茶葉には、カテキンやカフェイン、ビタミン、アミノ酸、ポリフェノールなど身体に良いとされる成分がたくさん含まれています。 最近ではアトピー性皮膚炎などアレルギーの改善にも期待できるとして注目を集めています。 それではどんなお茶や成分がアトピー性皮膚炎の改善に有効なのか、いくつかご紹介したいと思います!

柿の葉茶


 

出典:jp.pinterest.com

 

アトピーのかゆみを抑制する効果が高いと言われている柿の葉茶。

柿の葉茶にはビタミンCがレモンの20倍と豊富に含まれています。

しかも、通常ビタミンCは加熱に弱く壊れやすいのが欠点なのですが、柿の葉茶に含まれるビタミンCはプロビタミンと呼ばれ熱に強いことから、他のお茶に比べてビタミンCを効率よく摂取することができます。

 

柿の葉には免疫力アップや脂肪分解に効果のあるタンニンが多く含まれますが、摂取しすぎてしまうと便秘や貧血を引き起こす原因になることもあると言われています。

タンニンは約70度のお湯でゆっくり抽出すると出る量を減らせるので、沸騰したお湯は使わないことがコツです。

 

はとむぎ茶


 

出典:item.rakuten.co.jp

 

はとむぎ茶は別名ヨクイニンと呼ばれ、利尿作用と新陳代謝の効果が高いことから皮膚を美しくする効果があるので、昔から皮膚トラブルの治療漢方薬として使われてきました。

また、たんぱく質を多く含み、新陳代謝を促す作用があることから、“穀物の王様”とも呼ばれています。

 

アミノ酸のバランスも良く、カルシウムや鉄、食物繊維なども豊富で、“はとむぎ化粧水”など化粧品にも含まれるほど、美肌効果の高い成分がたくさん含まれています。

くせがないので飲みやすく、どくだみ茶など他のお茶とブレンドするのにも向いています。

 

ごぼう茶


 

出典:jp.pinterest.com

 

ごぼうには体内に残っている老廃物の処理機能を高めてくれる、食物繊維とアスパラギン酸が多く含まれています。

アトピーは、身体の中に含まれている毒素をうまく排出することができず皮膚疾患につながると考えられているので、老廃物の排出をスムーズにしてくれるこの2つの成分がとても重要となります。

また食物繊維が豊富ということで、美肌や便秘の解消にも活躍してくれるお茶です。

 

紫蘇(しそ)茶


 

出典:jp.pinterest.com

 

紫蘇は日本古来から健康食品として広く利用されてきました。

紫蘇茶にはアレルギー症状を抑止する抗ヒスタミン成分がいくつも含まれています。

その中でも特に、αリノレン酸はアレルギー症状の緩和に優れた効果を発揮するとして注目を集めています。

 

花粉症に効果のあるロズマリン酸や、美肌効果のあるβカロチンも含まれ優秀な紫蘇茶。

また紫蘇の香りにはリラックス効果もあり、ノンカフェインなのでおやすみ前のティータイムにも向いています。

 

シジュウム茶


 

出典:jp.pinterest.com

 

シジュウムとは南アメリカの熱帯地方を原産とする植物で、アトピーや花粉症の改善をしてくれるお茶ということで有名です。

シジュウム茶には、ポリフェノールの1つで免疫力を高める作用があるタンニンが世界中の植物の中で最も多く含まれ、これがアトピーや花粉症などのアレルギー症状の改善につながると言われています。

 

また、血糖値を抑えてくれる作用がありダイエット効果、メラニン色素の生成に関与するチロシナーゼを抑える効果があるため美白にも効果的です。

 

ルイボスティー


 

出典:jp.pinterest.com

 

ルイボスは南アフリカのごく一部の山野でしか生産されず、地下深く根を張り地中の栄養分を吸い上げるため、ミネラルが豊富に含まれています。

また活性酸素を除去してくれる抗酸化物質SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)を含む量はお茶の中ではNo1で、高い美肌効果やデトックス効果が期待できます。

 

花粉アレルギー、ヒスタミンに有効なフラボノイドを豊富に含むので花粉症の症状緩和にも。

ノンカフェインなのでお子様や妊婦さんも安心して飲むことができます。

 

どくだみ茶


 

出典:jp.pinterest.com

 

どくだみは「十薬(じゅうやく)」という生薬名がつくほど、昔から三大民間薬として知られています。

その生薬名の通り、どくだみ茶にはむくみ解消、便秘の解消、疲労回復、血行改善など10を超えるほどの効能があるのです。

 

特に老廃物や毒素を体外へ排出するデトックス作用で、ニキビや吹き出物などの肌荒れ改善やアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の緩和など、体質改善に高い効果が期待されます。

どくだみ茶には独特のにおいが気になる場合には、はとむぎ茶やほうじ茶などとブレンドして飲むと飲みやすくなります。

 

刀豆(なたまめ)茶


 

出典:item.rakuten.co.jp

 

昔から「膿を出す妙薬」として腎臓によい、蓄膿症、歯周病、歯槽膿漏の改善に効果があると言われています。

刀豆茶に大量に含まれるコンカナバリンAやカナバリンには免疫を正常化する作用があるため、免疫異常によるアトピー性皮膚炎や鼻炎などに有効と言われています。

 

また、良質のたんぱく質、食物繊維、サポニン、鉄分、ミネラル、ビタミン、ポリフェノールなどをたっぷり含んでいるため、健康維持や老化防止にも効果的です。

 

甜茶(てんちゃ)


 

出典:www.himechaden.com

 

甜茶は、「花粉症に効く」とされるバラ科の植物を使ったお茶で、中国では昔から常飲されており、貴重なお茶のため国外への持ち出しが禁止されていたほどです。

甜茶ポリフェノールがアレルギー症状を抑え、花粉症対策用の「甜茶サプリメント」が販売されているほど花粉症対策茶として有名です。

 

 

アトピーにはそれぞれ原因や体質も違うので、すべての方に同じように効果があるとは言えませんが、苦いお薬を飲むよりもお茶を飲むことで、美味しく楽しく体質改善をしていけたら嬉しいですよね。

またアトピーだけでなく、便秘の解消や美肌効果、アンチエイジングなど嬉しいおまけ付きです。

ぜひティータイムに取り入れてみてください!



関連記事

・おうちでお手軽!効果も抜群♪手作りフェイスパック♡

・韓国で代人気!ニキビパッチで大人ニキビにさよならしよう

・秋のスキンケアは本当に大事!肌の冬支度をはじめよう♡