お花見にピクニック・・ 日差しが暖かくなり、お日様の光をさんさんと浴びたくなる季節がやってきました。 だけど、ちょっと待って! 春の紫外線は9月と同じくらいの威力があるんです。 美肌の為にしっかり今からケアを始めましょう♪

出典:weheartit.com

 

驚愕!春の紫外線量は夏より多い!


 

出典:ameblo.jp

 

1年で一番紫外線が多い季節は夏?いいえ、実は夏ではないのです。

紫外線には2種類ある事をご存知ですか?

 

・地上へ届く紫外線の5%ほどのUVB

・地上へ届く紫外線の95%がUVA

 

このUVAが肌の奥の真皮まで届き、肌へのダメージを与える紫外線なのです。

そしてUVAがピークを迎えるのが4月~8月。春が一番強いのです!

また、UVAは窓ガラスも通過して届く紫外線。家の中にいるからといって油断は出来ません。

 

美肌の元は高級スキンケアよりも日々のUVケア!


 

出典:googirl.jp

 

目に見える肌へのダメージは日々の蓄積によるもの。

ダメージを受けてしまった肌をいくら高級なスキンケアで補っても

お金が掛かるばかりで効果は出るのに長い期間が掛かるのが現状です。

そうなる前に、毎日のひと手間で肌へのダメージを防ぎましょう!

 

春のUVケア、どうする?


 

・まずは保湿をしっかりと!

 

出典:antiaging.akicomp.com

 

冬が明けたばかりの春の肌は花粉症や急激な紫外線の増加で敏感になっています。

赤みが出たり冬より乾燥したり、トラブルが起こりやすくなっている状態です。

 

冬は乾燥を意識してこってりとスキンケアをしていた方でも、春になると軽めな物に替える方が多いのではないでしょうか?

軽めのアイテムにチェンジしても、保湿はしっかりと丁寧に。

肌にしみ込むように両手で押しこんであげましょう。

 

 

メイク時には日焼け止めやUVカット入りの下地を必ず!

 

出典:openers.jp

 

普段のメイクで下地を塗ってファンデーションという工程をしている方が多いと思います。

ここの下地をUVカットの物にチェンジするか、日焼け止めを塗りましょう。

 

SPFやPAの強い物は効果はありますが肌への負担も大きいもの。

SPF15~25くらいの物を使うのがオススメです。

もちろん、軽めの日焼け止めに下地もUVカット入りの物を選べば、よりよい効果を期待できます。

 

・色つき日焼け止めはベースメイクの途中で塗る!

 

出典:www.laroche-posay.jp

 

日焼け止めを使うと白浮きが気になる・・という方には色つきの日焼け止めがオススメです。

コントロールカラーやハイライトの後に顔全体と首に押しつけるように塗るのがポイント。

不自然にならずに肌を均一に整えてくれるので、軽いメイクの時にはここまでやれば

ファンデいらずですよ♪

 

 

正確には、UVケアは「1年365日」行っても良いものですが、そうもいかないのが乙女心・・・

ここはこの春からしっかりとUVケアをして、暖かい日差しのもとに飛び出しましょう♡



関連記事

・話題のBOTANISTから化粧水&乳液が新登場!

・誰でも簡単にできる♡透明感のある肌になる3つの方法

・顔のむくみを取って小顔になりましょう!!