今、世界中で日本ブームの中、芸妓さんや舞妓さんの美しさは話題のひとつです。 銀座の高級クラブのママさんたちにも通ずる、一本芯の通った美しさは、世界中の憧れでもあります。 忙しい夜の仕事でありながら、その美肌を維持する秘密を紐解きます。


美肌サイクルに逆らわない

 

 


出典:www.appszoom.com

 
美肌ホルモンが出るのは、シンデレラタイムと呼ばれる夜10時から2時までと言われています。
その時間に、きちんとした眠りが取れない芸妓さんたちですが、白粉(おしろい)の下の素肌はとってもきれいなんですよね。
夜の遅い芸妓さんたちが心がけていることは、美容と健康のために「朝ちょっと無理をしても早めに起きる」「夜遅くの食事の時は、野菜中心に少しだけ」とのこと。
 

出典:k-kabegami.com


私たちの体のメカニズムは、朝の光をキャッチするとセロトニンが分泌され、活動的になります。そして、暗い夜になるとメラトニンが分泌され、眠りにつく準備をします。
メラトニンやセロトニンは、「美肌を作るホルモン」とも言われますから、体内時計にそって太陽に逆らわず朝の光で目覚めると、自然ときれいが目覚めるようにできているのです。
 


メイク落としには手を抜かない


出典:www.froma.com


白塗りの化粧は、油をたくさん使っているそうです。
きちんと落とさないと、ニキビや肌荒れ、クスミの原因になるので、ベビーオイルやオリーブオイル、椿油などをコットンをひたしておいたもので、しっかり拭き取りをするとのこと。
その後、メイク落としタオルで拭くと、白塗りはキレイに落ちるそうです。
 
泡洗顔は週に1回程度で、洗いすぎないことが大切なんですって。
私たち以上に、メイクを落とすことに手を抜かず、肌をいたわることにこだわっているんですね。

さらに京都のお水は、とても肌に優しいので、朝起きたら、冷たい水で肌を潤し目覚めを感じるようにしているんだそうです。
素敵な習慣ですね。
 
有名セレブも愛用「ゲイシャ・フェイシャル」って?


出典:shizukany.com

 
日本ブームの中、海外セレブの間では、ある日本の美容法も人気が高いんです。
その美容法とは、日本古来から使用されている「ウグイスの糞」を使ったフェイシャルエステ。
自然素材の成分が、肌に明るさとなめらかさをもたらすと話題なんです。
 
昔から、芸妓さん舞妓さんにも親しまれてきた「ウグイスの糞」は、洗顔として利用したり、着物の漂白・しみ抜きにも使われてきたそうです。
糞の中には酵素が豊富で、お化粧や余計な垢、皮脂を溶かすタンパク質や、脂肪の分解酵素、肌のシミを消す漂白酵素として働いてくれる力が、たっぷりつまっているそうです。
 
今、銀座の高級クラブのママさんたちの間でも、酵素ドリンクなどが流行っているようなので、注目しておいて損はありません。
 
美しさを極める姿勢を見習おう


出典:www.yumekoubou.info

 
芸妓さん舞妓さんたちには、美しさを極めようとする姿勢がしっかりとあります。
朝の光をきちんと感じたり、食べるものに気を使ったり、基本的なことでも毎日を丁寧に生きることが、日々のきれいを作っていくのだと教えてもらったような気がしますね♡
 



関連記事

・時短♡経済的♡本当に使えるオールインワン化粧品10選

・お肌にやさしい♡ウォータークレンジングで美肌ケア

・2016年上半期!本当にオススメの基礎化粧品はコレ【クリーム編】