みなさん、脚や腕、ワキなどの脱毛ももちろん大切ですが、口周りまでしっかりと気にしてケアを行なっていますか?意外と男性・女性ともに気にしている女子の「ヒゲ」問題。ケアの方法を間違えてしまうと、キレイなお肌が遠のいていってしまうのです。 今回は、ヒゲ問題の実態と、そのケア方法・アイテムをご紹介。キレイな顔を手に入れて、急な異性との接近にしっかり備えましょう!

1.女子の「ヒゲ」問題。その実態は?


 

出典:jp.pinterest.com

 

友達同士で話題にのぼる脱毛の話。

腕や脚、ワキなどの定番ケアの話はするものの、意外と話に上がらないのが口周りの産毛ですよね。

でも、話にあがらないだけで実はみんな気にしているのです。

 

ヒゲのような口周りの産毛。顔に産毛があるだけで肌がくすんで見えるってご存知でしたか?

 

また、顔の産毛は肌を暗くするだけでなく、男性からの評価も下がってしまいます。

気になる彼や、大好きな彼氏とキスをするとき…自分の口周りは見えないですが、彼からはしっかりと見えちゃっています。

 

せっかくメイクやおしゃれでかわいらしく彩っても、口元に産毛が生えていたら彼もちょっと引いちゃうかも…。

なんてことにならないように、口周りの産毛の正しい処理方法をご紹介していきます。

 

2.顔の産毛、どう処理すべき?


 

①カミソリで剃るのはNG!

 

出典:jp.pinterest.com

 

同じ毛の処理なのだから、腕や脚と共に顔の産毛も浴室で剃ってしまえば?なんていうのはNG。

 

顔は腕や脚よりも皮膚が薄いため、浴室でカミソリを使ってしまうと、皮膚が傷つく恐れがあるのです。

肌を傷つけてしまうとかえって肌がくすんでしまい、逆効果…。

 

ですので、カミソリでの自己処理は絶対やめましょう。

 

②自己処理するなら、トリマーを使って!

 

出典:jp.pinterest.com

 

では、何で処理をすればよいのでしょうか。

 

おすすめするのはトリマー。

肌や毛穴へのダメージが少なく、値段もお安く手に入るのがおすすめ。

 

カミソリのように深剃りすることはできませんが、産毛程度の細い毛なら、十分に目立たなくすることができます。

 

お風呂などで剃る必要がなく、朝のメイク前のちょっとした時間などで簡単に産毛処理が出来てしまうのもおすすめポイントですよ。

 

③処理後は保湿を忘れずに

 

出典:jp.pinterest.com

 

朝のスキマ時間や、夜のお風呂上がりなどの時間にむだ毛処理をしたら、最後にしっかりと保湿をするのも忘れずに。

 

トリマーとはいえ、お肌に刺激を与えてしまったので、剃ったまま放っておくと乾燥でかぶれてしまう場合も。

たっぷりの化粧水や乳液でしっかりと保湿をしましょう。

お肌が敏感になっている状態ですので、化粧水はケチらずに。

 

3.おすすめ産毛処理アイテム


 

出典:jp.pinterest.com

 

①トリマーならこれ!「フェリエ フェイス用」

 

出典:panasonic.jp

 

顔全体の産毛処理はもちろん、カーブの強い指の産毛や足指の産毛処理にも適したトリマー。

 

刃のヘッド部分が左右10度にスイングするようになっているので、顔のラインにそってキレイに産毛を処理することができます。

約0.12mmの刃は丸くなっているのでお肌に優しく、肌を濡らさずともすっきりと産毛を処理してくれます。

 

 

②化粧水は低刺激のものを!「無印良品化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」

 

出典:www.muji.net

 

化粧水はもちろん自分の肌にあったものを選ぶのがベストですが、産毛処理後は低刺激のものを使うようにしましょう。

 

おすすめは無印良品の敏感肌用の化粧水。

高保湿タイプですので、しっかりと産毛処理後のお肌を労ってくれますよ。

 

 

③保湿力抜群!万能「ニベアクリーム」

 

出典:www.nivea.co.jp

 

万能アイテムとして愛されるニベアクリームですが、もちろん産毛処理後の保湿用クリームとして使用することもできます。

 

保湿力が高いので、しっとりとした仕上がりになりますよ。

もちろん顔意外にも使うことができるので、1つ買っておけば重宝すること間違いなし。

 

 

いかがでしたか?

ヒゲのような口周りの産毛はお肌のトーンも落としてしまい、女子力をただただ落とすだけ。

大好きな彼に幻滅されないよう、しっかりと正しいケアをして、きれいなお肌を手に入れてくださいね!



関連記事

・もちもち肌をget♡愛され潤い肌になる3つのポイント♪

・毛穴の黒ずみを撃退!「蒸しタオル乳液洗顔」で簡単ケア♪

・毛穴の詰まりや黒ずみにはコレ?おすすめグッズと対策法