女子たちの指先のおしゃれとしてすっかり浸透しているジェルネイル。 様々なデザインを楽しめて仕上がりもキレイで長持ちするなど多くのメリットはあるのですが、爪の表面を削らなければならないことで自爪を痛めてしまうというデメリットで、ジェルネイルに抵抗を感じるという声も多く聞かれます。 自爪を削らず痛めることなくジェルネイルを楽しめるパラジェルネイルとは? その噂のパラジェルネイルをご紹介します!

パラジェルの仕組み


shan nail @yoshimi0117a

これまでのジェルは、爪の一番外側の表面を削り、そこでできた溝にジェルを絡めることにより密着させる、という仕組みでした。

 

ジェルのオフする際にも、しっかりとジェルが絡みついている部分はさらに表面を削ることもあり、この表面を削るサンディングを繰り返すことで自爪が薄くなって、更には空気に触れただけでも痛みを感じてしまう場合もあるのです。

 

パラジェルは、このサンディングを行う必要がありません。

では、表面を削らずにどうやって爪にジェルを密着させるのでしょうか?

 

パラジェルは、爪の上で真空状態を作ることで、ジェルを爪に密着させるのです。

例えて言えば吸盤のような仕組みです。

爪を傷めずにジェルを楽しむことが可能になるのです。

 

パラジェルのメリットとデメリット


one/stock.adobe.com

自爪を削る必要のないジェルとしてじわじわと人気になっているパラジェルですが、サンディングが不要というメリット意外にもたくさんの魅力があります。

 

硬化速度が1回に30秒と短いので、施術の時間が短時間で済みます。

ネイルサロンに行くのは楽しいけど忙しくてなかなか時間を裂けないという方も、これまでのジェルより施術時間が短くなるのは助かりますね!

 

また、品質の顔料を使用していて仕上がりの発色がキレイで、変色もしにくく色もちもが抜群です。

 

これだけのメリットが詰まったパラジェルなので、施術には高度な技術が必要になります。

そのため、デメリットとしては従来のジェルより少々高くなってしまうという部分です。

 

デザインも豊富!


託児付きネイルサロンMereMer @meremer_nail

発色がキレイなので、赤などの華やかなカラーのデザインを楽しみたいパラジェル!

託児付きネイルサロンMereMer @meremer_nail

控えめカラーのデザインもキレイです。

変色しにくく水にも強いので水仕事をする方やママにも安心です!

託児付きネイルサロンMereMer @meremer_nail

もちろんフットネイルも可能です!

シックで大人っぽいデザインも素敵ですね。

 

 

ジェルを繰り返し爪の傷みが気になる方や、自爪への負担を最小限にして爪の健康を保ったままでジェルを楽しみたい方にパラジェルはおすすめです!

 

関連記事

・【大人デザイン6選】動画あり♡マニキュア・セルフでできるクリスマスネイル

・サンタネイルがセルフでできる!?簡単可愛いテクニックを大公開♡

・目元もネイルもラメの輝き♡ラメグラデーションを使ったネイルのやり方♡