笑ったときなど、ついつい気になるほうれい線。メイクでカバーするのも難しい場所です。そんなほうれい線は、どうしてできるのでしょう?また、ほうれい線対策のケアはあるのでしょうか?


【ほうれい線ができる原因はさまざま】
乾燥や紫外線ダメージ、加齢によるお肌のたるみなど、ほうれい線ができる要因は様々です。しわやたるみは、顔全体で起こることですが、ほうれい線は頬に厚い脂肪があるために目立ちやすくなります。



【ほうれい線対策ケア】

◆保湿ケア
十分な保湿をこころがけましょう。また、加齢とともにエラスチンやコラーゲンは減少し、しわやたるみの原因となります。エラスチンやコラーゲンの働きを助ける化粧品を使うのも良いでしょう。

◆癖を直す
頬杖えや片側噛みなどは、肌に負担がかかり、たるみやほうれい線の原因となります。

◆生活習慣の見直し
栄養バランスの崩れた食事、睡眠不足、ストレスなどは、お肌の回復力や免疫力を低下させます。生活習慣を見直して、健康なお肌を心がけましょう。


【ほうれい線にはエクササイズやマッサージが効果的】
ほうれい線には、エクササイズやマッサージも効果的です。

ここでは、ほうれい線対策になるエクササイズやマッサージをご紹介します。

◆口内筋のマッサージとエクササイズ
舌を使って口の中をマッサージします。方法は、簡単。歯の表面に沿って舌を動かすだけです。舌を動かすことにより、自然に口の周りの筋肉も動いてエクササイズになります。

◆頬の筋肉を使う
口をすぼめたり、頬を膨らませることによって、頬の筋肉のエクササイズになります。また、日ごろから口角を上げるようにしているのも効果的です。

◆アエイオウと口を動かす
大きく口を開けて「アエイオウ」と口を動かすだけの簡単エクササイズ。声は場所に応じて、出しても出さなくてもOKです。大きく口を開けて、頬の筋肉をたくさん動かしましょう。

◆リラックスマッサージ
美顔のためには、顔の筋肉のコリをほぐして、正しい状態に戻していくことが大切です。
今回ご紹介するのは、リンパのマッサージです。人間の体には、リンパと呼ばれる管があり、体内で発生した老廃物を外に流す働きをしています。リンパを刺激することで、顔の組織を活性化し、新陳代謝を促し、ほうれい線対策を行います。

①あごの部分をプッシュしましょう。両手の中指と薬指を使って優しくプッシュします。ゆっくりと息を吐きながら行います。
②次に、口角をプッシュします。唇の両端を両手の中指と薬指を使って優しくプッシュします。この時も息を吐きながら行います。
③今度は、あごに指を戻します。両手の人差指、中指、薬指を使って優しくあごをプッシュしましょう。あごからスタートし、両側のフェイスラインに沿って耳の付け根まで優しくプッシュしていきましょう。

このマッサージを数回行うようにします。
コツは、力を入れすぎないこと。また、顔の皮膚は薄いのでお肌をこすってはいけません。優しくプッシュしてあげましょう。リンパを流すと老廃物が流れ、血行が良くなり、むくみも取れます。お気に入りのアロマを焚いたり、お気に入りの音楽を聴いたりしながらマッサージを行うとリラックスもできるのでおすすめです。毎日のケアに取り入れてはいかがでしょうか?

sengan

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)