やっと季節は秋。ここ数日涼しい日が続いていますが、皆様の肌の調子はいかがでしょうか? ちょっとメイクのノリが悪い気がする、毛穴が開いてしまっている、肌色がくすんでしまっている・・・。 鏡を見てそんな風に感じたら、それは「肌疲労」が原因かもしれません! 今回は夏に溜まってしまった「肌疲労」のサインや回復するオススメパック、これからの季節に向けてしっかり回復する方法もご紹介していきます。 疲労回復は「早め」がカギ☆是非ご一読頂き、参考にして下さいね。

これを感じたら即ケア!見逃せない「肌疲労」のサイン


 

1.いつもの「スキンケア」に違和感を感じる

 

出典:jp.pinterest.com

 

毎日欠かさず行っているスキンケア。

化粧水や美容液、乳液等をいつも通り肌に馴染ませている時、ちょっとした「違和感」を感じたら要注意。

 

上手く肌が化粧水を吸収していかなかったり、油分が浮き上がってベタついてきたり・・・。

これはお肌が疲れ切ってしまい、いつもの水分や油分を吸収できる力を失っている状態。

早めの対策が必要になってくる第一のサインです。

 

 

2.肌荒れやニキビの前兆のような印象の肌に見える

 

出典:jp.pinterest.com

 

肌荒れやニキビ。

わかりやすい「肌疲労」の一例ですが、実は「出来てからでは遅い」というのが美肌の鉄則。

 

元々、肌荒れやニキビは、日々の乾燥やストレス、食生活の乱れから出てくる事が多いのですが、その前に必ず何らかの「サイン」があったはず。

朝なのに顔が疲れている印象だったり、毛穴の開きや黒ずみが気になったり・・・。

ちょっとした事が、実は肌疲労の前兆だったりします。

 

肌荒れやニキビが出来る前に、なんとか対処していきたいですね。

 

これで回復♡「肌疲労」専用濃密パック!


 

【美健ラボ】スパークリングパック

 

出典:www.cosme.com

 

「肌疲労」に効果的なのが炭酸パック。

炭酸は二酸化炭素が主な成分ですが、この二酸化炭素は血管を刺激して広げ、血流を良くしてくれる効果があります。

 

また、血管を広げる事で肌のくすみが取れて顔色が明るくなり、血流が老廃物を押し流してくれるのでむくみもスッキリ。

もちろん、プラセンタやコエンザイムQ10等、美容成分もたっぷり配合。

保湿効果も高いので、これからの乾燥シーズンにもうってつけですね☆

 

しっとり、スベスベの美肌になる事もできますよ。

 

 

【アテニア】トータルリヴァイタライズ マスク

 

出典:www.attenir.co.jp

 

「ホームエステができるパック」として人気の肌疲労集中ケアパック。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドや海洋性ミネラル等、美容成分を贅沢に配合。

1パックに含まれる量は25ml。たっぷりとした美容成分と敢えて凹凸をつけたワッフル状シートはマスクを肌に付けても液だれの心配がありません。

マスク特有の密閉力で成分は逃さずぐんぐん吸収!

使った後はもっちり&しっとり肌に♡

 

これでしっかりと睡眠をとればお疲れ肌は一気に回復し、翌朝はハリのある美肌になっているはず☆

早く肌疲労を回復したい!という方にはオススメのアイテムです。

 

パックだけじゃNG!根本的な解決が秋冬も美肌維持に


 

1.炭水化物を少し控えてみる

 

出典:jp.pinterest.com

 

肌と身体の疲労は繋がっています。

夏バテやエアコンの空調による疲労等、夏はどうしても季節柄疲れが溜まりがち。

まずは肌と共に身体も疲労回復していきましょう。

 

まずは内臓疲労、何も言わない胃腸も、肌疲れをしていれば確実に疲労しています。

これを回復するためには、まず脂っぽい食事や炭水化物の多い食事を控えてみること。

脂っぽい食事は胃への負担が大きいので疲れやすく、炭水化物は糖質のため、糖化反応(AGEという物質を生成する事)を起こし、やはりこちらも疲労の原因に。

 

日頃食べ過ぎているなと感じている場合は少しだけ控えてみましょう。

疲労の蓄積が変わってきます。

 

 

2.入浴を重点的に!少し熱めのお湯で

 

出典:jp.pinterest.com

 

入浴時、熱めのお湯に10分浸かる。

これだけでも肌疲労の回復に繋がると言われています。

 

熱いお風呂に入るとヒートショックプロテインというタンパク質が働き、傷ついた細胞を修復してくれます。

ターンオーバーも進みやすい状態へと変化。

さらに、血液の循環が良くなる事も大きなメリット。

老廃物を汗と共に押し流し、身体の中からキレイになるので心身の疲労回復にも効果的です。

 

まずは42度のお湯に10分から始めてみましょう。

スッキリとした気分になれればOK。

最近「風呂活」という言葉も出てきています。

もう一度お風呂のメリットを見直してみてもいいかもしれませんね。

 

 

3.乾燥はもちろん、秋からの紫外線にも注意

 

出典:weheartit.com

 

季節が移り変わり、気候が良くなってくると、どうしても肌のメンテナンスから「紫外線ケア」を外してしまいがち。

しかし、9月・10月に降り注ぐ紫外線の量は、なんと真夏の40%~70%に相当すると言われています。

ここでUV対策を怠ってしまうと、美肌や美白を維持する事はできません。

 

紫外線は「蓄積」によってダメージの量が大きく変わっていきます。

月単位、年単位で徐々にダメージが肌に現れてくるのが紫外線の怖いところ。

皮膚のDNAにダメージを与え、コラーゲンを破壊し、疲労肌は改善されないままどんどん美肌から遠ざかっていく・・・なんて事態は避けたいですよね。

 

8月の「絶対焼かない!」気持ちはこれからもしっかり維持していきましょう。

UV対策は基本「一年中」です。顔はもちろん、ボディケアも忘れずに。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これから気持ちよく、外出もしやすい季節になっていきます。

だからこそ、早めに「疲労肌」は回復させておきたいですね。

パックや日頃の生活を見直しながら、これからも美肌・美白対策を抜かりなくしていきましょう☆



関連記事

・キスしたくなる唇へ♡自宅で簡単!プルプル潤うリップパック方法 5選

・毎日のスキンケアが楽しくなる♡パッケージ重視のスキンケアコスメ

・知らなきゃ損!?化粧水・乳液をもっとお肌に浸透させる4つのコツ