紫外線たっぷりの夏。ほんのちょっとの時間でも日焼けをしてしまうことがあります。紫外線はシミやそばかすのもと。うっかり日焼けをなかったことにするための方法をマスターし、日焼けに負けない肌を目指しましょう!

1.日焼け後48時間が勝負!シミ・そばかすのもとをシャットアウト!


 

出典:mery.jp

 

日焼け対策を万全にしていても、長時間外に出ていれば日焼けをしてしまうことも多々。

もし日焼けを発見したら、日焼け後48時間に対処をすれば、シミやそばかすのもとを撃退することができます。

シミ・そばかすのもととは「メラニン」のこと。

メラニンを抑制するために、日焼け後48時間以内に美白対策を行いましょう。

 

おすすめの対策は即効性も浸透力も抜群の「美白シート」です。

ビタミンC誘導体などの美白成分がたっぷり配合されているものを選んでください。

使う時間帯はお風呂上りがGOOD♪

美白成分をどんどん肌に浸透させていきましょう。

 

この「美白シート」は最低3日間は継続させてくださいね。

また、日焼けした肌はカラカラに乾燥している状態ですので、いつもより多めの化粧水&乳液で丁寧にスキンケアも行いましょう。

 

2.ピーリングやスクラブも併用!


 

出典:www.future-labo.com

 

3日間の美白シートが終わったら、今度はピーリングやスクラブで古い角質・余分な角質を除去しておきましょう。

美白シートとピーリングのダブルの力でメラニンを撃退させてください。

 

3.ただし赤くなった肌には要注意!


 

出典:torefa.com

 

日焼け後赤くなってヒリヒリしている場合。

この場合は美白シートの前にまずは日焼け部分をしっかり冷やしてください。

赤くなった肌は炎症を起こしている状態です。

 

まずは炎症を鎮め、その後保湿クリームでたっぷりの保湿をします。

保湿クリームがしみるようならワセリンでもOKです。

保湿クリームを塗ってヒリヒリすることがなくなったら、3日間の美白シート・ピーリングへと移っていきましょう。

 

4.体内からはサプリメントでアプローチ


 

出典:hiyakesapuri.xyz

 

身体の表面だけでなく、内側からもメラニン生成を抑制する力を与えましょう。

体内ケアにはサプリメントがおすすめです。

ビタミンCやビタミンA、ビタミンEなど肌の活性化に効果のあるサプリメントを選んでください。

また、水分もいつもより多めに摂り、乾いた状態の肌や体内に潤いを与えていきましょう。

 

5.リラックスして疲れをとる!


 

出典:www.mune-ookikushitainara.net

 

 

肌のダメージを回復させるためには「リラックス」も大切です。

お風呂にはゆっくりと浸かり、睡眠時間もたっぷりとって身体全体を回復させていきましょう。

寝る時間は22時前が理想。

ゴールデンタイムに肌をしっかり休ませてくださいね。

 

 

うっかり日焼けが多くなる季節です。

メラニンが増える前に万全の対策を行いましょう!



関連記事

・キレイ肌の秘密は単純!正しいメイクオフ&洗顔メソッド

・シミは作らせない!年齢に負けない美白肌を作る方法

・毛穴撲滅!毛穴を目立たなくするポイント【スキンケア編】