「私は一生このスキンケア化粧品で良い!」と思っていても、年齢によりお肌は変化していくので、やはり年齢や季節に応じたスキンケア化粧品が一番なのです。
だからといって、毎回毎回スキン化粧品を全て変えるとなると、コストもかかってきてしまいます。またライン使いするにもお肌が強くなければ、一気に変化させるというのは、少し不安を感じてしまいますよね。
皆がいいとしているスキンケア化粧品でも、自分に合わないかもしれない…とか、入っている成分で余計にお肌を傷めつけるかもしれない、季節や年齢に応じて使い分けるのが良いと言うのは、分かっているのだけど、その分色々試さないといけない…そんな事を考えていると、女子はいくらお金があっても足りません。

そして最近では、オーガニック化粧品が人気の的ですが、オーガニック化粧品といっても何が良くて何が悪いのか?なんて分かるわけがありませんよね。
スキンケア化粧品は、びっくりするほどの数が色々な会社から発売されているので、そこから自分に合ったものを探し出すのは一苦労なのです。
ですので今回はオーガニック化粧品の中でも皆さんにご紹介したい「HANAオーガニック」のご紹介をしていきたいと思います。

【天然100% HANAオーガニック】

HANAオーガニックは、原材料をこだわり抜いた商品で、クレンジングからオイルまで全ての商品が天然100%です。無添加と謳っておきながら、抽出剤において添加物を使う化粧品は多いですが、こちらの商品は抽出剤においても石油由来成分を一切使わずに作られているのです。

そして、原材料の全てが植物原料で、その植物たちの栽培方法にもオーガニック栽培を使用しているのです。原材料は有機JAS、エコサート、USDA、BDIHなどの各国のオーガニック認証を受けた信頼できるものを厳選してつかっているのです。

化学肥料や、農薬を使わずに自然のままで育った植物には、貴重なポリフェノールなどのフィトケミカルが豊富に含まれているので、お肌をうちなる輝きを導き出してくれるのです。

そして、一番お肌に悪いとされている防腐剤ですが、スキンケア化粧品は防腐剤が含まれていないと、腐敗していってしまうので、入れなければ商品にならないというのが仕方のない事…だけど、HANAオーガニックで使用されている防腐剤は、大根を醗酵させたレウコノストックダイコン根発酵液や柳の木に含まれる防腐効果用いたサニックスニグラ樹皮エキスなど天然のものだけを使用しているのです。

こちらのHANAオーガニックは、スキンケア化粧品だけではなく、ボディケア用品や、コスメも充実しており、HANAオーガニックを使用している人は、全てライン使いしている人が多いですね。

せっかく、スキンケア化粧品でお肌に負担をかけずに守っているのに、その上のコスメ類でお肌を重たくしてしまっては意味がないと思います。ですので、ライン使いするならば、コスメからスキンケア化粧品まで、お買い求めする方が、お肌の違いを存分に感じられると思います。

そして、気になるコストですが、オーガニック=高い…というイメージが強いですが、このHANAオーガニックは、市販のスキンケア化粧品をライン使いする金額と同等位なので、お財布の負担になる事も無いと思います。

【HANAオーガニックが選ばれるわけとは?】

こちらのスキンケア商品が人気の理由とは、女性の大好きなローズの香りが代表となっているからです。癒し効果のあるローズウォーターを、ふんだんに使ったこのスキンケア商品は、心身ともにリラックスできる相乗効果を感じられるスキンケアとなっております。花の女王と言われているローズは、古くから北欧で美白のために用いられてきました。ローズには抗炎症作用、抗酸化作用がしみ、くすみに働きかけ日中のダメージを回復させる働きがあります 。

HANAオーガニック商品の中でも、1番の人気商品となっているムーンナイトミルクは、このローズの作用が大きく働いており、日中のダメージは回復させてくれるのです。

その他にも、東洋の王冠と呼ばれ女性たちに広く愛されてきた精油、神経系に対してリラックス作用があるイランイラン花油も使われており、興奮を沈める深いリラックス作用に聞く、自律神経の働きを助ける作用があるラベンダー油など、女性にとっては嬉しい花油がたくさん配合されているのです。

そして皮脂に1番近いと言われているバランスオイル椿油も配合されており、皮脂が不足することによって起きるお肌の乾燥を防いでくれるのです。

このようにHANAオーガニックは天然植物由来できており、お肌にとってとても栄養価の高いスキンケア商品となっています。何よりもお肌にとってより良いモノを補給させたいものですよね。
 


72812473eff828c018e14150cb7e0da7_s

       (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)