女性なら多くの人が悩んだことのあるニキビ。思春期から始まり、20代、30代となった今もニキビに悩んでいる女性は多いようです。ニキビの原因は食生活、ストレス、ホルモンバランス、生活環境とさまざまで対処の仕方も個人によって異なります。また、でき始めから悪化していくまでにも段階があり、段階によって適切な処置も変わってきます。


【白ニキビ】別名:閉鎖面皰。

白ニキビはニキビの初期の段階で、毛穴は閉じたまま皮膚にポツポツと小さな発疹ができている状態のこと。毛穴の中に角質や皮脂が溜まっている状態ですが、毛穴は閉じたままであり初期段階なので、正常な皮膚の色と変わりません。この白ニキビにアクネ菌が繁殖し炎症を起こすと赤ニキビへと悪化するのです。日頃から自分の肌をよく鏡で観察し、白ニキビが出た段階で早めにケアしていくことがニキビを悪化させない1番の近見です。

◆白ニキビのケア方法

基本的に、白ニキビは自然に治るニキビです。ですので、無理に薬を塗ったり潰したりせずに経過をみるのが1番。丁寧に洗顔してしっかりと洗い流し、常に皮膚を清潔に保つように心がけましょう。


【赤ニキビ】別名:丘疹

赤ニキビは、皮膚に赤い発疹がポツポツとできている状態のこと。赤ニキビは皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まり、皮膚に常在する菌である「アクネ桿菌」が増殖し炎症を引き起こすことでおこります。洗顔を丁寧に行い、しっかりと洗い流し、顔を清潔に保つことがなによりも大切です。毛穴の中に溜まった皮脂とアクネ菌が毛穴の壁を壊すほど 膨らむと、多くの場合ニキビ跡になってしまいますので早めのケアが肝心です。

◆赤ニキビのケア方法

赤ニキビは雑菌が繁殖し炎症を起こしている状態。自然回復を待つにはたくさんの時間を要するので、炎症を抑える効果のある化粧水や薬を使用し、症状を抑えていくのが効的です。外的刺激を与えると炎症は悪化してしまうので、洗顔やメイク以外では患部に直接触れないこと、また肌に刺激の強いケアを行わないことが鉄則です。ストレスによりホルモンバランスが崩れ、ニキビが治りにくい原因にもなるので、軽減・規則正しい生活習慣を心がけることも大切です。


【黄ニキビ】別名:膿腫

赤ニキビが更に悪化した状態が黄ニキビ。ニキビが赤く腫れあがって強い炎症を起こし、毛穴が塞がっていることにより毛穴にクリーム色の膿が溜まってしまう状態です。 黄ニキビの悪化により真皮まで傷付くと、炎症が治まった後もニキビ跡やクレーターができてしまう可能性が高いです。クレーターは完全には元通りに治りません。早めのニキビ対策・治療により、黄ニキビの段階まで悪化させないよう日頃のケアをしっかりと行いましょう。

◆黄ニキビのケア方法

黄ニキビは気になるあまり潰してしまう人も多いですが、これは大きな間違いです。

無理やり潰すことにより周りの皮膚組織が大きく傷つき、その修復がより困難になり、大きくて目立つニキビ跡ができてしまうのです。毛穴に溜まった膿は自然に出てくるので、気長にじっとガマンしましょう。

どうしても気になる人は皮膚科受診しましょう。膿だけを乗り除く治療や、菌の繁殖を防ぐ薬など、状態に合った改善策を教えてくれます。化膿した黄ニキビを沈静化させるには、膿を抑える外用薬や抗生物質などの服用がよく効きますが、普段使用しているニキビの薬やビタミン剤では逆効果になることもあります。専門医に相談し、適切な指示を受けましょう。

【黒ニキビ】別名:開放面皰

黒ニキビは開放面皰という名の通り、毛穴が開き、ポツポツとしたニキビがポ黒く見える状態です。 無理に取ろうとして触ったり傷を付けてしまうとニキビ跡になったり、また雑菌により化膿してしまう可能性が高いです。気になる時は皮膚科で相談し、適切な処置を受けましょう。

◆黒ニキビのケア方法

基本的に黒ニキビは、白ニキビが進化・変化する」ことで発生します。つまり、「白ニキビを発生させない」ことが必然的に黒ニキビの予防・改善策になるのです。肌を清潔に保つことが重要です。


自分のニキビが今どの段階にあるのかわかりましたか?原因と適切な対処法を知り、1日でも早いニキビ改善を目指しましょう。


背中ニキビクリーム、ルフィーナ

DI_IMG_5700-thumb-1000xauto-17822

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)