりましたか。

 

黄色味がかった肌色の方はあたたかいウォームカラーが似合います♡


 

出典:www.instagram.com

 

黄色みがかった肌色の方は、オークル系、クリーム系と言われる「ウォーム系の肌」だといえます。

ネイルのカラーもあたたかみのある暖色系のウォームカラーをネイルにのせるととても馴染みが良く、手の色がきれいに見せてくれる効果があります。

 

・レッド

 

出典:www.instagram.com

 

ウォームカラーの代表ともいえるレッドですが、トマトのような赤や、レンガ色、オレンジがかった赤やコーラルレッドなどがウォームカラーに属し、青みや紫みを感じる赤色はクールカラーに属します。

 

黄色みが方肌色の方は、ウォームカラーのレッドを選びましょう。

 

・オレンジ

 

出典:www.instagram.com

 

オレンジの実のようなあたたかさと感じるカラー、オレンジ色。

鮮やかなウォームカラーのオレンジは太陽をイメージさせ、元気な印象をあたえてくれます。

 

オレンジ一色だと派手すぎるかなという方は、グラデ―ションにしたり、フィルムやホログラムをはってアクセントをつけるのがおすすめです。

 

・サーモンピンク

 

出典:www.instagram.com

 

サーモンピンクとは、その名の通り焼いたサケの身のようなピンク色をさします。

オレンジがかったサーモンピンクもウォームカラーに属します。

 

甘くてかわいいカラーなので、オフィスでも上品に決まりますね。

 

・ラメやストーンをのせるときはゴールド系がおすすめ!

 

出典:www.instagram.com

 

パーティーやイベントなどで少し派手にネイルを仕上げたいときはラメをのせるのがおすすめです。

派手なイメージがあるゴールドラメですが、黄色みがかったウォーム系の肌によくなじみ、手をすっきりときれいに見せてくれるカラーです。

 

青みがかった肌色の方は涼しいクールカラーが似合います♡


 

出典:www.instagram.com

 

青みがかったピンクみを感じる肌は「クール系の肌」だといえます。

同じく冷たさを感じさせる寒色系のクールカラーをネイルにのせると馴染みが良く、手の色をきれいに見せてくれる効果があります。

 

・ワインレッド

 

出典:www.instagram.com

 

赤でもワインレッドなど赤紫色の深く濃いレッドは、クールカラーに属します。

少しレトロで上品なおしゃれカラーです。

 

落ち着いたカラーなので派手になりすぎる心配がなく大人っぽく仕上げることができます。

 

・ローズピンク

 

出典:www.instagram.com

 

バラの花のような紫みを帯びたピンクをさす、ローズピンク。

青みや紫みを感じる色はクールカラーに属します。

 

薬指のだいだいマーブルがアクセントになっていておしゃれですね。

 

・レモンイエロー

 

出典:www.instagram.com

 

熟したレモンの皮のような黄色をさす、レモンイエロー。

レモンイエローは、少し緑よりな冷たさを感じるので黄色の中でもクールタイプに属します。

 

ライムなど酸っぱい果実を思わせる涼しい色がクールカラーともいえます。

 

・ラメやストーンをのせるときはシルバー系がおすすめ!

 

出典:www.instagram.com

 

青みがかった肌の方がラメやストーンをのせるときは、シルバー系をチョイスするととても馴染みがよくなります。

手をすっきりときれいに見せてくれることができるんですよ。

 

 

あなたの肌色に合ったネイルカラーをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

自分の肌がウォームタイプかクールタイプなのかをまず見極めて、タイプと同じカラーのネイルを選びましょう。

手だけではなくて、洋服選びもウォーム系、クール系で選ぶと自分をもっと素敵に見せてくれますよ♡

自分の肌にぴったりのネイルカラーをのせて、よりきれいな手を目指しましょうね。



関連記事

・そろそろネイルも衣替えしませんか♡洋服に合わせた冬ネイル特集!

・美しい夜景にそっと寄り添う♡指先に明かりが灯ったような「イルミネーションネイル」特集♡

・いつものハンドケア&ネイルケアに少しプラスで女子力アップ!