洗いすぎは肌内部の潤いが奪われて、カサカサしたり突っ張ったりします。古い角質や毛穴の汚れが残るとくすみやベタつき、吹き出物のもとになります。理想は、肌表面の汚れが落ちて、内部の潤いが守られた洗い上がり。触れるとしっとりすべすべした感じでしょうか。美肌になるための正しい洗顔方法を知って、スキンケアの効果を高めましょう。

出典:hadalove.jp

 

基本の洗顔とは


出典:www.mutenka-sekken.com

 

まず顔をぬらし、洗顔料を泡立て、皮脂分泌が多く汚れやすいTゾーン(額と鼻)から、あごにかけて洗います。

指全体で軽くらせんを描くようにし、力は入れないこと。

 

手のひらを当てて上下にごしごし動かす洗い方は、細かい部分の汚れが取れません。

また、肌をたるませるもとですから、絶対にやめましょう!

 

洗顔はていねいに


 

最初に汚れを落ちやすくするため、ぬるま湯で洗い、毛穴を開かせます。

水だと毛穴が閉じてしまい、熱過ぎると肌を傷めシワの原因にもなります。

 

次に、洗顔料を手で泡立て、泡のクッションで顔の汚れを包み込むように洗います。

指先に力を入れないよう注意しましょう。

 

そして、毛穴の黒ずみが気になる小鼻の周りやTゾーン、あごの部分は特に丁寧に洗っていきます。

 

 

出典:jp.pinterest.com

 

 

すすぎもぬるま湯で行いましょう。

指の力を入れないよう注意しながら、パシャ、パシャと顔に当てるようにして完全に洗顔料を洗い流します。

 

最後に、清潔なタオルを顔に置くようにして、水気を吸い取ります。

決してお肌をこすってはいけません!

特に敏感肌の人は注意が必要です。

 

より効果的な洗い方


 

次のような手順を付け加えるととより効果的です。

1.洗顔料を泡立てネットなどでしっかり泡立てます。

 

2.泡で顔全体を包み込み、手のひらで約1分間やさしくマッサージします。

手の動きは内側から外側に。

顔と手のひらの間に常に泡があることを意識しましょう。

 

3.ぬるま湯ですすぎます(10~20回)。

顔に手のひらが当たらないよう、軽くぬるま湯をかけるようなイメージで。

 

 

 
 

 

 

毎日のスキンケアは美肌への第一歩です。

肌が喜ぶ洗顔&クレンジングを習慣にしましょう。



関連記事

・錦糸町エステサロン特集☆肌のハリ・ツヤUPで目指せ肌美人♪

・美白ケアアイテムをただ使うだけじゃもったいない!効力を更にUPさせる方法

・雑誌でよく見るワード「ブースター」!スキンケアに取り入れたくなる効果とは?