毛穴の悩みといえば鼻や頬を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?洗顔を毛穴のタイプに合わせたものに変えるだけで、そのお悩みを解決できるかもしれません。そこで今回は、毛穴タイプに合わせた毛穴専用洗顔料のご紹介をしていきたいと思います。

毛穴のつまり・黒ずみ


 

出典:weheartit.com

 

角栓が黒づんでしまっている状態になっているタイプです。

 

皮脂の分泌が多いオイリー肌の方や、日々の洗顔が甘く汚れがしっかりと落ちていないことが原因で毛穴がつまり、酸化して黒く変化してしまっているのです。

 

汚れを溶かしてくれる洗顔料を使って汚れを落としていきましょう。

 

 

◎オススメの洗顔料

 

毛穴のつまりや黒ずみには酵素洗顔を週に2回ほど取り入れてみて。

 

毛穴汚れの原因となる油分やたんぱく質と言った成分を細かく分解し、スッキリと洗い流してくれますよ。

 

酵素洗顔料はパウダータイプの物が多いので慣れていない方には泡立てに手間取ってしまうこともありますが、泡立てネットを使用すると簡単にもこもこの泡を作りだすことができるのでオススメです。

 

『パパウォッシュ』

 

出典:www.cosme.net

 

天然パパイン成分配合。

パパインの酵素は不要な角質だけにアプローチしてくれるという性質があります。

 

毛穴の開き


 

出典:jp.pinterest.com

 

毛穴が広がり、汚れてはいなくても目立ってしまうという状態です。

 

毛穴が広がってしまう主な原因は、「たるみ」と「乾燥」です。

 

たるみによって広がった毛穴は楕円型やしずく型のような形をしています。

ハリを失い重力に逆らえずにこのような形になっているんですね。

 

また、肌が潤いを失い乾燥した状態になるとキメが乱れて毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

 

開いてしまった毛穴は汚れが入りやすいため、正しい洗顔をして肌をキレイに保ちましょう。

 

 

◎オススメの洗顔

 

毛穴の広がりには肌にハリを与え、ターンオーバーを整えてくれる固形石鹸での洗顔をオススメします。

 

洗顔石鹸には合成界面活性剤が配合されていないので皮脂を過剰に洗い流してしまう心配がなく、角質を大切にすることによってターンオーバーを整えてくれるというわけです。

 

また、保湿成分が少ないために洗顔後のお手入れの邪魔をせず、化粧水や美容液の浸透率がアップするという利点も。

 

『牛乳石鹸 カウブランド』

 

出典:jp.pinterest.com

 

余分なものが入っておらず、本来は弱酸性である肌をアルカリ性に傾けます。

肌自らが弱酸性に戻すことで本来肌が持っている自己再生力を高め、肌にハリを与えてくれます。

 

青箱と赤箱があり、香りや洗い上がりに違いがあります。

 

青箱・・・さっぱりすべすべな洗い上がり。ミルク成分(お肌の保護成分)配合。

赤箱・・・しっとりなめらかな洗い上がり。ミルク成分(お肌の保護成分)とスクワラン(うるおい成分)配合。

 

もちろんボディにも使う事ができますよ。

 

正しい洗顔で毛穴レス♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

◎顔を温めて毛穴を広げよう

 

蒸しタオルなどで毛穴の開き汚れを浮かせる作業をしましょう!

その後に一度ぬるま湯で顔を洗い、余分な皮脂を洗い流します。

 

こうすることによって洗顔料が肌に馴染みやすくなります。

 

 

◎もこもこの泡で優しく洗おう

 

洗顔料は泡が立つまでしっかりと泡立てましょう。

 

お肌に直接指が触が触れるのはNG!

しっかりと泡立てた泡を押し付けるようにして洗っていきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?自分の肌に合った洗顔料を見つけて、毛穴のお悩みとおさらばしましょう!



関連記事

・毎日使えるお手頃価格なフェイスマスク “ルルルン”の良さを徹底解明♡

・毎日のバスタイムが待ちきれない!使い心地満点オススメボディソープ♡

・植物の力が美肌へ導く♡アヴェダ新シリーズの秘密に迫る♪