欧米の新ビューティー法!数種類のマスクを顔に塗った姿はまるで「変なおじさん」だけど、それがめちゃくちゃ効果的なんです♡効率重視&時短美容で、乾燥する季節に負けない美肌を手にいれよう!

♡「マルチマスキング」ってなに?


 

出典:www.pinterest.com

 

マルチマスキングとは、欧米の人気美容雑誌のエディターが生み出した新しい美容法。

フェイスパックは1度に1種類という、いわば「常識」を打ち破り、1度に顔のパーツごとに違う数種類のパックをしてしまう、超時短&効率重視の新しすぎるビューティーテクニック。

 

そんなに欲張って、効果あるの?

美はコツコツ地道に積み重ねていくものじゃないの?

そう思った人も少なくないはず。

 

出典:www.pinterest.com

 

でもよく考えてみて!

Tゾーンやアゴ周りはオイリーだけど、頬や目元は乾燥しがちだったり、

口元のシワが気になるけど、おでこのたるみも気になる…etc…

 

顔のお肌の悩みは人によって千差万別。なのに今まで、たった1種類のパックで全部の悩みに対処しようとして、数々の製品を試してきていませんか?

 

自分の肌の細部まで悩みを解決してくれるパックを探す旅路はもう終えていいのです!

今日から「マルチマスキング」という新しい美の道を歩んで、美肌をgetしてくださいね♡

 

 ♡まずは基本のマルチマスキング


 

出典:www.cosme.net

 

マルチマスキングは自分の肌に合う好きなフェイスクリームやパックを使用しますが、最近ザ・ボディショップよりマルチマスキングにぴったりなフェイスマスクが登場しました。

 

・ヒマラヤン ピュリファインググロウマスク

スクラブ入りマッド(泥)マスク。

角質を除去し、お肌のキメを整える。

 

・ブリティッシュ フレッシュプランピングマスク

ローズベタルのスクラブ入りマスク。

ジェルっぽい質感でみずみずしいうるおった肌に。

 

・エチオピアン ディープモイスチャーマスク

ハチミツのようなとろっとしたマスク。

お肌をふっくら柔らかくなめらかにする。

 

・チャイニーズ クラリファイングポリッシングマスク

クリーミーなスクラブマスク。

肌のくすみやざらつきを取り除き、明るくクリアに。

 

・アマゾニアン ラディアンスブースティングマスク

スーパーフードアサイとアルガンシェルのスクラブマスク。

お肌に輝きを取り戻す。

 

たとえば、Tゾーンから小鼻にかけては毛穴をきれいにしてくれる泥タイプを、ターンオーバーの崩れがちなおでこや口周りは保湿しながら磨いてくれるクリームタイプのスクラブを、などと大欲張りでのせていっても良いんです♡

 

出典:www.instagram.com

 

使い方としてはどのアイテムも、メイクを落としてきれいに洗顔したあと、ブラシなどで顔の気になるパーツへのせて、5~10分したら洗い流します(マスクによる)。

週2~3回を目安に、その都度自分の肌の状態をチェックしながら、その時々に合った効果のあるマスクを使用するのが、美肌への近道ですよ♪

 

いろいろなマスクがのった顔がおもしろいので、気分もちょっと楽しくなりますよね。

つぎの女子会は「マルチマスキングパーティー」なんていうのも、ヘルシー&ビューティーなコンセプトでステキ♡きっと盛り上がりますよ~!

 

 ♡初心者にも◎応用編シートパックと組み合わせ使い


 

出典:www.instagram.com

 

マルチマスキングの効果はよくわかりますが、いっぺんに顔全体をケアできるシートパックの手軽さも捨て難いですよね。

そんな人は、まずはシートパックとマスクのコンビネーションから試してみてはいかがでしょうか?

みんなの顔のサイズに合うよう、シートパックは大きめに作られています。

目元ぎりぎり、口元ぎりぎりまでぴたっと覆ってくれるマスクにはなかなか出会えません。

そういったスキマ部分に、気になるお悩みにアタックするマスクをちょい塗りするという使い方もアリですよ。

 

出典:www.pinterest.com

 

目元の保湿を集中して行いたいなら、さきに目元専用マスクなどをのせ、その上からシートパックをいつも通りのせましょう。

シートで覆われていることにより、アイマスクの密着度が高まり、より効果的ですよ♡

 

 

手間も時間も省き、より効率良く効果をつかむ「マルチマスキング」で、これからの乾燥の季節にも負けない美肌作りをしてくださいね♪



関連記事

・あなたはどのタイプ?肌タイプ別化粧水の選び方♪

・香りを使って憧れの彼の”気になる女性”へ変わる…!ふんわり香る、恋呼ぶ柔軟剤♡

・受けてしまった紫外線、あきらめるのは早い!簡単な紫外線の予防とアフターケアで白い肌へ