美容皮膚科で人気のフォトフェイシャルをご存知ですか?シミや毛穴、ニキビ跡など、お肌の様々な悩みに積極的に効果をもたらしてくれるフォトフェイシャル。スキンケアではなかなか改善しない肌トラブルを、無かったかのように解決してくれます。フォトフェイシャルは期待していた効果を実感できることから、芸能人や若い女性の間で大人気ですが、実はデメリットがあるという事は知っていましたか?

今回はそんなフォトフェイシャルの、メリットとデメリットのお話です!


美肌ブームの火付け役とも言われるフォトフェイシャルですが、IPLという光を照射し肌トラブルを改善する治療法であり、美容皮膚科や美容外科などの医療機関でのみ受けることができます。

フォトフェイシャルで使用するIPLという光は、通常のレーザーと異なり、波長の幅が広いのが特徴で、複数の肌トラブルを同時に解決する事ができます。通常のレーザーと異なり、お肌に優しい光を照射し肌のターンオーバーを促します。肌の負担を最小限に抑え術後の肌トラブルを軽減します。

美容医療に抵抗がある方でも気軽に治療を受けられます。IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光で、肌に有効な光だけを皮膚に与え、再生を促進してくれます。皮膚に有害な紫外線を特殊なフィルターで遮断しているので、肌トラブルの中でもシミ治療に適しているといわれています。また沈着してしまったメラニン色素に反応するので、正常な組織を傷つけることなく、トラブルを起こしている場所へ重点的に照射することが可能です。


お顔全体に光を当てていくことで、肌本来の機能を呼びさまし、自己再生能力をUPさせます。肌トラブルが改善するだけでなく、ハリ・ツヤ・美白を実感でき、アンチエイジングとして取り入れている医院も多く存在します。

フォトフェイシャルの最大の魅力は、複数の肌のお悩みを同時に解決できるという事!シミ・そばかす、毛細血管が広がって見える赤ら顔、毛穴の開き、細かいしわなど、あらゆる症状に効果を発揮してくれます。安全で有効な光のみを使用するので、お肌を傷つけたりかさぶたになるということもなく施術後も特別なケアは必要ありません。

デメリットとしては効果に個人差があり、場合によっては1回の照射だけでは効果を得られない方もいるという事。フォトフェイシャルは一定の通院期間を要する場合が多く、時間や手間がかかってしまいます。


また、シミ取りなどで使用されるレーザー治療は選択的破壊といって特定の物質、メラニンや血管、水分などのみを破壊するよう計算された光を照射し、壊さなくてよい細胞や水分などを保護する事ができます。一方、フォトフェイシャルは沢山の種類の光を出す事で、総合的に肌のトラブルを改善する事ができますが逆を言えば何でも壊してしまうということです。


安全性を確保するために光を出す時間を長くしたり、出力を低くするなどの調整がされていますが、フェイシャルを続けて行う事で、真皮層にあるコラーゲンやセラミドなどに影響を及ぼす事もあります。表面的にはキレイになってもコラーゲンが攻撃されればタルミの原因に繋がり、フォトフェイシャルで肌がキレイになっても、次はヒアルロン酸注入や、ボトックスなど総合的にカバーし続けなくてはいけません。

しかしフォトフェイシャルというのは、より安全に広く浅く一通りの美白、美肌治療ができる機械と言えます。エステやホームケアではカバー仕切れない肌トラブルに働きかける救世主だといってもよいでしょう。メリット、デメリットを理解した上で、安全かつ安心できるクリニックでの施術をおススメします。


美容は一長一短で、危険性が少ない物は効果を実感するまでに時間がかかったり、早く効果が得られるもの程リスクがあったりするもの。多くのクリニックでの扱われているフェイシャルは、非常に安全性の高いものだと思いますので、美容クリニックへ初めて行かれる方も試してみやすいのではないでしょうか。

自分の力だけではどうしようもなくなった時の最終手段として取り入れてみるのもいいですね。





AI_IMG_7769-thumb-815xauto-12528

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)