胡粉(ごふん)ネイルって知っていますか?貝殻由来の胡粉ネイルは、爪に優しい上に、日本絵具店の老舗が販売しているメイドインジャパンのマニキュアなのです。刺激臭もなく、すぐ乾き、発色も良い胡粉ネイルを是非試してみませんか?

胡粉ネイルって?


 

出典:www.cosme.net

 

みなさん、胡粉ネイルってご存知ですか?

胡粉の読み方は「ごふん」といって、貝殻を焼いて作った顔料のことをいいます。

胡粉は、絵具として日本画で使われ、京都の老舗「上羽絵惣」は創業以来ずっと絵具を売り続けています。

 

そして、その上羽絵惣が、胡粉から作ったネイルを発売しており、評判が評判を呼び、百貨店や通販などで飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているそうなのです♪

日本画風の狐の絵があしらわれているパッケージは、一見マニキュアとは思えないようないでたちですが、その実力はおそるべし!

 

貝殻由来のマニキュアなので、嫌なにおいがしないんです。

そして、塗りやすく、乾きやすい。

爪にも優しいこの日本ならではのマニキュアが今アツく、要チェックですよ!

 

豊富な色展開


 

出典:www.instagram.com

 

上羽絵惣さんは、絵具屋さん。

絵具屋さんのマニキュアということで、色のラインナップもとても豊富なのです。

 

そして、日本女子たちの乙女心をくすぐるのが、色の名前!

蘇芳 (すおう)、薔薇色 (ばらいろ)、雲居色(くもいいろ)、緋銅色   (ひどういろ)、雲母桃(きらもも)、艶紅(つやべに)、金雲母撫子(きららなでしこ)…など、美しい日本語の色名がそのままマニキュアの色名になっているのです。

日本人のアイデンティティをくすぐられる素朴で可愛らしいネーミングに、いてもたってもいられませんよね。

 

40色ほどの展開に加え、季節限定シリーズや、本店・WEB限定品も揃っており、コレクター心もくすぐられてしまいます♪

入浴時に被膜をめくって落とせる「輝かシリーズ」は、ワンデイマニキュアとして大好評!

長くマニキュアを塗れない人や、除光液やアルコールで落とすのが苦手な人に大変オススメのラインナップです。

定番の「和色(わいろ)シリーズ」や、「おみかん」「ミントアイス」など、キュートなネーミングの色がそろった「パステルシリーズ」、上品なラメ感のある「きららシリーズ」など、シリーズ展開も多彩なのが嬉しいところです♪

 

また、ガラス製の爪やすりや、オーガニックの除光液、胡粉ネイル用コート剤など、ネイルケア用品も多数揃っていますよ☆

爪に優しい胡粉ネイル、ぜひ試したいですよね。

 

プレゼントにも最適


 

出典:www.instagram.com

 

さて、ご紹介してきました胡粉ネイルですが、1つ1500円前後と小ぶりなマニキュアにしては少々お高めのお値段…!自分ではなかなかたくさん買えないものだからこそ、人に贈るプレゼントにも最適なのです。

 

公式の通販サイトでは、ギフトボックスも用意されています♪

秋冬を先取りしたカラーのセットや、好きな色を3~5色選べるセットなどがありますよ。

爪に優しい除光液や、専用の除去シートとセットになったものや、運気アップカラーシリーズ、人気のカラーシリーズなどのセットもありました。

ぜひ公式通販サイトを覗いてみてくださいね。

 

出典:www.instagram.com

 

なんと、胡粉ネイルの他にも、まるで金箔がちりばめられているようなゴールドのラメが印象的な「宝石リップ」や、12か月の季節の花があしらわれた「恋する珠肌ハンドクリーム」シリーズも展開されています。

宝石リップは口紅がいらないほど発色がよく、こだわりの3色がありました。

ハンドクリームは、ほんのり桜の香りがするそう♪

指先までしっかりとケアしたいですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

爪に優しい胡粉ネイル!

魅力たっぷりでしたね。

京都らしいデザインも可愛くてたくさんほしくなってしまいます。

京都本店の他にも全国で販売されており、通販サイトもありますので、是非とも試してみてくださいね。

 

関連記事

・プリンセスの気品を爪にまとって♡人気のディズニープリンセスネイル特集♡

・【札幌編】おすすめネイルサロンまとめ★安い値段で確かな技術★

・透け感がポイント♪艶やかなシースルーネイル