気温の上昇とともに汗ばむ季節になりましたね。これまで乾燥に悩んでいた人も症状が緩和され、肌の状態が良くなったという人が多いのではないでしょうか。
しかし、油断は大敵!夏の肌は、紫外線の影響を強く受けたり、汗をかいたりして想像以上に過酷な状態にあります。特に日焼けすると肌が脱水状態に陥るため、知らず知らずのうちに肌が乾燥しているかもしれません!
また、夏は、べとつくことを敬遠して、油分を避けたスキンケアをする人が多い傾向にあります。しかし、夏こそしっかりと保湿し、水分と油分のバランスをよくすることが秋以降も美肌をキープすることに繋がります。
そこで、今回は、乳液で肌を柔らかく保ち、美肌になる方法をご紹介します。

【乳液で柔らか美肌になる方法】

スキンケアの仕上げには、クリームを使うという人やべとつくのが苦手でジェルを使うという人も多いかもしれませんが、実は、乳液は様々な使い方ができるとても便利なアイテムです。肌を潤わせることはもちろん、汚れを落とすこともできるので1本持っておくと重宝します。それでは、乳液で柔らか美肌になる方法を具体的にご紹介していきましょう。

・洗顔・クレンジングに


乳液に含まれている油分を利用して、顔の汚れやメイクを落とすこともできます。洗顔、クレンジングともにやり方は同じです。手順は下記の通り。

1.
乾いた手のひらに500円玉大程度の乳液を取り、両手を合わせて温めます。
2.
乾いた状態の顔に乳液を優しく、そして、素早くなじませます。
3.汚れやメイクと乳液がよく馴染んだら、軽くティッシュオフします。
4.
ぬるま湯で優しく丁寧に洗い流します。

乾燥肌の人は、特に、夏でも毎朝洗顔料を使用するのはおすすめできません。肌に必要な潤いを奪い、乾燥を促進させる恐れがあるためです。とはいえ、皮脂分泌が活発な20代~40代の肌は、毎日ぬるま湯で洗顔していると、皮脂の汚れが毛穴につまってしまい、ニキビなどの肌トラブルをまねく恐れがあります。そこで、乾燥肌の人に特におすすめなのが、肌の潤いを奪わない形で汚れを落とすことができる乳液洗顔。筆者自身、ほぼ毎日のように乳液洗顔をしていますが、肌の乾燥が緩和され、肌が柔らかくなってきましたよ。

日中の保湿・メイク直しに

日中、メイクをしていても肌が乾燥することありませんか。乾燥の気になる季節に限らず、夏も冷房を使用している関係でオフィスなどは乾燥しがち。その乾燥を緩和しようとミストを多用する人が多いように思いますが、実はこの行為は逆に乾燥をまねくNG行為!水分だけ与えても蒸発してしまい、逆にミストの水が呼び水となって乾燥をまねく恐れがあるのです。ですから、ミストを使う場合は必ずその上から油分を含んだアイテムを使用することが大切です。そういう意味でおすすめなのが、乳液。メイクの上からでも、またミストを使用しなくても肌に塗って乾燥を緩和させる効果が期待できます。

このほか、乳液は、日中のメイク直しにも使用することができます。Tゾーンなど汗や皮脂でひどく崩れてしまったら、乳液で一度落としてしまう方がベスト。乾いた状態の肌になじませ、ティッシュで軽くオフし、また乳液を重ねて保湿しましょう。少し時間をおいてファンデを重ねれば綺麗にお直しすることができますよ。

また、下まぶたに落ちてしまったアイシャドウをふき取るのにも乳液はとても便利。落としたい部分に乳液をなじませ、綿棒かスポンジで優しく拭うと落とすことができるでしょう。ただし、ウォータープルーフのものは完全に落とすことが難しいので、そういった場合は、クレンジング剤が含まれている綿棒などを使用しましょう。

このように乳液は持ち歩くと活躍の機会が多くあります。小さな容器に移しかえ、ポーチに入れておくと重宝しますよ。

ファンデに混ぜて保湿力・透明感アップ

寝不足で化粧のりが悪い時や、透明感のあるナチュラルな美肌を演出したい時におすすめなのが、リキッドやクリームタイプのファンデに乳液を混ぜる方法。乳液の量を調整することで、ツヤ感や保湿力が微妙に変わってきます。自分流にカスタマイズする楽しさを味わいながら調整してください。

・乾燥対策に化粧水とサンドイッチ

肌の乾燥が気になる時は、セミラドやプロテオグリカン、ヒアルロン酸といった保湿有効成分が配合された美容液を使うのが効果的ですが、乳液と化粧水を使って乾燥対策をとることもできます。その方法はとても簡単。化粧水と乳液を交互に重ねていくだけ。肌の状態を見て、浸透していくようなら、何度も重ねていくことが可能です。ただし、重ねる前に前に塗ったアイテムがしっかり肌に浸透したのを見届けてから重ね塗りすることが大切です。化粧水と乳液でサンドイッチした後の肌は、潤ってもっちりとし、柔らかくなりますよ。

今回は、夏を意識した乳液の主な使用法をご紹介しましたが、どの使用法も季節を問わず行うことができるものばかりです。参考にしていただき、皆さんの美活に役立てていただけたら幸いです。





TSU86_shizukugahakanaku-thumb-1000xauto-12495

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)