海やBBQなど、さんさんと輝く太陽の下で楽しいことがいっぱいだった夏。でも……日焼け止めをしっかりと塗って美白対策はばっちりだったのに、汗や洋服の摩擦で落ちて、気付けば真っ黒〜(泣)なんてことありませんか? 華奢で可憐にみえて、男性支持率も高い色白女性。

美白を維持するのは大変なのに、日焼けするのは一瞬。そして美白に戻すのは、これまた大変という、どうして日焼け止めちゃんと塗らなかったの〜(泣)という後悔だらけのもの。

でも諦めるのはまだ早い! 実は普段当たり前に食べている身近な食材に、美白効果を持つものって意外とあるのです。これらの食材を積極的に食卓に取り入れて、美白を取り戻しましょう。

【食事と美白】

日焼けをして紫外線を浴びたあとはメラニンが大量に分泌されていますので、還元作用を持つ成分や代謝を促進する成分をいち早く届けることが大切です。美白効果を持つ基礎化粧品で外側からケアするのと同時に、美白に効果的な食材で内側から栄養を補っていくことで、より効果が高くなります。

◆トマト

トマトの赤い色素成分であるリコピン。抗酸化力が非常に高く、別名「若返りビタミン」とも呼ばれる抗酸化力の高いビタミンEの100倍以上ともいわれています。このリコピンの抗酸化力により、日焼けによって増えたメラニンを抑制。美白作用はもちろん、シワ・たるみから肌を守る美肌作用も持ち合わせています。
海やプールに行って、ついつい日焼けしすぎてしまった日の夕飯は、トマトを贅沢にたっぷり使いましょう。また赤い色素成分であるリコピンは、完熟したトマトほど多くなりますので、真っ赤なトマトをチョイスしてください♪

◆アボカド

まったりとした濃厚な口当たりと、サラダにもトーストにもなんにでもあう味わいは、女子が大好きな食べ物♡近年ではアボカドの美容効果が話題となり、積極的に食卓に取り入れている方も多いのではないでしょうか。実はこのアボカドは、美容効果だけでなく“食べる日焼け止め”として紫外線対策にも有効です。アボカドの持つ抗酸化力が、シミの原因となるメラニンを抑制し、細胞を守ります。

◆アセロラ

美白化粧品に必ずといっていいほど入っているビタミンC。紫外線を浴びるとメラニンが過剰に生産され、透き通るような美しい肌を邪魔するシミやソバカスの原因になります。このメラニンを還元する働きがあるといわれているのが、ビタミンCです。しかし非常に消費されやすく、1度に過剰摂取しても不要なぶんは体外に排出されてしまうので、こまめに摂取することが大切。
アセロラは、身近で手に入る食品のなかでもビタミンCの含有量がNo.1といわれています。スーパーやコンビニなどでも、アセロラドリンクとして手軽に購入することができますので、日焼けをしてしまった〜(泣)と思ったら、日々の飲み物にアセロラを取り入れていきましょう♪

◆ハチミツレモン

ハチミツには美白成分として注目されているL-システインという成分が含まれています。日焼けをして紫外線を浴びると、メラニンが生成されて皮膚が黒くなっていき、さらにシミやソバカスの原因となっていきます。このL-システインとビタミンCを一緒に摂取することで、メラニンを定着させないよう働きかけることができます。
そこでオススメなのが、ハチミツ&ビタミンCが含まれたレモンを使った“ハチミツレモン“。疲れをとるクエン酸の効果も含まれているので、バテやすい夏にもぴったり。レモンをハチミツに漬けるだけのお手軽なものなので、多めにつくり、朝食やおやつ、小腹が空いたときにパクパク食べていきましょう。

美白効果を持つも食品は、同時に美白効果も持っています。美白に命をかけてきた女性にとって日焼けをしてしまったことは気持ちを落ち込ませますが……これをチャンスに以前よりももっと美白&美肌になっていきましょう♡



6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)