紫外線をたっぷり浴びた夏の肌。「日焼け対策をしていたのに日に焼けてしまった」という人もたくさんいることでしょう。また、夏は1年の中でも一番日焼け止めを多く使う季節です。日焼け止めを塗った肌には相当の負担がかけられています。夏のお疲れ肌を放っておくとごわつきやくすみの原因になることもあるかもしれませんよ!ごわつきやくすみを一掃するスキンケア方法をご紹介いたしましょう!

1.夏の終わりは要注意!秋までに肌を一掃する!


 

出典:jp.pinterest.com

 

1年の中で最も肌に負担がかかるのは「乾燥の季節の冬である」と考えている人も多いようです。

しかし、夏の終わりから秋にかけても要注意!

夏の肌には紫外線によるダメージが残っており、エアコン風で肌もカサカサ。

季節の変わり目で肌も敏感になりやすくなっています。

 

ダメージ肌は紫外線で発生したメラニンを排出することができず、シミやしわを増加させてしまいます。

肌の乾燥でごわつきもくすみも悪化する時期です。

 

夏の終わりのスキンケアをどう行うかによって、あなたのこれからの肌に大きな違いが表れていきます。

 

2.「保湿」と「バリア機能」で夏のお疲れ肌を解消!


 

出典:jp.pinterest.com

 

夏のお疲れ肌の改善には「保湿」と「バリア機能」をアップさせることがとても重要になっていきます。

 

肌には本来保水能力やバリア機能が備わっているのですが、夏の終わりの肌は紫外線の影響で機能が低下していることがとっても多いんです。

まずは角質層の水分を十分に保ち、バリア機能をアップさせるケアを行っていきましょう。

 

洗顔やクレンジングでの洗いすぎに注意しつつ、余分な皮脂や汗、汚れ等をキレイに洗い流していきます。

洗顔ではふわふわの泡を作り、優しく洗い流すのが基本です。

クレンジングも肌に刺激の少ない物を選び、肌に極力刺激を与えないよう、汚れだけを取り除けるようケアしていきましょうね。

 

洗顔・クレンジングが終わったら肌にたっぷりの水分を与えていきます。

洗顔後の肌は潤い成分が不足していますので、保湿効果の高い化粧水や乳液でスキンケアを行います。

そして油分を塗って与えた潤いを逃がさないよう、肌にヴェールをかけていきましょう。

 

最後に美容液で潤いを保つためのケアを行い、肌に必要なスキンケアを丁寧に行ってくださいね♪

 

3.顔のマッサージで新陳代謝もアップさせる


 

出典:jp.pinterest.com

 

スキンケアコスメばかりに頼らず、自分でも肌の新陳代謝をアップさせるマッサージを行うのもGOODです♪

新陳代謝が上がれば、余分な老廃物も体外に排出することができますので、シミやシワのもとを減少させていくことが可能です。

 

 

夏の終わりは肌への疲労が一気に表に現れてきます。

スキンケアを怠らずお疲れ肌を悪化させないケアを行ってみてくださいね♪



関連記事

・ふわふわ優しく包みこんでくれるバブルマスクでさよなら老廃物!

・夏の乾燥肌にはオイル美容で立ち向かう♡Melvitaで叶えるうるおい満タン肌!

・プチプラでも優秀な化粧水で、お得にツヤツヤもちもち肌に♡