お肌のために、毎日欠かさず化粧水や乳液をつけて保湿させるのは当たりまえ。 ですが、その化粧水・乳液の付け方は本当に合っていますか? せっかく高いものを買ったのに、実はお肌に全然浸透していなかった…なんて、とってももったいないですよね。 今回は、化粧水・乳液がよりお肌に浸透するつけかたのコツを4つご紹介します!

1.メイクをしっかり落とす


 

出典:jp.pinterest.com

 

メイクがお肌に残ったままでは、化粧水や乳液の浸透性が確実にダウンしてしまいます。

そのためにも、クレンジングは必須。

メイク用品に含まれる油分は、32度以上になると溶け出すのです。

ですから、クレンジング料を手のひらで温めて、人肌程度の温度にしてからお肌にしっかりなじませ化粧落としを行ないましょう。

もちろんクレンジングもしっかり落とすように。

 

2.化粧水・乳液を手のひらで温める


 

出典:jp.pinterest.com

 

化粧水をしっかり浸透させるには、お肌を冷やさないようにするのがポイント。

冷えると肌の細胞の働きが低下し、化粧水や乳液が浸透しなくなる原因に。

なので、付ける前に清潔な手のひらで化粧水を温めてから、やさしくハンドプレスするように化粧水を肌の奥まで浸透させてあげましょう。

 

3.つけるタイミングは洗顔後すぐ!


 

出典:jp.pinterest.com

 

化粧水や乳液をつけるタイミングは、洗顔後はやければはやいほど良いとされています。

洗顔後のお肌は水分や油分が洗い流され、すっきりとした状態。

このまま放置しておくと、肌は油分が足りないと勘違いし、テカテカと脂が浮いてきてしまうのです。

お肌に一番水分が足りていない、そして一番清潔な状態である洗顔後すぐのタイミングで化粧水や乳液を付けることで、より浸透力が高まるのです。

 

4.無駄な角質は除去する


 

出典:jp.pinterest.com

 

無理に角質を除去しようとすると、かえってお肌がでこぼこになってしまうように思われがちですが、要らない角質はしっかり除去し、そこに化粧水を浸透させてあげることでお肌が引き締まるのです。

角質の落とし方はピーリングでも構いませんが、お肌を傷つけてしまう可能性があるので、AHA入りの洗顔料などがオススメ。

洗顔で優しく角質を落としてあげれば、化粧水・乳液はより浸透しやすくなりますよ。

 

 

いかがでしたか?

化粧水・乳液をより浸透させるためには、つけるタイミングや温度、肌の状態などにポイントがあることをご紹介しました。

しっかりとお肌に化粧水・乳液を浸透させて、十分に水分を含んだぷるぷるお肌を目指しましょう!



関連記事

・2016年上半期!本当にオススメの基礎化粧品はコレ【クリーム編】

・とろけるような美肌へ♡塗っても食べてもキレイになるはちみつ美容!

・そのやり方は逆効果!やりがちなNG毛穴ケア