夏の終わりから秋の始まりを感じる9月となりました。今の季節、ファッションはもちろん、ネイルデザインにもちょっと悩んでしまう時期でもあります。 真夏のようなネイルデザインではちょっと違和感があるし、かといって秋本番のようなネイルも早い気がする・・・そんな悩みを一掃してくれるのが、今回ご紹介する「クラッシュシェルネイル」!夏の雰囲気を残しながらも多種多様なネイルデザインで、秋への架け橋となる素敵なアイテムなんです! 今回はセルフでも楽しめるクラッシュシェルネイルの方法とオススメネイルデザインをご紹介していきます。 是非最後までご一読いただき、参考にしてみて下さいね。

シェル=貝の形だけじゃない!秋からは「クラッシュシェル」が素敵


 

出典:up.myreco.me

ちか@5chi_ka

 

一般的に「シェルネイル」といえば、貝の形をデザインしたネイルが有名。

夏の定番デザインとして定着していますね。

 

しかし、ここ最近の「シェルネイル」は季節を問わず使えるようになってきました!

それが「クラッシュシェルネイル」と呼ばれるデザインです。

 

「クラッシュシェル」とは、文字通り貝を細かく砕いたようなアイテムで、貝殻のテクスチャーや雰囲気だけを残したもの。

シールやストーンと同じように、ネイルに埋め込むことで、絶妙な色合いと、ストーンとはまた違った柔らかく輝くデザインを楽しめちゃいます☆

 

近年では100円ショップでも販売されており、かなり身近なネイルアイテムとして定着してきています。

夏から秋にかけてのネイルデザインとして、愛用していきたいですね。

 

セルフでもOK♪簡単「クラッシュシェル」のデザイン方法


 

1.ベースカラーをキレイに塗ってしっかり乾かしておく

 

 

 

ベースカラーまでは、通常のネイルカラーと同じ塗り方です。

好みのカラーをキレイに塗っておきましょう。秋らしくブラウンやボルドーを使っても素敵ですし、上品にホワイト系のベースカラーでもよく映えてきます。

 

塗りムラやまだ乾ききっていないところにクラッシュシェルを乗せてしまうと、ヨレやベースカラーが落ちる原因となってしまいますので、しっかり乾かしておきましょう。

 

速乾性のネイルカラーや乾かすスピードを速めてくれるクイックドライオイルを活用していくと待っている時間の短縮になりますよ。

 

 

2.スティックにベースコートとクラッシュシェルを付け、ネイルに乗せていく

 

出典:up.myreco.me

mami@mami__nail

 

アルミホイル等にベースコートを少量垂らし、接着剤代わりに使いながら、クラッシュシェルをネイルに乗せていきます。

 

爪先に乗せればフレンチネイル風に、中心や左右に乗せてもインパクト十分。

お好みで大丈夫です。

 

注意して欲しいのは、乗せている時に角度を変えながらクラッシュシェルの「浮き」がないかどうかをしっかりチェックして下さい。

浮いたまま完成させてしまうと、トップコートを塗った後でもその浮いた状態がそのまま残ってしまい、服に引っかけて傷つけてしまったり、デザイン自体が取れてしまう原因になります。

ウッドスティックでちょっと押しつけながら乗せていきましょう。

 

 

3.トップコートを塗って、完成☆

 

出典:up.myreco.me

みみ@mimi375mimi

 

浮きがなければ、トップコートを厚めに塗っておきましょう。

クラッシュシェルがトップコートの厚みと均等になるのが理想的です。

 

こちらも最後まで油断せず、時間に余裕を持って乾かします。

最後の仕上げにネイルオイルを塗っておくと、ネイルデザインがキレイに長持ち♪

抜かりなくお手入れしておくと長く楽しめるようになりますよ。

 

今の時期にピッタリ☆オススメシェルネイルデザインをピックアップ!


 

出典:up.myreco.me

みみ@mimi375mimi

 

定番のフレンチネイルに、クラッシュシェルの組み合わせ。

最もベーシックでありながら、遊び心満載のネイルデザインです。

 

もう少し上品さが欲しかったら、爪先のフレンチカラーをもっと細くし、地爪の部分を多く見せると雰囲気が一変。

大人の女性でも愛用できるデザインになりますよ。

 

ホワイトの他にも、これからの季節ならブラウンや深みのあるレッドでもオシャレです♪

気分やファッションに合わせて上手く使いこなしていきましょう。

 

出典:up.myreco.me

森上郁美@ikumimorigami

 

ベージュやピンクといったヌードカラーのアクセントとしても、クラッシュシェルはキレイに映え、素敵なアクセントに♡

 

ヌードカラーだけだとちょっと味気ない・・・そんな時は、クラッシュネイルを左右の指に1つずつ乗せるだけでも、キラキラと輝いて手元が明るく見えてきます。

全部の指に乗せてしまうとうるさく感じてしまいますので、あくまでも品良く、主張しすぎない程度がベストですよ。

 

出典:up.myreco.me

ネイルラブーケ@NaiL_LaBouquet

 

ベースカラーとクラッシュシェルのカラーを合わせると、爪全部に使っても違和感なく使え、統一感も出て自然に馴染んでくれます。

ショートネイルだからこそ使える「大胆さ」を活用して、自分だけのオシャレで可愛いネイルデザインを探してみるのもいいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

シェルネイルもどんどんと進化し、今では夏の終わりから秋へ向けてのモチーフとして定着してきています。

季節を問わないアイテムとして楽しんでいきたいですね。

是非参考にしていただき、これからの季節にクラッシュシェルネイルを楽しんでみて下さいね。

 

関連記事

・短い爪だって諦めないで!ショートネイルオススメデザイン3選

・実はマニキュアで簡単にできちゃう♡セルフでできるグラデーションネイルの作り方

・セルフネイルでも簡単にプロっぽい仕上がりに見せるコツ☆