長年愛用していた化粧品が突然肌に合わなくなった。こんな経験をお持ちの方もたくさんいるはずです。年齢に伴うホルモンバランスの変化、環境や気候の変化など、あらゆることが原因で肌のバランスが崩れることがあるんです。使ってた化粧品が肌に合わなくなった時の対処法をご紹介いたしましょう。

1.なぜ起こる?突然化粧品が合わなくなる原因


 

出典:weheartit.com

 

若い頃からずっと同じ化粧品を使い続けているという人もいますよね。

長年の愛用品なのに、使うたびに肌荒れを起こすようになってしまった…。

そんな突然の肌トラブルの原因は様々です。

 

「体調不良による一時的なものや環境や気候の変化によるもの。

普段の生活のストレスから肌質が変わってしまった。

偏った食生活や無理なダイエットを続け、肌の栄養分が足りなくなり、どんな化粧品も合わなくなってしまった。

化粧品に含まれる有害成分が肌に蓄積され、ある日突然アレルギー反応を引き起こされてしまった」など。

原因をあげれば、数限りない例が取り上げられます。

 

若い頃は肌の代謝が良いため、化粧品に含まれる有害成分も排泄することができました。

体調の変化や気候の変化にも肌が動じることはありませんでした。

しかし、年齢を重ねるうちに、デトックス作用も低下し、余分な成分を排泄することができなくなってしまうのです。

 

肌に化粧品が合わなくなってしまったら、一体どのような処置をとればよいのでしょうか。

 

2.肌を休める


 

出典:www.instagram.com

 

まずは肌を落ち着かせる、肌を休めることが大切です。

無理に同じ化粧品を使うのはもちろんNG。

とりあえず良いと言われるものをなんでも使うのもNGです。

 

肌トラブルが引き起こされているうちは、何を塗っても肌が過敏に反応してしまいます。

できるならば「肌断食」をして、肌に一切化粧品を使用しない期間を作ってください。

肌断食は化粧水や乳液などのスキンケアも断つやり方です。

初めのうちは化粧水・乳液が使えないので肌がピリピリすることもありますが、自分の肌がしっかり再生されてくれば、洗顔後に肌がピリピリすることもなくなってきます。

 

どうしても乾燥が気になる時は「ワセリン」で対処しましょう。

 

3.無添加の化粧品に変える


 

出典:organic.mocas.biz

 

肌断食で肌が復活してきたら、もう化粧をしても大丈夫。

しかし、今まで使っていた化粧品は肌荒れを再び引き起こす可能性がありますので、次に選ぶ化粧品は無添加素材のものを選ぶようにしてください。

もちろん、肌断食だけで肌の調子が良くなったという人は、無理に化粧をせず、そのまま肌断食を続けてもらってOKです。

 

 

肌の免疫力を高めることが大切です。

化粧をする時は肌に優しいものを選び、肌をいたわるスキンケアやメイクを行ってみてくださいね。



関連記事

・綿棒で簡単!お肌に優しく綺麗に取れる♡鼻の角栓の取り方♪

・うっとり魅せ肌をつくる♡2016人気ボディスクラブ♡

・くまを目立たせなくする種類別対策を伝授♪