クマをコンシーラーで隠す毎日…。 隠すのではなく、きちんと原因を知って改善していきませんか?? 今回は目の下のクマを色別にみていきます♪

 

 

あなたのクマは何色??


 

出典:weheartit.com

 

 

まず、あなたのクマは何色かチェックしてみましょう!

お手元に手鏡などを用意してください♪

 

1.手鏡を持って上を向いたときにクマの色が薄くなった→黒色クマ

 

2.目の下の皮膚を伸ばしてもクマが薄くならない→茶色クマ

 

3.目の下の皮膚を伸ばすと少し色が薄くなる→青色クマ

 

自分のクマの色は分かりましたか・・・??

 

色ごとのクマの原因


 

出典:jp.pinterest.com

 

 

①黒色クマ

 

このクマの主な原因は下まぶたのたるみが原因です。

たるみやシワが目元に影を作り、結果としてそれがクマのように見えてしまうのです・・・。

このクマは加齢によるものがほとんどなのですが 急激なダイエットが原因の場合もあります。

 

②茶色クマ

 

このクマの主な原因は目をこすったりして起こる皮膚への刺激や、アイメイクがきちんと落ちていないことによる化粧品の色素沈着によるものです。

 

③青色クマ

 

このクマの主な原因は血行不良によるものです。

睡眠不足やストレスなどで、目の下の血行が悪くなり血液が溜まり、結果として青黒く見えてしまいます。

低体温や、PCやスマホの使い過ぎ、運動不足、喫煙が原因となっていることがあります。

 

クマの色ごとの対処法


 

出典:weheartit.com

 

①黒色クマ

 

加齢によるたるみが主な原因なので目元の保湿が重要です。

皮膚が乾燥することで小じわが増えると、クマがさらに濃く見えてしまいます・・・。

また、たるみは表情筋を鍛えることで改善されるので、表情筋を鍛えましょう♪

 

②茶色クマ

 

当たり前のことですが、目のまわりをこすらないことです。

目がかゆい場合はこする前に目薬などをさして、こすらないように心がけましょう!

 

またアイメイクのクレンジングは、専用のリムーバーでしっかり落とすことをオススメします。

顔全体と一緒のクレンジングで落とすだけではアイメイクは十分には落ち切らず、結局クマを作ってしまうことになってしまいます。

 

リムーバーをたっぷり含ませたコットンを目にあててしばらくおいてから、こすらずに、やさしく拭き取ります。

ここでゴシゴシをこすらないように気を付けてくださいね!

 

③青色クマ

 

まずは、目のまわりの血行をよくすることが大切です。

蒸しタオルやホットアイマスクで目のまわりを温めたり、目の凝りをほぐしてあげることが1番の近道です!

冷えもこのクマにはよくないので、目元だけではなく、体全体を温めるようにするといいですね!

 

 

いかがでしたか?

クマを隠すのではなく、クマを直してすっぴんでもきれいな目元になりましょう♡



関連記事

・愛される!表情美人になれる簡単なケア方法

・キスしたくなる唇へ♡自宅で簡単!プルプル潤うリップパック方法 5選

・LUSHのフレッシュフェイスマスクがすごい!自分に合ったパックで楽しくスキンケア♪