“透きとおった白い肌”は女性にとって永遠の憧れです。
しかし実際には、「あぁ、また大人ニキビができた」「毛穴の開きが大きくなった気がする」「ガサガサしている」など日を追うごとに肌の悩みはつきません。化粧をしても“透きとおった白い肌”には、ほど遠い……。

高級なスキンケアを購入したり、サプリメントをたくさん飲んでみたり、いいと言われるものはすべて試しているのに、効果がわからない。
すっぴんでも美しい肌でいるのは永遠に叶わない夢……?

そんなことを考える日々を過ごしてはいませんか。肌の調子が悪いと、自分に自信が持てなかったり、気分を落ち込ませたり、女性にとっては人生レベルでの大問題。
肌は、体の外側・内側からしっかりケアすること、そして心の不調も肌にダイレクトに表れるのでストレスを上手に解消できる生活を送ることが大切です。
今回は、美肌のためにやるべき「7つのこと」をご紹介します。

1:コットンでのパッティングを控える

化粧水を肌に浸透させるときに、コットンを使う方は多いと思います。しかしどんなに上質なコットンを使用しても、目には見えないレベルで肌表面に傷がついてしまいます。せっかく肌に栄養を送るために使っているスキンケアで、肌に傷をつけてしまっては本末転倒。化粧水は自身の手を使用して、優しく浸透させていきましょう。

2:運動をする

運動をすることで血液の循環がよくなり、肌に栄養が行き渡ります。またストレス発散効果もあります。ランニングやヨガ、ストレッチなどで、気持ち良く体を動かしていきましょう。大事なのは“楽しみながら続ける”ということ。逆に運動をすることがストレスになってしまってはよくないので、心がのらないな、という日はお休みしましょう。

3:野菜とフルーツを食べる

忙しく時間に追われていると、ご飯もおざなりになってしまいます。しかし栄養をきちんと摂取することは、肌にとっても最も大切なことの1つ。朝食やおやつにフルーツを食べる、昼食と夕食にサラダをつける、など日々の食生活を意識して改善するだけで肌質は格段にかわってきます。

4:睡眠をしっかりとる

寝る間を惜しんでファッション雑誌を読んだり、スマホで動画を観たり……。睡眠は健康にはもちろん肌にとっても重要です。肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時〜翌2時までしっかり眠れるのが理想です。やりたいことがありすぎて時間に余裕がないという方は、早く寝るぶん、早く起きて、その時間にやるべきことをすませるようにしましょう。

5:出来るだけ化粧は控える

ここ最近では美容効果を持った化粧品も多く出回っていますが、それでも化粧は肌にとって大敵です。女性の身だしなみとされる化粧ですが、出来る限り、化粧をしない日を設けましょう。また日々のメイクも最小限に抑えることで、肌の負担を軽減することができます。厚塗りは避けて、色のついた化粧下地+パウダーなどで軽めに仕上げていきましょう。


6:化粧はきちんと落とす

仕事で残業をした夜、飲んで終電で帰ってきた日など、疲れてしまってそのまま眠ってしまうということは女性なら誰しも経験したことがあるはず。しかし肌にとっては大ダメージ。どんなに疲れていても、化粧を落とす習慣だけはしっかりとつけましょう。

7:タバコ・飲酒・ジャンクフードを控える

肌をボロボロにする原因となるのが、タバコ・飲酒・ジャンクフードなどの嗜好品。クセになってしまうものですが、美肌と健康のためにも量を減らすことからスタートして、最終的には縁を切るようにしましょう。

女性にとって大切な肌。ナチュラルな生活を心がけるだけで、肌質は大きく変わっていきます。健康と美肌は紙一重。自分にとって優しい生活を心がけて、「どこのスキンケア使っているの?」と周りに聞かれるくらい、美しい肌になりましょう!
 

 
 
37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)